一流営業マンの財布事情と高収入者の共通点

一流営業マンの財布事情と高収入者の共通点はなにか

一流営業マンは最低でも年収1000万円以上を稼いでいますが、売れていない営業マンほど、財布を違う意味で気にする傾向にあるようです。

一流の営業マンの財布は薄い

一流の営業マンの財布は、共通して非常に薄いのが特徴です。

二つ折りかどうかと言われると、実は札の折れを気にしている一流営業マンは少ないようです。



二つ折りでも気にしない一流営業マン

一流営業マンは札を折っていても気にならないという人が多いのです。

お金持ちは太くて大きい長財布を手で持っているイメージがあるようですが、それは自営業の方に多いと言えます。

特に飲食店では、仲間のお店に顔を出すことも多く、クレジットカードの手数料が引かれてはかわいそうだということで、現金主義な飲食店経営者が多いです。

二つ折りか長財布かより気にする外見と中身

一流の営業マンは基本的に多くのお金を持ち歩きません。

基本的にクレジットカード2枚と1~3枚ほどの紙幣のみです。

札が折れるよりも気にするのは「財布の汚れ」です。

印刷された紙である紙幣は必ず財布の裏側を汚します。

そして、財布の表はジャケットの内ポケットやカバンに当たり汚れます。



あえて白の財布を持つ営業マン

ある高級輸入車メーカーの営業マンは、なんと8名中3名もが白の財布を持っていました。

・エルメスの白財布

・ヴァレクストラの白財布

・ルイヴィトンの白財布

3名に共通するのは、年収が1300万円を超えていたことです。

ヴァレクストラを持っていた営業マンは会社の決算ごとに同じ財布に買い換えるという決め事を作っており、オーダースーツはシガレットポケット付近より少し上に、シルエットが崩れないぴったりのサイズのポケットをつけているそうです。

黄色の財布は運気を上げるというように、実は白財布は一流への架け橋となるのかもしれません。



年収1500万円で急増する財布事情

年収が1500万円以上の営業マンが集まると、不思議なほどマネークリップ率が高くなります。

過去に財布を持っていたが現金を使う頻度が極端に少ないライフスタイルになったことを強く感じているようで、Apple Payなどのクレジット機能を最大限に活かしているようです。

一流営業マンになりたければ財布を持たないのが近道

たくさんのブランドがある中で、雑念を振り払い、年収1500万円を超える営業マンはマネークリップの使用率が高いのであれば、まずは憧れの年収である1500万円超えの一流営業マンの真似をしてみる。

そのような挑戦やライフスタイルを変えるという決断力や行動力も、一流営業マンになる下準備だと言えます。

ぜひ、お金にもっとも触れているモノへの変化で、一流への階段を登ってみてはいかがでしょうか?