『お金が出て行く・支出が増える』は財布の寿命?そんな時の財布選び

お金が出て行く・支出が増える、そんな時の財布選び

同じ財布を持っていても、なぜかお金が出て行く気がする。

支出が増えた、貯金が貯まらないなど思ったことはありませんか?

実は財布にも寿命があるかもしれません。



今の財布の役割はお金を包むものではなく、今の自分を表すツール

財布というのは、字の通り財(産)を布で覆うためのものでした。

本来はたくさんあるお金を、人の目から遠ざけ窃盗心などを煽らないためのものだと言われたり、お金という紙は他の紙よりも価値があるものだと言い聞かすために布の包んだなど歴史的な話から、成功者のフィクションまで諸説は多くあります。

しかし、今の世の中では、財布はお金を守るためのモノとして実は皆さん使っていないことに気づいていますか?

財布は近年ファッションのアイコンになり、女性はバッグの延長線上にあり、男性は腕時計の延長線上にあります。

人気雑誌の編集長は男性の腕時計は歴史的に言えば、冠位十二階のようなものだと言っていました。

時間を知るためだけのもではなくなり、どんな腕時計をしているかで人間性や価値観・所得などを知るツールとなってきました。

財布も同様、ブランドのモノグラムデザインやコードバンなどの革、あるいはマネークリップなのか。

さらには、ベーシックな黒色やモカなどのブラウン、赤や黄色・鮮やかなブルーなど個性を感じるものなど様々です。

ブランドのモノグラムデザインの財布であれば、ファッションや経済力・プライドの高さなども感じ取れますし、レザーの財布であれば使い込んだ質感でモノを大切にする人かどうかもわかります。

もちろん、最近は減りましたがお尻のポケットに入れペタンコになりレシートや紙幣、ポイントカードでパンパンの財布も見ればお金への価値観がよくわかります。

『お金が出て行く・支出が増える』は財布の寿命?

お金がで行く・支出が増えるというのは、財布のせいではありません。

しかし、『お金が出て行く・支出が増える』と感じる時点で今持っている財布の役目は果たされたと思っていいでしょう。

ジッピーウォレット(ラウンドファスナー)の財布を持てば、薄マチの財布に目が行くようになります。

私自身、過去にたくさんの財布を試してきましたが、自分自身のモチベーションを上げる財布、上がらない財布というのは明確にありました。

一流営業マンの財布事情と高収入者の共通点

『黄色の財布』は金運を上がるのか

どんなに高い財布でも相性や、役割が個々にあり、ミッションを達成した財布は感謝して新しい財布に変えてみましょう。

お金が思うようにコントロールできない時の財布の選び方

ずばり、人に財布を選んでもらうことです。

それもなるべく自分の憧れている人やお金持ちの人・仲の良い人・自分のことを知っている人に選んでもらうことをお勧めします。

財布を選ぶときは、基本的に主観で選んでいます。

しかし、このように憧れの人の価値観や自分という人間を客観的に見てもらい選んでもらうと今までにないお金のサイクルや価値観を生むことができます。

寿命を迎えた財布は部下などで譲る・譲れる財布に育てる

寿命を迎えた財布・役割を果たした財布は部下や後輩に譲るようにしましょう。

自分の家で寝かせておくのは、モノが滞るのでやめるべきだと言えます。

そして、何より譲る人は嬉しいと思う財布に育てることが重要です。

「この財布で初めて月収100万円越えたんだ」

と語れるような財布を譲り受けた部下や後輩はきっと嬉しいでしょうし、相乗効果で部下や後輩の金運まで上げることができます。

使わなくなった財布で『感謝』されるなら安いものだと思いませんか?

ちなみに、ボロボロに擦り切れた財布は迷惑になるので、早めに育て上げることをおススメします。

✴︎一流の3分トライアル✴︎
⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎自分は一流なのか!?是非ご確認ください⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

✴︎一流養成学校推奨の証券会社✴︎

DMM FX

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎一流養成学校は全員DMM FXを利用しています⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

✴︎一流養成学校 オススメ広告✴︎


⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業の外回りはマッサージに行くのも一流⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎メンズの薄毛対策ならチャップアップ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

U-NEXT

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業車の中の暇つぶし⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

BULK HOMME

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎良い香りの一流ビジネスマンに⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

種類2

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎ストレスフリーで、薬を受け取りたいなら⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎高級時計のオーバーホールや修理に自信あり⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎