『審査が厳しい』だからこそダイナースの会員になる価値がある

ダイナースといえば『審査の厳しさ』

アメックスより断然審査が厳しいと言われている

『ダイナースクラブカード』通称ダイナース。

ダイナースといえば、審査の内容がアメックス同様ほぼ非公開の状態で、実際に会員になれなかったという営業マンなどの声が聞こえてくる審査の厳しいクレジットカードとして知られています。

ダイナースの審査の厳しさは『会員』を守るためのもの

ダイナースクラブカードの年会費は22,000円(税抜)と高額年会費に該当するクレジットカードです。

しかし、実際ダイナースの審査の本当の厳しさには奥深さがあります。

ダイナースの審査の厳しさは『ブラックカード』

ダイナースはアメックス同様飛び級制度はありません。

VISA、JCBなどはいきなりブラックカードの発行ができます。

ダイナースはブラックカード(ダイナースクラブプレミアム)の会員、オーナーになるにはまずスタンダードカードの会員にならなければならないのです。

要するに、狭き門に思えるダイナースの審査はさらに、絞り込まれた限られた富裕層にのみ与えられるスペシャリティなクレジットカードを発行しているために作られた審査だといえます。

ダイナースクラブプレミアムの厳しい事前『審査』

ダイナースのブラックカード(ダイナースクラブプレミアム)は年会費 130,000円(税抜)です。

13万円といえば一生懸命働いたサラリーの手取りくらいともいえます。

まずは、その年会費を捻出できる生活基準、経済力があるかという事前の審査があります。

ダイナースクラブプレミアムの審査とは?

ダイナースクラブプレミアムすなわち、

ダイナースのブラックカードを持つための審査は、

『利用額』という審査です。

もちろん、職業やクレジットカードの保有枚数等も考慮されます。

年収や月収は『いくらでも』上乗せして言うことはできます。

しかし実際いくら支出(買い物)するかが審査基準となるため起常にわかりやすい制度です。

『ダイナースのブラックカード』意地でも審査に通る方法

ダイナースクラブプレミアムの審査は家族・世帯持ちに有利

ダイナースクラブプレミアムの審査基準は、

いかに多くのお金をダイナースカードで使うかです。

簡単なイメージ:

  • 独身で年収1000万円の営業マン 支出:800万円
  • 世帯年収1200万円の家族 支出:1000万円

一人で稼ぐ年収は多くても世帯年収が多ければ支出や買い物の金額も必然的に上がるためダイナースクラブプレミアムになる審査基準を超える可能性が高いといえます。

家族カードを作って、ETCカードもダイナースにすれば、2〜3年でチャンスが一度や二度来るでしょう。

ダイナースの審査の厳しさは限度額がないから?

ダイナースカードクラブは、何十年も前から利用限度額がないという都市伝説に近い噂がありました。

実際はダイナースカードには利用限度額があります。

これはアメックスやVISA、JCBなどとほぼ同じと言って良いと思います。

『今から500万円の時計を買う』と言った時にダイナースとアメックスは本領発揮する場です。

しかし、ダイナースもアメックスも選び抜かれたロイヤル(上顧客)でない限り、300万円〜500万円ほどが初回の限度額でしょう。

提携カードなどで中には、限度額が100万円と決められていることもあり、そもそも高額な買い物ができない仕組みになっているカードがあります(参考:楽天カード)

BMWプレミアムダイナースカードは審査が緩い

一流養成学校の代表 滝枝芳郎氏は『BMWプレミアムダイナースカード』の会員でした。

BMWプレミアムダイナースカードの審査は申し込み書1枚でダイナースのスタンダードカードは不要だったそうです。

BMWを複数台購入しているという背景は、ダイナースの営業マンは知らないはずなので、単純に年収で判断されているといえます。

関連記事:

一流ビジネスマンのクレジットカード事情



法人アメックスの審査は通る!通らない理由を知れば対策し放題

アメックスのコーポレートカードを持っていてもラウンジが使えない地方出張

アメックスより良いクレジットカードなのか『三井住友ビジネスプラチナカード for Owners』