アメックスのコーポレートカードを持っていてもラウンジが使えない地方出張

どうも、こんにちは一流養成学校の滝枝芳郎です。

今回は久しぶりにクレジットカードの話になったので『アメックスのコーポレートカード』について、お話ししていこうと思います。

私自身今では、メインカードが本当にパンダが付いているカードなので語るなんとも言えませんが最後までお付き合いください。

法人アメックスの審査は通る!通らない理由を知れば対策し放題

一流ビジネスマンのクレジットカード事情

アメックスのコーポレートカードはラウンジというオフィスを提供してくれる

アメックスのコーポレートカードは同乗するスタッフの分も合わせて2名分、プロパーカードならば入場することができます。

今更聞けないプロパーカードとは?

国際ブランドと呼ばれるアメックスなどの会社が直接発行するクレジットカードのことを言います。

一方提携カードとは、国際ブランドとカード会社が提携したり協力関係になり発行するカードのことを指します。

例でいうと、アメリカンエキスプレス プレミアムとアメリカンエキスプレスとANA アメリカン・エキスプレス®プレミアム・カードの差です。

アメックスという社名の前後どちらかにアメックス以外の会社の名前が入っているカードが提携カードと呼ばれます。

サービスは提携している会社の付帯サービスや特典を受けられる分、プロパーカードよりもアメックス自体からのプライオリティ(優先)などの順位が下がります。

ラウンジ利用に関しては言えばプロパーカードの方が圧倒的に、コスパが高く便利です。

アメックスのコーポレートカード特典、空港ラウンジの何がいいのか

1名1,000円ほどで利用できる空港ラウンジを無料で利用することができます。

フリードリンクサービス付なのことが売りですが、実際はwifiなどの環境が整っていることのほうがコーポーレートカードとしては魅力的だと言えます。

出張の待ち時間にどれだけスマホのモバイルデーター通信などを利用しても、パソコン作業を落ち着いてできるスペースというのは空港では限られています。

時には空港は修学旅行生や団体組、小さい子供が走り回る環境で仕事をするのは、酷な話です。

そんな時にアメックスのコーポレートカードでラウンジに入れば比較的、騒音や人ごみを回避することができます。 



アメックスのコーポレートカードでラウンジに入った時に思う『トイレ問題』

空港のトイレは出発と到着の際非常に混雑します。

出張が多い時にはホテルでゆっくりトイレにいられる時間が、少ないということは珍しくありません。

そんな中、アメックスのコーポレートカードがラウンジに入ることができれば手荷物も、預かってもらえるためゆっくりトイレに入ることができます。

もちろん、空港ラウンジ自体に入ることができる人は限られるため、トイレの清掃も行き届いているので、コンディション調整にもアメックスのコーポーレートカードは役立ちます。

アメックスのコーポレートカードが全く役に立たない出雲空港

地方の空港では、そもそもラウンジがないということあります。

その際は、どんなクレジットカードを持っていても、全く役に立ちません。

私が経験したのは島根県の出雲空港です。

出雲空港に離着陸する飛行機は羽田に戻る際、ビジネスクラスはありません。もちろんファーストクラスもありません。

『クラスJ』というJALのエコノミーシートと大差がほぼないシートしかありません。

アメックスのコーポレートカードとビジネスカード、個人カード3枚持ちの場合のラウンジ利用

アメックスのカードは気づけば増えてきいます。

やはり便利な部分は便利です。

しかし、法人でのビジネスとこのような執筆家や個人の仕事でのカードはもちろん分けなければなりません。

それに加えて個人のカードを持っている経営者の人も多くいると思います。

分けないとアメックスの良さがないからです。

しかし、残念ながら、何枚持っていてもラウンジでの対応は変わりません。

経費を分類するのに一番有効なアメックス

アメックスの経費レポートは非常に支出管理もしやすいため、事業や法人ごとに作りたくなります。

もちろん、ホールディングス化してしまえば1本にまとまりますが、複数の事業でうまくいったものを法人成りさせていくと、そこまでビジネスの綺麗な画は描けません。

その際に各ビジネスの支出や経費をまとめることができると非常に生産性が上がります。

年会費は少々高くともコーポーレートカードとビジネスカードは見栄ではなく、使い勝手の部分でオススメします。

アメックスのコーポレートカードの審査は通る

アメックスコーポレートカードの審査基準はもちろんわかりません。

しかし、アメックスは長く付き合っていると担当者がつくことがあります。

私も長年お世話になっており、何人か人の入れ替わりがありましたが、実際新規で会社を設立する際も、初めてビジネスカードを作った時も何一つ問題なく発行されました。

代表的なのは、法人の信用として言われる『設立3年』『黒字決算3期分』はどんなビジネスにおいても信用の証だと言えるでしょう。

しかし、アメックスのコーポレートカードの審査条件かどうかは首を傾げる部分です。