メタバースで生まれる新たな職業『アバターワーク』とは?稼ぐ方法を教えて

メタバースで生まれる新たな職業『アバターワーク』とは?稼ぐ方法を教えて

メタバースで生まれる新たな職業『アバターワーク』とは?稼ぐ方法を教えて?

メタバースの世界が現実世界と同様に人材募集があることをご存知でしょうか?

今の現実世界と違い、電車に乗って会社に出社するような働き方ではありません。

『play  to earn(遊びながら稼ぐ)』というビジネスモデルや収益モデルもある中でアバターとしてメタバース上で勤務するというのがアバターワークです。

補足:そもそもメタバースとは?

メタバースは、超越を表す古代ギリシャ語の「meta」に、世界を表す「universe」を掛け合わせた造語であり、語源とさえれています。

インターネットが世界中のコンピュータなどの情報機器を接続するネットワークと説明するならば、メタバースはインターネット上にある三次元の仮想空間のことです。

合わせて参考にしたい記事

【初心者でもわかる】メタバースとは

仮想通貨・暗号通貨・暗号資産・デジタル通貨の違い、同じ意味なのか

アバターワークはメタバースや仮想空間上でリスクが低く参入の敷居が低い

メタバースという仮想空間は,よくあるSF映画の環境に似ています。

具体的にはメタバースという仮想空間の世界に政府も政治家も実力者も法律もインフラもまだまだ存在していない世界です。

つまり、なんでも一から作り出すことができる第二の地球というような表現でもいいかもしれません。

そのため、メタバース上の土地を購入する『土地転がし』ビジネスも既に生まれつつあり、今後宅建のような法律ができるかもしれません。

具体的にアバターワークは何をするのか

アバターワークは具体的にメタバースの仮想空間上で、ガイドとして働くのがポピュラーです。

つまり、現実世界で外に一歩も出れない人も、身体が不自由な方も平等にペイ(報酬)を受けることができます。

メタバースの情報はまだ大枠での新ビジネスや投資の話が多いですが、メタバース上にもアバターという人口が増えるにつれてマネジメント、ガイドが必要となってくることを想像できればやってみる価値はあるでしょう。

アバターワークに必要な環境整備や備品ツール・経費は?

アバターに労働をさせるには、現実世界の自分が操る必要があるため最低限の設備投資や環境整備は必要です。

しかし、例えば転職する際にスーツを買ったりヘアサロンに行ったりカバンを買う必要もありません。

今使っているパソコンやスマホで十分アバターワークは可能です。

もちろん、格差社会を肌で感じている方も多いと思いますが、ネット環境が著しく悪い、wifiがないというような状態では実質アバターワークは難しいと言えます。

それに加えアバターのコミュニケーション能力としてヘッドセットやメタバース上の空間認識能力を一定以上にしておかなければガイド側がわからない、気づけないトラブルが発生してしまいます。

しかし、転職活動に比べれば自宅で稼げる仕事としては魅力的な部分が多いと言えます。

Oculus Quest 2

Oculus Quest 2 256GB オールインワンVRヘッドセット 

➡︎メタバース・NFTゲームは普通のパソコンでOK?(パソコン選び、ゲーミングPC?)

アバターワークの雇用主・誰に雇われるのか

アバターワークは現在のところ日本で主流なのは、企業に雇われる状態です。

つまり、『勤務地:メタバース内指定エリア』というような状態です。

ゲームでの収益などとは関係なく、時給制のため出世やキャリアパスもアバターワークで起こりうるでしょう。

アバターワーカーとして転職するにも、まだまだしている人は少ないためキャリア形成には今のタイミングは非常にいいと言えます。

アバターワークは仮想通貨が給料なのか

アバターワークという職についても企業は現実世界に存在するので今後仮想通貨で報酬を支払う仕組みができるかもしれませんが、通常の企業に勤めるのと同様に銀行口座に振り込まれます。

そのため、メタバースの世界なのに日本円で給料がもらえて、メタバース上で何かを得るためには仮想通貨に換金するという少し違和感はあります。

アバターワークの求人とはどんなものなのか

表情にあわせて動くバーチャルアバターを介してヘッドセットなどを用いて説明や接客などをします。

アバターワークの求人募集企業の多くはiPhoneX以降のiPhone端末を保有しているという環境条件があります。

性別や年齢、経験は今のところ全て条件がないものが多く、比較的対面でなければ十分に説明や会話ができれば勤務可能という状態です。

企業側としてもアバターワークによるベネフィットが見られています。
アバターワーク開催期間中はVIVE製品ページのアクセス数が向上。
スタッフのアテンドをアドバイスに同社が提携しているレンタルストアでVR機材をレンタル、後に購入したという来場者もいたそうです。バーチャル上にある店舗であればスタッフのいない無人開店でもセキュリティ上は問題はありませんんが、現実と同様、バーチャル空間でも人の気配を感じられない空間にはなかなかユーザーが集まらないものです。バーチャル空間で接客を行う事により、場に賑わいが生じ、店舗が生きた空間として活用されるのです。アバターの姿で働く「VIVE Wonderland」が目指すVRメタバースの新しい働き方より
株式会社キッズプレート(本社:東京都中央区、代表:茂出木謙太郎)は、2020 年 4 月 15 日(水) 社内プロ ジェクトとして「AVATARWORKS」を発足し、アバターの姿で働く「アバターワーク」を普及させるた めの技術支援サービスを提供開始いたします。
その運用テストも兼ねた企画として、3 店舗の飲食店と連携したオンラインイベント「オンラインハシゴ 酒」を 2020 年 4 月 10 日(金)~4 月 12 日(日)の 3 日間で実施、その運営をプロジェクトに参加する アバタースタッフによって行いました。家からアバターで働ける「アバターワーク」を普及する AVATARWORKS プロジェクト誕生! アバタースタッフが運営したオンラインイベント「オンラインハシゴ酒」で飲食店 3 店舗と連携より
バタラクとは、自宅やオフィスから遠隔地への接客が可能なオンライン接客サービスです。非接触でありながら高品質な接客と、人手不足の解消を実現します。幅広いジャンルのメーカー様・小売業様・サービス業様にお選びいただいております。活用方法いろいろ■ 受付・問合わせ対応
入口に設置し自席で対応。繁閑の波がある場所での人員として役立ちます。■ フロア案内
タッチパネル機能でフロア検索。お客様からの呼び出しにはすぐに対応。■ 防犯・警備
遠隔地からの警戒で、現場の省人化によるコスト削減が可能。コロナ禍等による感染症対策にも有効。■ 展示会ブース集客
現地に立たずとも全国どこからでも参加可能。アバターならではの新しいパフォーマンスなどで他ブースとの差別化を図れます。■ イベント活用
イベントシーズンの繁忙期であっても移動時間なく全国複数カ所で同日開催可能。高コストパフォーマンスだけでなく、3Dアバターで実施するイベントは新鮮な体験ができます。■ 施設コンシェルジェ
施設に適した容姿でお客様対応可能。経験豊富な人材を複カ所で有効活用できます。■ セミナー・講演
聴衆が気をとられてしまう登壇者の服装やクセなど、3Dアバターでカバー。講演は内容に集中できる環境を実現します。■ 商品アドバイザー
商品知識と接客技術を兼ね備えた人材確保は企業の大きな課題。働き方改革の新しい方法の一つとしてご提案します。■ カウンセリング
アバターを介して対話することで、プライバシーは守られ、より気軽に悩みや相談をしやすい環境での利用が可能に。■ 教育・研修
視聴する時間を自身でコントロールしやすく、また苦手な科目や難しい所などがあった場合でも何度も繰り返し視聴ができます。 バーチャルではたらく、アバターワーク「バタラク」より
メタバース関連記事

➡︎【初心者でもわかる】メタバースとは?

➡︎メタバースで生まれる新たな職業『アバターワーク』とは?稼ぐ方法を教えて

➡︎メタバースと関連する仮想通貨・暗号通貨【まだ間に合う投資銘柄も紹介】

➡︎【初心者でも分かる】The Sandbox(SAND)とは?

➡︎【初心者でも分かる】『エンジンコイン(Enjin/ENJ)』と『Enjin Platform』とは

➡︎【初心者でも分かる】Decentraland(MANA)とは?

➡︎初心者でも分かる】Axie Infinity(アクシーインフィニティ・AXS)とは?

 

仮想通貨・暗号資産 講座カテゴリの最新記事