アルトコインとは何か?選び方や特徴などを解説

アルトコインとは何か?選び方や特徴などを解説

アルトコインとは何か?選び方や特徴などを解説

【初心者でもわかる】アルトコインとは

アルトコイン(Alternative Coin)とビットコイン(BTC)は同じものなのではないのか?

というくらいの認識レベルの方にまずこの章はお話します。

アルトコインはビットコイン(BTC)以外の仮想通貨を言います。

つまり、NFTなどの売買で使用されているイーサリアム(ETH)も仮想通貨として流通量が多くともアルトコインになります。

➡︎NFTの影響力と市場の大きさ(国内・海外企業の動き)

【初心者でもわかる】アルトコインとビットコイン(BTC)の違い

ビットコインも仮想通貨であり、イーサリアムとの相違性は現物取引かどうか、などと勘ぐることも可能ですがリップルとなるとビットコインと性能特徴に大きな差を言い表しにくくなります。

そこで簡単にアルトコインとビットコイン(BTC)の差を説明する方法をお伝えします。

簡単にアルトコインとビットコイン(BTC)の差を説明する方法

非常に簡単に言えばアルトコインは発展途上国(ベンチャー企業)・ビットコインは途上国(上場企業)だと考える方法もあります。

つまりビットコインは仮想通貨上成長がある程度済み、認知され時価総額が他のコイン(仮想通貨)に比べて高いです。

上場企業と同じようにビットコインは仮想通貨の中では比較的安定し始め、急落したり急騰する機会も少なくなりました。

なぜアルトコインは発展途上と言えるのか=草コインの存在

ビットコインはビットコインであり、イーサリアムの流通量がビットコインを越えてもイーサリアムはアルトコインのままです。

しかし、アルトコインというカテゴリーには草コインという仮想通貨・暗号資産も含まれています。

草コインもアルトコインは一つの情報や新サービス、法律の改正やエラーなどで急騰・急落が起こりやすいのです。

草コインとは?

草コインは、仮想通貨は何度かの仮想通貨バブルで価値が跳ね上がったビットコインやイーサリアム、リップルなどの主要仮想通貨・暗号資産ではなく現時点でほぼ価値が付いていないアルトコインを言います。

 

合わせて参考にしたい記事

草コインがなぜ億万長者にしてくれるのか、草コインの選び方・特徴を解説

なぜアルトコインが必要で新たなコインが生まれるのか

アルトコインには一つ一つ特徴や性質・得意なことがあります。

そのため今後インフラやサービスによってマッチングした通貨を使用する時代になると考えられています。

例えば既にリップルは他との差で言えば、分散型のスキームを仮想通貨で取り入れない中央集権型の仮想通貨など一つ一つ特徴があります。

叩き台としてビットコインの既存している仮想通貨の不便なところを利便化して、コイン化させているという考えもできます。

➡︎なぜイーサリアムがあるのにイーサリアムクラシックができたのか

アルトコインで価値が上がりやすい・投資で儲けやすい仮想通貨とは?

アルトコインで価値が上がりやすい・投資で儲けやすい仮想通貨には共通する投資家や換金者の注目するポイントがあります。

アルトコインの価値は将来性で決まる

アルトコインの中でビットコインに劣らない仮想通貨になる、インフラや生活に必要。

或いは新たなニーズを先に見つけ、対処しているアルトコインは非常に成長率が高い傾向があります。

例えば、ビットコインの送金スピードだけに注目すれば、ビットコインを上回っているアルトコインは複数存在します。

そんなビットコインと比較し優れた特徴を持つアルトコインは数円で買えるときに買っておくと100倍の価値になり得るということなのです。

➡︎【初心者でもわかる】ビットコインの値段・価格が1000万円になると言われる理由

アルトコインは優れていても価格が高ければ買い控えされる

ビットコインが今から2倍になるのとアルトコインで100倍を狙うのはアルトコインの成長性と時価総額や評価価格との乖離を感じる人が購入します。

適正価格であれば、買う理由が仮想通貨は見たりにくいのも特徴です。

FXであれば、貿易関連会社が確実にドルを売るタイミングなどがありますが、仮想通貨ではまだそのような相関性が少ないので『割安コイン』を探します。

価値が上がりやすい・投資で儲けやすいアルトコインは企業が出資しているかを確認する

将来性のあるアルトコインは、確実に資本と情報量が多い有名企業からの出資やサービスの利用を検討します。

プレスリリースで発表されたり、海外のリークニュースで掲載されているアルトコインは成長性が見込まれます。

世界的企業の出資や提携・協力関係の動き

過去のアルトコインの事例で言うと、NFTでの主要仮想通貨となっているイーサリアムはイーサリアムという仮想通貨をインフラに取り入れるための組織(=EEA(イーサリアム企業連合)が発足されています。

つまり、世界の代表格になる企業がイーサリアムを推していることを明らかにしています。

イーサリアムに関しては最近、アメリカの政治家の報酬をアルトコインで支払うというニュースもあり、現金と同等の安定通貨として認知させる動きもあります。

さらにリップルなどは有名な話ですがマイクロソフトが出資をしており、金融機関の送金に活用できるというセールスにいち早く注目した財閥グループ三菱UFJファイナンシャルグループやみずほ、SBIなどもサービスの利用も視野に入れた事業提携を発表しています。

合わせて参考にしたい記事

イーサリアム(ETH)という仮想通貨・アルトコインの優位性や特徴について

アルトコイン詐欺が今後活発化する?

アルトコインは現物商品であるイーサリアム以外完全に仮想であることには変わりありません。

つまり、夢やビジョン・将来性を語って出資を募る出資金詐欺において非常に都合の良い存在となっています。

「まだ1円の価値にも満たないがこれが1年後には10万円以上の価値になっているだろう。」とアルトコインの出資や投資の世界では言えてしまうためです。

➡︎仮想通貨・暗号資産のハッキング・詐欺事件のまとめ

アルトコインがなくなる可能性とリスク

株式投資を行い、自分の保有銘柄が倒産するということはなかなか経験することではありません。

しかしアルトコインへの投資に関して言えば株式投資とは比べものにならないほど倒産や事業徹底の可能性があります。

資金繰りがギリギリのアルトコインもあるでしょうし、経済的なトラブルや天災などによって決まっていた出資の取りやめや延期でなくなってしまうアルトコインもあります。

そのため、十分アルトコインへの出資・支援・投資は注意が必要です。

仮想通貨はなくなれば紙屑にもなりません。

アルトコインへの投資はなぜリスクがあるのに活発なのか

投資家はリスクを嫌います。

が、リスクに見合うだけのコミットが期待できるとされるためアルトコインの購入や投資がなくなることはありません。

さらにアルトコインはビットコインよりもさらに価格変動が大きいため、現在ある投資商品の中では桁違いの運用益を得ることも可能です。

『億り人』と日本では言われますが、100万円単位で数億円の価値にまで上り詰めるアルトコインも今後いくつも出てくるでしょう。

さらに株式投資やFX、不動産、新規事業としてメタバースなどへの参入を考えているなどという投資家や経営者にとっては分散投資にも用いられます。

そのためアルトコインを一定の数量ポートフォリオに入れ込むことは予想できるため、アルトコインへの投資は右肩上がりになっています。

合わせて参考にしたい記事

ウォーレン・バフェットがポートフォリオに仮想通貨・暗号資産を入れない理由

仮想通貨・暗号資産 講座カテゴリの最新記事