医者と看護師の『デキ婚』は最強の人生設計なのか。

医者と看護師の『デキ婚』は最強の人生設計

看護師は妊娠を機に結婚することが多いと言われています。

看護師は女性の平均年収以上を稼ぐことができる職業です。

その看護師という仕事よりもさらに、3倍以上年収が高いのが医者です。

圧倒的な年収という経済的余裕は、看護師が『様々なこと』で尊敬してしまう理想の職業でしょう。

医者はモテます。

医者はモテる。大人の事情か、看護師の『デキ婚』は最強の人生設計

性格や顔に難が多少あっても医者という職業カードがあるだけでかなりモテます。

同時に女性にとっては結婚相手にするにはかなり競争率です。

今日は1周年を迎えたばかりで問題を解決したばかりにしてはかなり『ドギツイ』話をしようと思います。

医者を狙う看護師の『デキ婚作戦』医者と看護師の恋愛事情

医者と看護師の『デキ婚』は最強の人生設計≠作戦

夜間、医者を誘う看護師

医師と看護師の恋愛は、看護師からの食事の誘いで始まることが多いようです。

日勤帯ではなかなか二人きりになることのない医者と看護師ですが、夜勤中は違います。

基本的に医局や当直室で仮眠をとっている医師ですが、急患や入院患者の異変などの時には飛んできます。

そして患者の処置が終わった時がデートに誘うタイミングです。

狙っている医者のスケジュールを知っている看護師はこのような面では有利なのかもしれません。

交際中のマンネリカップルも医療の世界は『デキ婚』が伝統?

ファーストアタックが順調に進んでも、日勤や夜勤に当直がある医者と看護師は会えるタイミングも少なく、何年も恋人同士のままの関係が続くことがあります。

そんな中で『妊娠』というのは双方が結婚を本格的に考えるきっかけになるのでしょう。

医療系女性ライターだから言える

元医療系上がりの女性ライターだから言える『デキ婚』は最強の人生プラン

女性目線で言うと、狙っていなくても?医者と看護師にデキ婚が多い理由

医者や看護師は性欲が強い

医者や看護師は性欲が強いというのは事実です。

多忙な毎日と、『死』と近い存在であるからこそ、本能的に子孫を残すための欲求が一般の人より高いと言われています。

また女性看護師は女性社会の中で男性化していることもあり、『疲れていると性欲が高まる』という一般の女性とは反対の反応もあるようです。

そんな医者と看護師は本命の相手として付き合っていなくてもセックスだけの関係になることも多いと言えます。

自分のことは無関心『排卵日』を知らない「はず」

『医者の不養生』と同じく、看護師も自分の体のことを軽視している人が多くいます。

「看護師に前の生理はいつからだった?」と聞いても答えられる人はほぼいないでしょう。

なぜなら、生活時間が不規則でストレスを抱えることの多い看護師はホルモンのバランスが崩れやすく、いわゆる生理不順になることも多くあるからです。

そんな偶然のタイミングと医者や看護師の性欲によってデキ婚となるのでしょう。

ほんと狙っていないの?

狙っていないのは医者だけです。

看護師は狙っていないふりをしていることが多いと言えます。

そもそも医者は避妊具をつけていても、ピルを飲んでいると言われても100%の避妊にはならないことはプロなので知っているはずです。

医者と看護師の『デキ婚』は『計画的な看護師の勝ち』なのです。