医者と看護師の恋愛と『デキ婚』

医者と看護師の恋愛と『デキ婚』

医者と看護師の『デキ婚』は最強の人生設計

看護師は妊娠を機に結婚することが多いと言われています。

看護師は女性の平均年収以上を稼ぐことができる職業です。

その看護師という仕事よりもさらに、3倍以上年収が高いのが医者です。

圧倒的な年収という経済的余裕は、看護師が『様々なこと』で尊敬してしまう理想の職業でしょう。

医者はモテる。看護師の『デキ婚』は最強の人生設計

性格や顔に難が多少あっても医者という職業カードがあるだけでかなりモテます。

同時に女性にとっては結婚相手にするにはかなり競争率です。

医師は戦略的に恋愛をする?

将来の開業を見据えて看護師と付き合う

将来メジャーリーグを目指すプロ野球選手が、英語が堪能なアナウンサーや料理研究家などと結婚をするように、開業を考える医師は看護師との結婚を考える事が多くあります。

開業した際、人材の確保で困ることも減りますし、他の看護師のまとめ役にもなってくれます。

何より多忙な医師の勤務を理解してくれる看護師は仕事でもプライベートでも理解者となってくれるのです。

医者と看護師、『院内恋愛』と意外なドクターの一面

意外と奥手?恋愛経験豊富は嘘?

ある病院の看護師に向けてのアンケートでは、『医師との恋愛経験』があると応えた人は全体の約4割、医療関係者に広げると約7割もあります。

一般的に医者は学生時代に勉強を長くするため、恋愛経験が少ない人が多くいます。

ドクターになってからも多忙なため、一度付き合えば長い傾向にあると言えます。

ドラマのような色恋の多い職場とは少々イメージが離れているかもしれません。

モテてもハードワークな医師

1日24時間のほとんど近くを院内で過ごしているドクターは午前の診療と午後の診療があり、当直もこなさなくてはなりません。

若い医師は食事を取る暇もないほどの激務が当たり前です。

特に学会前、論文発表を控えている時期には、昼夜問わず本当に忙しい日々が続きます。

30時間ぶりに帰宅してもソファーで2時間寝れば病院に戻るという事がよくあるのが現実です。

コミュニケーションが絶対的に必要な医療現場

同じ病院内で働いている場合、看護師は医師の指導の下で働くことになるため、連携を密にする必要があります。

重篤な患者が診察に来るような大きな病院では、少しのミスが患者さんの命にも関わるため、医師と看護師とのコミュニケーションがさらに重要となります。

連絡は密に取らなければならないため、変な言い回しですが『独身同士の場合』恋に落ちることもあります。

もしも別れる時は悲惨な別れ方にならないようにお互い付き合う前に『決め事する』などして注意する場合もあるようです。

医者と看護師の『デキ婚』は最強の人生設計≠作戦

夜間、医者を誘う看護師

医師と看護師の恋愛は、看護師からの食事の誘いで始まることが多いようです。

日勤帯ではなかなか二人きりになることのない医者と看護師ですが、夜勤中は違います。

基本的に医局や当直室で仮眠をとっている医師ですが、急患や入院患者の異変などの時には飛んできます。

そして患者の処置が終わった時がデートに誘うタイミングです。

狙っている医者のスケジュールを知っている看護師はこのような面では有利なのかもしれません。

交際中のマンネリカップルも医療の世界は『デキ婚』が伝統?

ファーストアタックが順調に進んでも、日勤や夜勤に当直がある医者と看護師は会えるタイミングも少なく、何年も恋人同士のままの関係が続くことがあります。

そんな中で『妊娠』というのは双方が結婚を本格的に考えるきっかけになるのでしょう。

プライベートが少ないお互いの仕事で交わりがなくなり自然消滅

医師としては仕事柄家に帰ることすら許されないような過酷な仕事をしています。

もちろん看護師もなかなかハードな仕事です。

いったん仕事に取り掛かるとなかなかプライベートな時間が持てません。

たとえ医師と看護師が結婚できたとしても、家庭を守ったり、家事や育児などに時間をなかなか取れないために通常の家庭のような、仕事が終わって帰ってきたらほっとできる家を作ることは難しいです。

そういった意味では、医者は医療関係者と結婚することを敬遠している人も多いです。

院内結婚が多い病院は良い病院

ここで普通、ドクターが食事に誘ってどうこうする。という話が予定調和な話だと言えますが、実はドクターとナースは仕事で対立することが多い立場にいます。

意見の相違や優しさどころか医者の横柄な態度などが主な原因です。

そのため恋愛関係から結婚まで、医師とナースとの関係が深まるのは稀であり、職場の環境上の連携やコミュニケーションがうまく取れている病院だと言えます。

➡︎年収は高いし貯金があるのに、嫁も彼女もできない医師が読むべき記事

医療系上がりの女性ライターだから言える『デキ婚』は最強の人生プラン

女性目線で言うと、狙っていなくても?医者と看護師にデキ婚が多い理由

医者や看護師は性欲が強い

医者や看護師は性欲が強いというのは事実です。

多忙な毎日と、『死』と近い存在であるからこそ、本能的に子孫を残すための欲求が一般の人より高いと言われています。

また女性看護師は女性社会の中で男性化していることもあり、『疲れていると性欲が高まる』という一般の女性とは反対の反応もあるようです。

そんな医者と看護師は本命の相手として付き合っていなくてもセックスだけの関係になることも多いと言えます。

自分のことは無関心『排卵日』を知らない「はず」

『医者の不養生』と同じく、看護師も自分の体のことを軽視している人が多くいます。

「看護師に前の生理はいつからだった?」と聞いても答えられる人はほぼいないでしょう。

なぜなら、生活時間が不規則でストレスを抱えることの多い看護師はホルモンのバランスが崩れやすく、いわゆる生理不順になることも多くあるからです。

そんな偶然のタイミングと医者や看護師の性欲によってデキ婚となるのでしょう。

ほんと狙っていないの?

狙っていないのは医者だけです。

看護師は狙っていないふりをしていることが多いと言えます。

そもそも医者は避妊具をつけていても、ピルを飲んでいると言われても100%の避妊にはならないことはプロなので知っているはずです。

医者と看護師の『デキ婚』は『計画的な看護師の勝ち』なのです。

リアル、医者と看護師の恋愛なれそめは、『できる医師』はすることがスマート

これは実際に『院内恋愛』を経験した方からメールで馴れ初めを伺いました。

同じ担当の患者さんへの説明が丁寧で良い印象を持ちました。

かなり難しいオペだったのですが、無事成功に終わった次の日にお祝いにと食事に誘っていいただきました。

その後も術後のケアや他の科との『スマート』な連携に好意を持ち始めました。

担当患者が退院した後は、会う機会が減ってしまったのですが、夜勤明けに駐車場でばったり会いました。

「もし時間があればこの後、一緒にランチでもどうですか」と誘われて喜んで食事に行きました。

その後、その医師は彼となり今も交際中です。

 

➡︎モテるはずの医師が結婚に焦ったら読むべき記事

本気で恋愛に悩んだら読むべき、大人気記事

お医者さんの恋愛・結婚の悩みを解決する方法

いろいろな事情で転職したくなればこの記事がおすすめ

【転職+年収UP】忙しすぎる医師の転職まとめ記事

医療関連コンテンツはこちら

『看護師のための失敗しない転職』とおすすめ転職サイト

お医者さんの恋愛・結婚の悩みを解決する方法

空き時間を活用した医者のスマホ副業

https://1ryu-school.com/?p=2613

病院で働くドクターやナースのランチと夜食事情

大学病院の医局派閥争いの中で年収を上げる方法

【転職事情】看護師の退職と『転職の成功と失敗』

【意外やドキドキな内容も公開!】プライベートでの『看護師 ナース』の素顔を見る!

医療業界コラムカテゴリの最新記事