NFTでお金持ちになりたい、稼ぎたい(副業に使える?)を解決する記事

NFTでお金持ちになりたい、稼ぎたい(副業に使える?)を解決する記事

NFTでお金持ちになりたい、稼ぎたい(副業に使える?)を解決する記事

そもそもNFTとは?

NFT=Non-Fungible Tokenの略です。

偽造することができない鑑定書や所有証明書付きのデジタルデータとイメージすれば、不動産やクルマの所有権・車検証のようなものがあると理解しやすいかもしれません。

であり、仮想通貨(暗号資産)と同様にブロックチェーン上で発行および取引されます。

今までのデジタルデータ(アートや音楽など)は簡単にコピーや改ざんができてしまうことが問題視されていました。

そのためどうしても貴金属などの現物資産が優位とされていましたが、NFTがその優位性を同等或いは上回れるようになるとされています。

ブロックチェーン上で発行・流通されることによりコピーやハッキングが非常に難しいため、資産価値として今後大きく認められることは間違いないと言えるでしょう。

合わせて参考にしたい記事

NFTって結局何?を解決する記事

NFTの影響力と市場の大きさ(国内・海外企業の動き)

NFTでお金持ちになりたい、稼ぎたい(副業に使える?)を解決する記事

NFTは今までの記事でご紹介した通り発展途上のマーケットとも言えるため、十分にNFTで富を築くチャンスはあると言えます。

しかし、だからと言ってやみくもにNFTに参入したりフリーランスでNFTのコンサル等ができるのか、或いは副業としてNFTで収入を得ることができるかというとそうではない部分も多くあります。

今回はNFTでお金持ちになりたい、稼ぎたい・副業に使う方法などをお伝えして行こうと思います。

NFTで稼ぐ代表的な方法

現在NFTで大金が流入しているアイテムやジャンルはNFTアートやNFT画像が多く、他にもゲームやARを活かしたメタバースの世界なども注目されています。

この中で、個人が参入可能な分野はNFTアートや画像・写真といった部分でしょう。

➡︎【初心者でもわかる】メタバースとは?

➡︎メタバースで生まれる新たな職業『アバターワーク』とは?稼ぐ方法を教えて

NFTアートと稼げる可能性

なぜこの絵やアートに数億円規模の資金が動くのか、理解できないという方も多くいると思います。

これはモナリザなどの歴史的美術品やバンクシーの落書きがなぜ価値があると感じるようになったか、これと同じ心理的動向があります。

モナリザの絵は義務教育で美術の時間に価値のあるものとして学んだからこそ価値があると理解でき、バンクシーの落書きのようなアートもファッションアイコンやインテリアなどで散見されるようになったことが要因であり、今まで知らなかっただけで今現在、固定概念がない状態のため作品に対する値段と視覚的な優越の判断に差が生まれていると言えます。

NFTはメインの仕事ではなく副業の方が向いている=稼げる可能性

NFTはメタバースを織り込んだゲームソフトやムービーのような世界観を生み出すには相当な時間と資金が必要です。

ひと昔前で言えば、Flashなどのデザインスキルができるかどうかのように、NFTで用いられるスキルを身につけるにはプログラミングのスキルやプロレベルの知識がある集団に群杯が挙がってしまうでしょう。

もちろん、今時のクラウドファンディングなどとのマッチングで無名企業が生み出す作品が今後数百億円規模の資産価値を握るというのも容易に想像はできます。

もしも、人生をNFTで一発億万長者になりたいと思うなら、この道もありでしょう。

しかし、「適度に稼ぎたい」くらいの欲であれば副業で、やり始めてから本業に変えていくほうがリスク分散はできると言えます。

➡︎【初心者でも分かる】The Sandbox(SAND)とは?

NFTの特徴は今までの常識とビジネスは無視されること

NFTは今までの販売促進やプロセスなどを無視し、学歴なども関係がない世界です。

そのため、小学生が描いたドットアートが一流の画家と同じ金額で売れることもあるのです。

つまり、頭の固い学歴や年功序列などの仕組みとは確実にアンマッチを起こす世界が『NFT』とも言えます。

引きこもり等の問題があってもNFTは平等

メタバースの世界に重きを置けば、NFTとブロックチェーン、メタバースの世界が本格的にゲーム化されると、メタバースの世界でお金が稼げることは容易に想像がつきます。

今でもすでにゲーム内のアイテムなどがNFT化されているということもあるため、職業がYOUTUBERのようにゲーマーが浸透する時代が来るとも言えます。

さらに引きこもっていたり、通院や入院、身体にハンデがあっても平等にチャンスがある新世代マーケットと言えます。

アーティストとして、展示会をするのもメタバースの世界でできますし、ニューヨークで個展をするよりNFTで人気アーティストになってしまうほうが早いとも言えます。

逆に、アナログ世代がマウントを非常にとりにくい世界ともNFTは言えます。

➡︎メタバースで生まれる新たな職業『アバターワーク』とは?稼ぐ方法を教えて

写真とNFTの関係性と稼ぎやすさ

写真家・フォトグラファーと今は呼ばれている職業の方々もNFTに参入していくと、NFTアーティストとして活躍する時代になるかもしれません。

NFTは画像に対しても非常にマッチングしやすく、画像としてコピーされやすい作品も自分の作品として明確に世に出すことが容易になります。

さらに、一眼レフや機材などに対しての設備投資などに関係なく、NFTは評価しニーズが生まれるためiPhoneでたまたま撮影した写真で数億円の価値を生み出すことも可能性として十分にあると言えます。

やはり、その点で言えば購入者の目に留まれば、キャリアは関係なく一過性である可能性はあっても作品に価値を見出すことは今よりしやすくなると言えます。

インスタグラムもMeta(旧Facebook社)が運営していることもあり、インスタグラマーがNFTに参入すると熱量は今の状態以上になるでしょう。

➡︎OpenSeaでNFT(デジタルデータ・アート)を出品する方法

仮想空間(メタバース)とゲームが稼げるポイントになる可能性も

前述通り、数年前YouTubeのコンテンツを発信する人たちを、YOUTUBERと呼び数千万円の広告収入や数百万円以上の企業案件を任される職業になるとは多くの人は想像できませんでした。

少なくとも、YouTuberという職業が多くの企業の経営者よりも影響力があり、収入を得ているためフリーランスが社会的地位を高める皮切りになったとも言えます。

その中でNFTが浸透するとメタバースとの関係性でゲームをしているだけでお金を稼げる可能性というのも今以上に広がります。

ゲームの実況YouTubeコンテンツがNFTの収益モデルとリンクすれば、今以上にゲーマーという職業収入が安定化され、ゲーマーと職業欄に記入する老若男女が出てくる可能性もあります。

➡︎メタバースで生まれる新たな職業『アバターワーク』とは?稼ぐ方法を教えて

NFTが担保になる?=資産調達方法としても活用できる=NFTfi

保有しているNFTを担保にしてイーサリアム(ETH)を借る側が自分のNFTを『NFTfi』に掲載し、既存のマッチングアプリと仕組みは同じで、融資のオファーを出してマッチングした場合成立します。

担保としてNFTを利用できるとNFT保有者は価値が上がるまで寝かせている間もその他のNFTを売買したり、その他のことに資金を回すことができるため、レバレッジ運用の可能性は幅広くなります。

イーサリアムの貸付元本や貸付期間、年利などは全て『NFTfi』内で交渉ができます。

レンディング期間は最長で90日、最短で7日となっています。

参考:『NFTfi』とは?NFTとDeFiで何ができるのか

NFTでお金持ちになりたい、稼ぎたい(副業に使える?)を解決する記事としては

この記事でNFTへの『可能性』は十分感じることができたと思います。

この記事が自己啓発本と同じように読んで気が済んでしまえば NFTを客観視し成り上がる人を見守ることしかできません。

まずはNFTを今以上に知ること、身近に感じることで副業への可能性や大きく収入を増やすアイディアも浮かぶかもしれません。

NFT 講座カテゴリの最新記事