エリート ビジネスマン 持ち物は少ない

エリートと呼ばれる人たちはサラリーマンでもなく営業マンでもなく、ビジネスマンと呼ばれる人たちは『一流』を好み、『一流』を目指し続ける生き物です

一般的なビジネスマンとは違いエリートと呼ばれる人は、学歴やキャリアを積み重ねて来たという経験があり、持ち物へのこだわりが少々異なるようです。

今回はそんなエリートビジネスマンの持ち物についてお話していきます。

エリート ビジネスマン 持ち物は無地

エリート ビジネスマン 持ち物の特徴がズバリ無地が多いということです。

エリート ビジネスマンはビジネスシーンで色物を身につけることは赤系のネクタイ以外少ないと言えます。

エリートと言われる人ほど、茶色のビジネスシューズ・ドレスシューズを履くことは少ないのも特徴です。

エリート ビジネスマン 持ち物は黒が多い

基本的にエリートと呼ばれるビジネスマンは政治家のような物の決め方があり、財布などを手に持って移動するということも少なく名刺入れなどの革小物も黒が多いです。



エリート ビジネスマン 持ち物は少ない

エリートビジネスマンは出張も多く、海外への渡航も多いため荷作りが非常に上手いのも特徴です。



エリート ビジネスマン 持ち物が少ない理由

エリート ビジネスマン 持ち物は基本的に経済的余裕がある人が多いので勿体無いより前に生産性や効率性を追求します。

そのため、長期出張の際下着などは現地調達をする人も多く、現地調達現地破棄という人も中には滞在先の世話係が付くというエリートビジネスマンもいます。



エリート ビジネスマンの数少ない持ち物

エリート ビジネスマン 持ち物として、思いの外多いのはクスリやサプリメントです。

服や靴は最悪現地調達ができても、クスリは海外へ県外ではもらいにくいものが多いため非常に気を使っているようです。



エリート ビジネスマンの持ち物で少ないのは書類

エリート ビジネスマンは持ち物が少ないのは非常に特徴的です。

しかし、数多くの商談を抱えているエリート ビジネスマンは書類の数も相当多いと想像しますが、極力クラウドやタブレットにPDFなどのドキュメントで持ち歩くため書類はA4

のクリアフォルダーが2~3枚ほどしかはいっていないことが多いです。



エリート ビジネスマンは万年筆は持ち歩かない

エリートビジネスマンは飛行機に乗ることが多いので、万年筆は持ち歩きません。

万年筆は気圧の変化に弱く、汲み取ったインクが流れ出てしまうことが頻繁に起こるので、万年筆は基本的にオフィスワークや手紙を書くときに利用します。



エリートビジネスマンは必然的に持ち物が少なく、シンプルを好むようになる環境で生きてきました。

 

しかし、エリートビジネスマンではない派生で出たビジネスマンや営業マンは必然ではなく、この一流養成学校をきっかけにエリートビジネスマンの習慣や文化を学び、価値観を知っておくことが重要です。

 

数多くのビジネスシーンでは、商談相手がエリートビジネスマンという可能性もあります。

 

その際に、『エリートビジネスマン』の持ち物などを知っていれば共通の話題を作りやすいのです。

 

観察力、洞察力、心理学、これらを活かすときに必ず必要なのは経験と知識です。

 

学校では教えてくれないことを、大人になって真剣に学ぶ『姿勢』がある人間こそ、一流になる素質があるといえるでしょう。

 

滝枝芳郎