一流営業マンのデスクは一流を物語る

いつのまにか『一流の営業マンはなぜかデスクに何も置かない』が常識になっていることをご存知ですか?

一流の営業マンほど効率にこだわり、一流の営業マンほど無駄を嫌います。

今回は、そんな一流営業マンのデスクの特徴についてお伝えしていきます。

一流の営業マンは綺麗好きではない

『一流の営業マンのデスクはいつも何も置いていない状態になっている。』

というのはどこの会社でも見かける光景だと思います。

しかし、家に帰ると実は非常にダラしないという人も少なくありません。

一流の営業マンは綺麗好きなのではなく、仕事の一貫としてデスクの上に何も置かないようにしているのです。



デスクに物を置かない4つのメリット

一流の営業マンのデスクの上に何も置かれていない理由は

・書類を紛失をさせない

・書類が増えたことがすぐわかる

・書類を探す必要がない

・すぐに仕事ができる

この4つのメリットがあるからだと言えます。

できない営業マンのデスクのあるある

・書類がどこにあるかわからない

・どの仕事から手をつけて良いかわからない

・デスクの上を片付けるところから仕事が始まる

・気が散る

・書類やモノをなくす

・上司の信用をなくす

できない営業マンのデスクあるある。想像がつきますよね。

そして、デスクが散らかっているだけ『上司の信用すら失う』という悲しい事実を受け止めなければなりません。



デスクが散らかる部下を上司が信用しない理由

・大切な案件資料を渡せない

・顧客管理も雑そう

・手一杯に見える

・私生活もだらしなさそう

・仕事ができなさそう

この5つです。実際『仕事ができるできない』は関係ないのです。

デスクが汚いだけで『〜そうだな』とイメージをつけられるだけでマイナス評価がついてしまいます。



上司になれた人は少なくとも結果を出した人

上司として自分の上にいる人たちは、少なくとも自分より早く入社し結果を出したから『上司』なのです。すなわち一流とまではいかなくとも『できるサラリーマン』だということは間違いないでしょう。

そんな上司のデスクを見てみましょう。

片付けられていて、部下の書類の見落としも不正もズルもすぐに見抜ける環境がデスクの上に用意されていませんか?

デスクが散らかっていても例外なのは医者と学者

デスクが汚くても一流が多い仕事もあります。

それは『医者と学者』です。

医者に関しては、カルテや紹介状、CTなどの検査結果など、何の書類の束なのかわからないほど書類が散乱しているドクターがいます。

しかし、医者になる人は脳が少なくとも私とは違い、『どこに何があるか』を覚えているのです。

なのでデスクが散らかっていても全く関係ないのです。

学者も同様に、書類ではなく開かれたページの上に本が何冊も重なっていることが多いです。

学者も『このページを見ながら、この本のこの部分も読んでいる』という脳の使い方が特殊なので、私が見たら散らかっているデスクも学者からすると生産性が一番整ったデスクなのです。



一流になりたければデスクの上には何も置かない

一流の真似をしてみるだけで成果が出るのは、デスクに何も置かないことでしょう。

朝早くに出勤してデスクを整理整頓しただけで「お、〇〇君、やる気だね」と部長クラスの人が偶然見かけるかもしれません。

そんなアピールになって、生産性も上がれば仕事のモチベーションも上がります。

モチベーションが上がれば給料にも繋がってきます。

そして、最終的に一流の道が開けるのです。