お金持ちになったら人生が狂う理由は『暇』だから

お金持ちになったら人生が狂うのは本当か

お金持ちは暇すぎる

お金持ちになりたい、そう思い続ける人は多いはず。

だけど実際金持ちは凄く大変です。

何が大変か?

暇すぎることです。

羨ましい話か、とため息をつきそうですが実際お金持ちはその妬まれそうな悩みに真剣に悩んでいます。

お金がお金を呼ぶからこそ、働く必要がなくなってしまう

お金の心配がなくなると心配することがなくなって心配になる

お金はお金を呼ぶと言いますが、

結局資産運用やビジネスは資本が一番重要でお金がたくさんあればあるほどお金は稼ぎやすく粗利は増えやすい傾向にあります。

そのためお金を一定以上持つとお金が増え続ける仕組みが完成していきます。

つまり、お金の心配がなくなるということです。

私たちは働かざるもの食うべからずという風習が強く、お金がどんどん入ってくる状況で仕事する必要が無くなった場合、ストレスを感じるのです。

お金は稼ぐより使う方が難しい

人間の使える金額には限界がある

お金があれば良い車を買って、クルーザーに自家用ジェットを買う

大きな家、コンド、ホテルの年間契約。

使おうと思えばお金の支払いはできますが、

自分の体は一つ。

使わないものをどんどん買う何とも言えない状況になります。

フェラーリやランボ、ベントレーにマセラティ、ロールスまで持っても一回に乗れるのは1台です。

時計も然りです。

お金持ちは何をしているか?

必死に暇にならぬように努力をする生活

仕事がなくなったも同然のお金持ちは

何をするか。

ゴルフ?サーフィン?ドライブ?

世界旅行。

何度できるでしょうか。

お金がない人ほどもう一度行きたいと言いますが、世界旅行を2回も3回もするのは体力も使います。

いつでもいけるなら行かないはずです。

いつでも買えるならお金は使わなくなる心理

お金持ちが堅実に見えてしまう理由

自分がいつでも買えるものは買わないのと同じです。

ユニクロが好きだからと言って、全色買い揃えることをしないのと同じです。

コンビニで好きなスイーツをまとめ買い毎日しないのとも同じです。

つまり、暇。

お金持ちになったら人生が狂う理由は選択肢の多さか?

選択肢が多すぎて疲れるお金持ちのストレス

友人と食事でも?

どこで食事する?

何を着ていく?

どの車に乗る?

選択肢が多すぎて疲れてしまうのです。

その結果、残念なことにお金持ちは家で時間を過ごすようになります。

大豪邸に住み、家でトレーニングをしてガーデニングしたりコーヒーを飲んだりします。

すると人と会わなくなり、家から出ることがどんどん億劫になっていきます。

お金持ちの人生が狂う『ストレスと体調不良』

お金持ちを狂わせる時間の使い方・お金の使い方

逆にお金を使いきれないほど持っていない私ならどうするか?

好きなだけ本を読め、音楽を聴きたいです。

本当にそれでいいのでしょうか?

本を読み続けると運動不足になりお腹が空きません。

腰や膝は弱り、誰にも見られない自分の家では結局一日中パジャマで過ごすでしょう。

もしかすると、座りやすい高級なソファーに腰をかけても、エコノミー症候群のように血栓ができて体調を崩すかもしれません。

顔は日焼けせず青白く、背筋が曲がった金持ちの出来上がりです。

外に出るのが面倒になり、セロトニン不足で不眠症や鬱になるかもしれません。

お金持ちになるにはお金持ちの器がいる

お金持ちはあえて無駄なことをする

では健康的なお金持ちは何をするか

食べたくもないレストランで友人と食事をして、適度に誘われたパーティーに参加し、お金を使う。

車も日替わりで乗り、車が傷まぬよう行きたくもないところへドライブする。

そして、散歩代わりにゴルフへ行き家に帰ります。

お金持ちになったら人生が狂いやすい

お金を持つことで生活に支障が出る

人は結局お金を、持ちすぎると仕事をなくすという根本的なハンデを背負うことになります。

では、お金を稼ぎ続ければいいのではないか?

それも一つです。

ですが、これも真剣にはなれません。

ただただ使いもしないゲームセンターのコインゲームと同じように成功しても失敗しても懐が、傷まないものは暇潰しにもならないのです。

でもよくよく考えてみると世界の長者番付に名を連ねている人たちはずっと働き忙しそうにしています。

それはなぜでしょうか

お金持ちほどスリルを求めるため働く

働き続けることで自分をコントロールしているのです。

一瞬で自分という人間がお金を持ったことで崩れていくことに危機感を感じるのです。

そして、何でもお金で解決できるからこそ、『ストレスレス』な生活を避けるようにリスクを負うのです。

お金持ちほど破産願望がある

簡単なゲームは面白くない。

お金持ちはマネーゲームで早くもラスボスと戦い勝利してしまったのです。

そのため一度ゲームをリセットして、もっと難しいレベルを挑戦したくなるのです。

一文無し、借金・負債を背負うことで、回帰することを難しくして、もう一度返り咲くマネーゲームをしたくなるのです。

若手実業家、億万長者は不満やストレスしかない

お金は自分の敵になる

大体の人が、『お金持ちになりたい』『お金が欲しい』『自由が欲しい』と思っています。

そして自分より生活水準の高い人を羨み、早く誰よりもお金持ちになりたいと思う人がたくさんいるとおもいます。

今、新しいビジネスモデルで情報やサービスを売る時代になり若くして一生で使いきれない大金を手にできる機会がふえました。

大金を手にした人からすれば、こんなにも使いきれないお金をどうするのか、周りには嫉妬され、身の危険まで感じる生活を強いられる。

実際は買ったゲームをすぐにクリアしてしまい持ち時間を持て余してしまうだけなのです。

適度が人生で一番幸せであることを知っておく

意識が高く、ビジネスのあってもなくても商売や仕事で財を得るチャンスは想像以上に多くあります。

貧乏だった時が懐かしい、その時に戻りたいと思っても遅いのです。

お金や地位を得るために、ストレスで身体を壊し制限された生活を引き換えに使いきれないほどのお金が本当に自分には必要なのでしょうか?

適度に働き、適度に稼ぎ、適度に財を得る。

適度なストレスに適度な幸福を感じ生きること。

それが本当のマネーゲーム攻略法なのかもしれません。