一流が身につけるこだわりの腕時計『グランドセイコー』おすすめラインナップ紹介

一流を網羅するグランドセイコーを購入する意味を考える記事

最近グランドセイコー推しだと言われている一流養成学校ですが、確かに運営メンバーの中でも評判は高く一流養成学校の代表である滝枝芳郎氏もグランドセイコーは『つけている人を誠実な一流にさせる』時計だと言っていたことを覚えています。

時計談義も多いなか、一流養成学校では今後も時計コンテンツは増える予定です。

今回はグランドセイコーを自己投資として購入するメリットがあるかを、あえてこちらがYES/NOの模範解答を提案するのではなく、読んで考えてもらいたいと思いラインナップが厳選してみました。

グランドセイコーが一流にする。エグゼクティブな普通を知りたい『できる営業マン』

『一流の男になる1本』であるか、デザイン(ルックス)で選ぶのではなく人間でいう中身や育ち、スキルなどでベストマッチなものを探してもらいたいと思います。



グランドセイコー・スプリングドライブは『一流の粋』

パッとみると面白みがないと思うかもしれませんが、グランドセイコーにはスプリングドライブを搭載しているものにはたくさんのこだわりがあります。

その中でSBGA041はブライドチタンという素材を使っているため通常のグランドセイコーのモデルで使われているステンレススチールモデルより3割ほど軽いのも特徴です。

しかしケースサイズはグランドセイコーとしては大きめの41mmです。

グランドセイコーを自己投資として購入する比較的若い層にもマッチするモデルです。



9Fクォーツ SBGX261は一流のシンプルスタイル

「グランドセイコーといえば9Fクォーツと言うほど定番と言われるモデルです。

ロレックスやオメガ・タグホイヤーなどでは比較しにくいブランドのラインナップ構成ですが、グランドセイコーを知るという意味で言えばエントリーモデルと言えます。

 9Fクォーツ/キャリバーとは?

グランドセイコーが独自の高制度の電池式の腕時計です。

シンプルなデザインのためグランドセイコー 9Fクォーツを持っている年齢層は幅広いですが、基本的にグランドセイコー自体が40代〜50代が愛用しています。

しかし、20代でも30代でも、それこそ定年迎えても身につけていて不自然でなく、むしろ自然体です。

それがグランドセイコーのコンセプトに基づくデザイン力だと言えます。



スプリングドライブ ダイバーズ 200m は『できる男になった証』

スプリングドライブ ダイバーズ 200mは複数の高級時計を時計を持つと、なぜか興味が湧く不思議な時計として紹介させてもらいます。

スプリングドライブ ダイバーズ 200mは商品名通りグランドセイコーのダイバーズウォッチです。

過去の記事でも紹介したグランドセイコーの高性能ムーブメントであるスプリングドライブ が搭載されたダイバーズウォッチです。

最近流行りのウブロやオーデマピゲなどのラグスポ時計とは、1線を引くデザイン性と、パネライなどのミリタリーウォッチでもない正統派のダイバーズウォッチです。

ロレックスのサブマリーナやオメガのシーマスターなどにはない独特のサイズ感が特徴です。

厚みも程良いため主張しすぎないのが、『できる男になった証』と言えます。



休日のポロシャツスタイルや接待などでカジュアルダウンスタイルの時に、ガツガツ気にせず使える一本です。

もちろん、グランドセイコーの一流のこだわりはそのままで、ケースやベゼルのステンレススチールの仕上げ研摩が独特で、ぜひ購入した際は自分のコレクションと見比べてもらいたいと思います。

そのほかにも夜光塗料や逆回転防止ベゼルの採用、ワンプッシュアジャスターなどダイバーズウォッチとしてもしっかり役目を果たす機能性を持っています。

【番外編】初代グランドセイコー リミテッドコレクションは『一流の品格』

この時計はグランドセイコーのドレスウォッチと呼ばれているラインです。

1960年のグランドセイコーというブランドがスタートした初のモデルを復刻させています。

この初代グランドセイコー リミテッドコレクションは、パーティーシーンでタキシードやフォーマルスーツなどの正装につけると『一流の品格』を醸し出すことができます。



ハイビートメカニカルムーブメントキャリバー9S

ハイビートメカニカルムーブメントキャリバー9Sにはネイビーのフェイスがあります。
ネイビーのスーツや紺ブレに合いそうなディープブルーが魅力的で色味も仕上げが丁寧なためか綺麗です。
グランドセイコーのハイビートメカニカルムーブメントキャリバー9Sは、時間を正確に刻むためのムーブメントのパーツ(テンプ)が1秒に10動という驚異の振動を発生させることができます。
この1秒間に10振動することを単位を変えて言うと36,000ビートとなります。
その由来から、ハイビートとライン名に入ったとされています。


参考記事一覧

グランドセイコー公式ホームページhttps://www.grand-seiko.com/jp-ja

一流営業マンの腕時計事情

セイコーやシチズンを笑う者は一流にはなれない

カルティエの人気腕時計、オススメモデルを厳選紹介

オメガのスピードマスターは営業マンの万能高級時計

滝枝芳郎が考える一流の腕時計(*初の滝枝写真公開)チープカシオ編