一流営業マンの腕時計事情

一流営業マンは高級腕時計をしている

一時期流行ったウブロも随分トレンドが落ち着いてきました。

一時期はウブロ=成功者の腕時計というイメージが作り上げられていましたが

個人的に考えると、やはりロレックスがまたトレンドで戻りつつあると言えます。

あとは40代以降であればパテックフィリップをターゲットにする人が多いようですが、

パテックフィリップは世界での流通量も少なく、日本では数本単位でしか年間に入ってこないという背景もあり、有名人や芸能人が独占しているような傾向にあります。

ちなみにパテックフィリップのノーチラスというモデルは5000万円以上の売り上げ累計があっても1年半待ちかキャンセル待ちかです。



一流の営業マンは金ピカ高級腕時計をする

『一流の営業マンは高級腕時計をしているか。』

この話題に興味が湧いた方は残念ながら、時計業界のマーケティングにまんまと踊らされています。

確かに。一流の営業マンは高級腕時計と言われているブランドも身につけているのですが、非常に限られたブランドで偏って同じモデルをつける傾向があります。

一目で高級感が伝わる腕時計を使うことに憧れている男性が多い一方、営業マンにふさわしい腕時計は「金ピカ高級腕時計ではない」という考えの一流営業マンがいます。



高年収ほどセイコーの着用率高い

メガバンクや大手損害保険会社では、非常にセイコーの着用率が高いと言えます。

メガバンクや損害保険会社はクライアントに「儲けている」というイメージを持たれると営業に悪い影響が出ると知っているからです。

私が知る限り、大手損害保険会社で営業職で1500万円から2000万円を超えているベテラン営業マンは、かなりの率でグランドセイコーかシチズンをしている傾向があります。



グランドセイコーと一流の営業マン

グランドセイコーはトヨタでいうレクサスのようなもので、セイコーという時計ブランドのハイエンドモデルです。3針のシンプルなステンレススチールモデルでも50万円を超えてくるモデルが多く、200万円以上するものは少ないです。

なぜ一流の営業マンはグランドセイコーをするのか

一流の営業マンはイメージを気にする

一流の営業マンはシンプルを好む

一流の営業マンはジャパンメイドを意識する

一流の営業マンは謙虚である

一流の営業マンは一流を好む

この5つの法則に基づいて腕時計を選ぶとグランドセイコーが圧倒的に強いのです。

一流の営業マンは、お金の匂いを出すのを嫌います。無駄な嫉妬や僻みを生まないためです。

仮にも高級腕時計をしていて、上司と同じだった場合に上司の心証を悪くするという意見も聞かれます。

そして、国内外問わず一流の営業マンは海外との繋がりも強く、日本人がジャパンメイドのメーカーを誇れるビジネスツールが腕時計だと言えるからです。

さらにグランドセイコーのデザインや品質は世界的に高い基準で評価されていますが、一見セイコーの腕時計だとわからないくらい、さりげない外見はシンプルな程よい印象です。

しかし、作り込まれたステンレススチールの磨き上げなど細かいディティールはまさに一流だと言えます。



一流の営業マンが持つブランド腕時計

グランドセイコー

ロレックス

オメガ

3ブランドが多いです。

グランドセイコーはシンプルなものほど好まれ、安倍首相もグランドセイコーとオメガの愛用者です。

ロレックスに関しては高級品を扱う営業マンはデイトナを選ぶ傾向にありますが、『一流営業マン』という枠で考えるとエクスプローラⅠの方が着用率が高く、デイトナやサブマリーナやディプシーブルーのようなラグスポ時計(ラグジュアリースポーツウォッチ)はビジネスシーンで着用することは稀なようです。

ちなみにオメガではスピードマスターのプロフェッショナルモデルが人気です。



一流営業マンの腕時計事情

一流営業マンはいい腕時計をしている。というのは外資系生命保険会社やカーディーラーが多く、一流の営業マンであってもごく一部の職業でしか浸透していません。

結果として、一流営業マンはさりげなく上質なものを身につける風習として、グランドセイコーを選ぶようです。