『世界の一流 億万長者』ビル・ゲイツ氏の腕時計はまさかのチープカシオ?

世界の投資家ウォーレンバフェットは資産価値の高い、金無垢のロレックスしていました。

そして、一流養成学校の滝枝氏は、時計のコレクションも知識も相当数あるにも関わらず、チープカシオをしています。

そんな中今回、億万長者であり、世界の有名一流経営者であるビル・ゲイツ氏の腕時計事情をこっそりお話していこうと思います。

滝枝芳郎が考える一流の腕時計(*初の滝枝写真公開)チープカシオ編



【ビル・ゲイツ氏はどっち派?】今の成功者のトレンドは両極端な腕時計事情

『ビルゲイツの腕時計はカシオ/CASIO』

ビル・ゲイツ氏はカシオのメンズ腕時計を愛用しています。

あまり大きく腕や手元をアップにされることがないのですが、カシオの「W214H-1AV」に一番似ているところからカシオを愛用していることわかります。

ちなみに「まさかカシオ?」と思うかもしれませんが、ビル・ゲイツ氏は合理的な思考や行動判断が好きなようで、飛行機などの移動も「着く時間が一緒ならファーストクラスでもビジネスクラスでもエコノミーでも一緒ならエコノミーが良い」ということを話していることから、時間も性格に分かれば良いという考えなのではないかと推測できます。



ビル・ゲイツは時間への正確性だけ『TIMEXタイメックス』も同じ理由で愛用か?

ビルゲイツは他にもアメリカの軍支給品として定められていたTIMEXの時計を愛用していることもあり、ブランドへのこだわりではなく『コスパと時間の正確性』を求めているといえます。

ちなみにどちらも日本円で5000円〜で1万円しないくらいの腕時計です。

一方億万長者と呼ばれる人でも、両極端でリシャール・ミルやパテックフィリップ・ランゲ&ゾーネなどの1本でメルセデスのSクラスやフェラーリが買えるほどの腕時計を家にゴロゴロ置いている人もいます。

その中で、世界のビル・ゲイツ氏は正反対の思考のようです。

Apple Watchのトレンドもあり、ビル・ゲイツ氏はよく自分の時計はどこのものかと聞かれるようです。

しかし、年収600億円を超える億万長者のビル・ゲイツは「どこでもない10ドルの時計だよ」と笑顔で話すのは、お上手なトーク術と言えますが、ある意味怖いとも言えます。



「年収600億円の私が10ドルの時計だ、君の時計はいくらで、年収はいくらだ?年間いくらの寄付をしているのか」

そう聞こえるのは性格が曲がっているのでしょうか?

ビル・ゲイツは決してお金を使わない人ではない

ビル・ゲイツ氏はカシオの時計をしているからと質素な生活しているわけではないのを、一つお伝えしないといけません。

ウォーレンバフェット氏は資産価値があるため数百万円の金無垢のロレックスをしていますが、国産のスバル車に乗り何十年も一般的な家に住み続けハンバーガーを食べました。

しかし、ビル・ゲイツ氏はクルマも3台以上は所有しているようでポルシェなどの高級車も所有しており、自宅の資産価値は100億円とも言われています。