モテる女性の仕草やマナーからも学ぶ一流のモテる営業マン

モテる営業マンほど、素敵な女性の仕草やマナーを見て研究しています。

美意識というのは女性のほうが早く芽生えるというのを気づいているからです。

今回はモテる営業マンで尚且つ年収の高いできる営業マンが素敵な女性を見つけた時、何を見ているのかをリサーチしてみました。



ヒールを履いた時の歩き方

女性のヒールを履いた時の歩く仕草はその女性の脚の形そのものが出ているといいます。

ヒールに歩かされているような歩き方の女性はくびれのない足首をしています。

これは一流の営業マンの革靴でも同じことが言えます。

足に合わない革靴や安物の靴を履いているとスマートに歩くことができません。

できる営業マンの選ぶ靴(持ち物編)



一流にはなれないダサい靴音

ヒールを履いた綺麗な脚をしたモテる女性をエスコートできる一流のモテる営業マンになるためには靴へのこだわりも欠かせません。

綺麗な女性が綺麗な手を洗う仕草に学びモテる営業マン

家事や、職業柄手を洗う回数の多い女性の手を洗う仕草は非常に勉強になると言います。

正しい手洗いが身についている女性はどこかしら性的な魅力を感じるほどエレガントだと言います。

もちろん、洗い終わったあとに出てくるハンカチも同じく学びポイントだと言えます。



美女が持つ女性ほどシンプルなハンカチ

美しく品のある女性ほど柄の少ない白のハンカチを持っているとモテる営業マンは言います。

これは男性でいう白シャツと同じ清潔感を感じさせる心理的な効果があるのと、ハンカチの手入れ自体が非常に難しいことも理由に挙げられます。

シワの入ったハンカチは論外として、白いハンカチだと汗を拭くとファンデーションなどがついてしまいます。

そして何より汚れが目立ちやすいという点です。

そのため、ハンカチは2枚持ち歩くなど対策をあらかじめ対策をしているのが品のある美女だと言えます。

モテる営業マンは、そのハンカチをトークのネタにする時もありますし、自分自身が2枚のハンカチを持ち歩きマナーと品格を上げる自己投資をしています。



美しい女性の口数と沈黙の対応スキル

モテる営業マンだからこそ気になるのは、『突如訪れる沈黙』そんな時美しい女性はどのような反応でどんな対応を見せるのかをモテる営業マンは注視しています。

ディナーやパーティーで沈黙があるとします、モテる女性はどのような行動を取るでしょうか。

 

・沈黙を物ともせず自分ペースで話す女性

・沈黙をそのまま続け気まずそうにする女性

・沈黙を保ったまま自然に食事を続ける女性



一流のモテる営業マンはできる女性ほど『沈黙を保ったまま自然に食事を続ける女性』だと答えます。

モテる営業マンも時に商談で沈黙という雲に飲まれる時があります。

どれだけ長くても営業マンは商談相手が口を開くまで話してはいけません。

これは過去の記事も参考になると思いますので読んでみてください。

一流は商談や交渉時の沈黙の時に、絶対に口をあけない【心理学】



二流、三流の営業マンはマシンガンのように沈黙に耐えきれずに、口を開いてしまいます。

女性との食事中など沈黙した時の反応でその女性が、見た目だけでなく一流の品格ある美女であるかほぼ確定すると言います。

できる女性の時間の使い方3:7の法則

できる女性はパートナーと一緒にいない時何をしているのでしょうか。

実際はパートナーのための時間が3、

自分磨きのための時間が7とモテる営業マンは言います。

パートナーのために料理を作ったり好みの服を探したり、一緒に過ごす時間のための時を過ごすのは1人の時間のうち3割です。

あとの7割の時間は自分のために、心身ともにケアや読書など自分を磨くために多く時間を使っています。

この3:7の法則は一流の営業マンにも当てはまるとモテる営業マンは言います。

自分の成績のこと10割で考えている営業マンは一流にはなれず、7割を自己投資に充てている少し仕事に対してラフな考えを持つ営業マンほど評判も良く、営業成績も良いのではなく、ずば抜けて良いのです。



一流の女性のファッションとマナー

一流の女性はTPOに合わせたファッションマナーが完璧に身についています。

冠婚葬祭やデートなど全てにおいて、『場違い』にならぬ1歩引いたファッションをするのが特徴だとモテる営業マンは言います。

相手のファッションブランドも調べあらかじめ、コーディネートの総額を超えないようにすると言います。

一流の営業マンも商談相手よりはるかに高級な靴や時計を身につけていればあまり良い印象はもたれないでしょう。

そんな中、一流の女性もモテる男性も共通したファッションで言えることがあるそうです。



ロゴやモノグラムは避ける、ロレックスよりセイコーでチャンスは増える

『ブランドがわからない』

『高いかわからない』

『安物ではない』ということにこだわっているところです。

ファッションに興味がなくともロレックスのロゴが付いていれば、高級なことくらいはわかります。

ところが世界三大高級時計メーカー、ヴァシュロン・コンスタンタンのオーバーシーズなどはいくらかわからないでしょう。

それと併せて、セイコーの時計などはグランドセイコーなのかセイコーなのかすらパッとみただけではわからないという人も多いと思います。

セイコーやシチズンを笑う者は一流にはなれない



ちなみに一流養成学校で非常に人気の記事『一流営業マンの腕時計事情』も面白い記事になっていますので読んでみてください

一流営業マンの腕時計事情

モテる女性の仕草やマナーから学ぶ一流のモテる営業マンのエンディング

異性から学ぶのは営業マンとして、新規開拓をするより難しいことです。

異性だからこそ、気づける部分。

スキルやマナーなど客観的に自分を見直すならば、一流の女性が隣にいてもらえるだけの器を持たなければなりません。