一流の睡眠方法【営業マンとビジネスマン必読】

できる営業マンいつも、アポイントに追われ睡眠もろくに摂れていないのか?

そんな発想になるのは、今読んでいる皆さんが睡眠不足を感じながら生きているのだと思います。

では、できる営業マンやエグゼクティブは眠くないのでしょうか?

今回は一流の睡眠力を養ってもらおうと思います。

睡眠方法の前に、なぜ私たちは眠くなるのか

肉体的疲労

精神的疲労

神経的な疲労

この3つが人間を疲れさせている主な三要素です。

肉体的な疲労は運動量、精神的な疲労はストレス、神経的な疲労はパソコンやスマホ、長時間の運転などで蓄積される疲労のことです。

要するに、睡眠は疲労をリセットさせるため、エネルギーチャージするための時間ということです。

できる営業マンとビジネスマンの睡眠

短期集中(ショートスリーパータイプ)

長期療養(ロングスリーパータイプ)

短期複数(お昼寝タイプ)

に分かれています。

ロングスリーパーは比較的、少ないようにも感じますが10時間睡眠です。

このタイプはエグゼクティブよりクリエイターや芸術などのアーティストで出会うことが多いです。

経営者・敏腕営業マンに一番多いのは、ショートスリーパータイプです。

その他にも経営者やエンジニアは疲れたら眠るという1日にお昼寝を1回以上しているエグゼクティブもいます。

一流の睡眠方法『短期集中型』『超ショートスリーパー』

一流のビジネスマン・営業マン・経営者などは、睡眠時間が摂れないから眠らないのではなく、短期集中的に『睡眠をする』時間を作っているという印象が強いです。

睡眠前3時間以内に食事を済ませる

 

スマホは予め明るさを抑えて、寝る前は見ない

 

上質なシャワー・バスタイムで肉体的神経的ストレスを解しておく

 

自分に合った睡眠前の準備行動を持つ(ストレッチや読書など)

 

ナイトキャップをするならば1フィンガー程度のウィスキーのみ

このような事前準備をして、睡眠への準備を整えてから睡眠に入ります。

一流の睡眠方法『超短期型』『ショートスリーパー』

ショートスリーパーにも超がつくほどのショートスリーパーは、日本で有名なのは武井壮さんです。

彼は1日3回、45分の睡眠で通常の睡眠の10時間以上の回復スキルを持っています。

睡眠方法と集中力と営業マンやビジネスマンの思い込み

睡眠というのは量より質だというのはいうまでもありません。

なぜなら、できない営業マンほど休日にゴロゴロとベットで過ごすタイプが多く、できない営業マンほど朝が弱いというのも共通して言えることです。

前述の武井壮さんは集中ができるポテンシャルを持っているのはアスリートとしての、運動能力を見ればわかりますが、彼は明らかに『十分睡眠を摂った』という状態で起きるのです。

もっと言えば、よく寝たかどうかは自分次第という部分もあるということです。

普段11時に眠る人が深夜2時に寝て、同じだけの睡眠時間を摂ってもストレスの解消や、疲労の解消力は薄いのです。

一流の睡眠方法は赤ちゃんを見習う

正しい睡眠時間というものは年齢によってボーダーラインが決められています。

もちろん、赤ちゃんがよく眠るのはたくさんの学んだことを吸収する時間が必要なためと言われています。

なので、眠りたくなれば眠るし、起きたくなれば起きるという、理想の生活リズムで生まれてきているのです。

しかし、夜は寝て、朝は起きるという常識や寝なければならない。起きなければならないと思うストレスが生きていくと蓄積されていくのです。

一流睡眠力を営業マンやビジネスマンが身につけるには

一流の睡眠力を身につけるためには、

睡眠の準備をルーティンにする。

寝ることに集中する。

起きたとき、『眠たい』ではなく『よく寝た』と起きる

たったそれだけでも睡眠の質は十分変わっていきます。

関連記事:

 

寝ないとやっていけない睡眠と健康

社長・経営者の睡眠事情【学校長 滝枝芳郎 編】

朝の体調が悪い営業マンは血圧が原因