一流の睡眠方法【営業マンとビジネスマン必読】

できる営業マンとビジネスマン一流睡眠方法

忙しいこと理由に寝不足なのは売れない営業マン

できる営業マンいつも、アポイントに追われ睡眠もろくに摂れていないのか?

そんな発想になるのは、今読んでいる皆さんが睡眠不足を感じながら生きているのだと思います。

では、できる営業マンやエグゼクティブは眠くないのでしょうか?

今回は一流の睡眠力を養ってもらおうと思います。

肉体的疲労

精神的疲労

神経的な疲労

この3つが人間を疲れさせている主な三要素です。

肉体的な疲労は運動量、精神的な疲労はストレス、神経的な疲労はパソコンやスマホ、長時間の運転などで蓄積される疲労のことです。

要するに、睡眠は疲労をリセットさせるため、エネルギーチャージするための時間ということです。

できる営業マンとビジネスマンの睡眠

寝ることへの価値を高める知識

短期集中(ショートスリーパータイプ)

長期療養(ロングスリーパータイプ)

短期複数(お昼寝タイプ)

に分かれています。

ロングスリーパーは比較的、少ないようにも感じますが10時間睡眠です。

このタイプはエグゼクティブよりクリエイターや芸術などのアーティストで出会うことが多いです。

経営者・敏腕営業マンに一番多いのは、ショートスリーパータイプです。

その他にも経営者やエンジニアは疲れたら眠るという1日にお昼寝を1回以上しているエグゼクティブもいます。

一流の睡眠方法『短期集中型』『超ショートスリーパー』

一流のビジネスマン・営業マン・経営者などは、睡眠時間が摂れないから眠らないのではなく、短期集中的に『睡眠をする』時間を作っているという印象が強いです。

睡眠前3時間以内に食事を済ませる

 

スマホは予め明るさを抑えて、寝る前は見ない

 

上質なシャワー・バスタイムで肉体的神経的ストレスを解しておく

 

自分に合った睡眠前の準備行動を持つ(ストレッチや読書など)

 

ナイトキャップをするならば1フィンガー程度のウィスキーのみ

このような事前準備をして、睡眠への準備を整えてから睡眠に入ります。

一流の睡眠方法『超短期型』『ショートスリーパー』

ショートスリーパーにも超がつくほどのショートスリーパーは、日本で有名なのは武井壮さんです。

彼は1日3回、45分の睡眠で通常の睡眠の10時間以上の回復スキルを持っています。



睡眠方法と集中力と思い込み

一流の睡眠は『量より質』

睡眠というのは量より質だというのはいうまでもありません。

なぜなら、できない営業マンほど休日にゴロゴロとベットで過ごすタイプが多く、できない営業マンほど朝が弱いというのも共通して言えることです。

前述の武井壮さんは集中ができるポテンシャルを持っているのはアスリートとしての、運動能力を見ればわかりますが、彼は明らかに『十分睡眠を摂った』という状態で起きるのです。

もっと言えば、よく寝たかどうかは自分次第という部分もあるということです。

普段11時に眠る人が深夜2時に寝て、同じだけの睡眠時間を摂ってもストレスの解消や、疲労の解消力は薄いのです。

営業マンは不眠気味が多い

眠れない時の解決方法

どれだけ優れた営業マンやビジネスマンでも、ストレスや疲れなどは溜まるものです。

そして、気づけば夜になり泥のようになった身体をベッドに横たわらせます。

そこで出てくる悩みや考え事の数々・・・

寝れない。

そんな夜の瞬間をできる営業マンやビジネスマンはどうやって過ごしているのでしょうか。

営業マンの『不眠』の悩み

不眠を経験した人気芸能人たち

それでも過酷な日々を過ごしていると『寝れない』日もあるものです。

そんな時は勝手に寝れない『同士(=仲間)』を考えて自分だけではないと安心してみましょう。

タレント 坂上忍さん

バイキングの司会を務め、多くの番組の出演する坂上忍さんも「寝れない」「寝るのは下手になった」とブログで報告していた時があります。

歌手 浜崎あゆみさん

人気歌手、浜崎あゆみさんは「眠れない日は寝れるまで過ごす」と寝れない日の過ごし方を熟知している発言を過去にしています。


歌手 堂本剛さん

歌唱力ジャニーズ1位とも呼ばれるKinKiKidsの堂本剛さんは、パニック障害を患い『眠れない夜』のことが作詞された楽曲に登場するのはファンの中では有名です。

参考楽曲:堂本剛オリジナルアルバム[síː]『PINK』

 

人気俳優、向井理さん

人気俳優、向井理さんもドラマのクランクインなどでは考え事も多いのか睡眠時間が1時間程度しか取れないと吐露していたこともあります。

男性アイドル 藤ヶ谷太輔さん

人気ジャニーズグループKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんも、不眠感を感じシーツやアロマなど寝るための努力をしていることをラジオ番組で話していたようです。

眠れぬ夜は『自分を取り戻す時間』

寝不足になる価値のある時間を

誰にでも眠れない日はあります。

時に睡眠導入剤や入眠剤と呼ばれる、クスリに頼ることもあるかもしれません。

しかし、今の時代たくさんの眩しすぎるライトで過ごす時間が多く、ストレスフルな時間を過ごす自分たちは生きにくい世の中になっているのは事実です。

眠れない夜は、眠れないだけのストレスは理由を抱えているということを知る大切なバロメーターです。

自分を癒す方法を見つけ、自分だけの眠れない夜の過ごし方を見つけるのも一流の営業マン・ビジネスマンになるステップアップだと言えます。



ストレスの多い社会で睡眠時間はどんどん少なくなってきています。

実際労働時間が長いという問題よりも帰宅後の私生活にも問題がある人は多いようです。

私は今までも睡眠についていくつかお話をしてきましたが、睡眠は非常に重要です。

今回はさらに睡眠と健康がお金やビジネス・キャリア・エリートへの道へ繋がることをお話していこうと思います。

営業マンの寝不足は成功を逃し、ストレスを増やす

脳は寝ない解毒する力が出せない

脳は嫌な記憶=ストレスを解毒させるには睡眠が唯一の方法だと言われています。

その裏付けにストレスが多くある人ほど睡眠の質も低く、眠れない=不眠の症状を感じます。

不眠症の原因はブルーライトが原因

できる営業マンやビジネスマンほど、パソコンなどのハードワークをしています。

特に最近ではフリーランスのライターも同じくライティングやプログラマー・エンジニアなど目を酷使している人が多いです。



『サーカディアンリズム』が不眠の原因に

サーカディアンリズムという生活リズムを管理する機能が狂い、眠るべきときに眠れないという症状が発生します。

要するに不眠に直結し、さらには食欲などの制御力も疎くなるため肥満化なども実は『目』が原因で引き起こっている可能性があるのです。

ビジネスマン・営業マンの不眠症は負の連鎖の始まり

ビジネスマンや営業マンの不眠症問題は非常に大きく、不眠症は眠れないというストレスも含め身体も心も休まらない状態が続いてしまうため、鬱などの精神疾患の発症率を上げてしまいます。



営業マンの寝不足は成功を逃し、集中力を減らす

集中する時間は伸びない、寝ることで集中力の充電ができる

集中力が続かないと嘆く売れないビジネスマンやエンジニアの人も目立ちますが、実際人間の集中できる時間はどれだけ頑張っても限られています。

そのため、集中した時間を持続させることに注力するよりも自分が集中できる時間がどれくらいあるのかを知り、その時間で最も重要なことをしてしまうことが重要だと言えます。

しかし、集中力が乏しくなった時に急速充電させる方法は、睡眠なのです。

営業マンの寝不足は仕事放棄、給料を減らす

睡眠は自己投資であり寝不足は仕事放棄

睡眠はもちろん睡眠時間の確保はマストなことです。

そして睡眠は何より質を向上させることと質を維持することが重要です。

具体的には、寝具もそうですが、寝る前のブルーライト光線(スマホ)などは睡眠の質を大きく妨げるため簡単なことですが、やめてみましょう。

それが自己投資になるのであれば安いものです。

心療内科のドクターの推奨睡眠方法

大学病院のドクターは『寝る1時間前にはスマホやPCを見るのをやめること』が何よりも睡眠の質を簡単にあげる方法だと言います。

一流の睡眠方法は赤ちゃんを見本

『眠たい』と『よく寝た』を実感する睡眠

正しい睡眠時間というものは年齢によってボーダーラインが決められています。

もちろん、赤ちゃんがよく眠るのはたくさんの学んだことを吸収する時間が必要なためと言われています。

なので、眠りたくなれば眠るし、起きたくなれば起きるという、理想の生活リズムで生まれてきているのです。

しかし、夜は寝て、朝は起きるという常識や寝なければならない。起きなければならないと思うストレスが生きていくと蓄積されていくのです。

一流睡眠力を営業マンやビジネスマンが身につけるには

一流の睡眠力を身につけるためには、

睡眠の準備をルーティンにする。

寝ることに集中する。

起きたとき、『眠たい』ではなく『よく寝た』と起きる

たったそれだけでも睡眠の質は十分変わっていきます。

睡眠という欲求を埋める最高の方法は『昼寝』

この睡眠に対しての優先順位という部分でいうと、私がしたことは昼寝です。

朝はクルマ通勤を最初は無断で(その後公認されました。)始め、朝5時半に会社の近くの駐車場にクルマを停めて、美味しいコーヒーをタンブラーに入れておき、コーヒーを飲みながら読書をして15分の睡眠を日課にしていました。

そして、ランチ後も15分以上お昼寝をして、皆が残業のための夜食の買い出しをしているときに私は夕食を真剣に食べに出かけ、その後30分の仮眠を摂りました。

『昼寝』『仮眠』の睡眠改革の成果

昼寝で社内事故激減

この『昼寝』を混じえた睡眠に習慣を変えることによって、睡眠不足という日は激減します。

社内で「昼寝は上手に摂っていこう」と言った社員を知っています。

その社員を巻き込んだ睡眠改革は、社用車の事故率と保険請求率・労災でその他の支社・支店の最高1/24になり社長賞をもらったことがありました。

一流の睡眠へのヒント=あくびは我慢しない

あくびは身体の大切なシグナル≠眠い

『あくび』をすると「やる気がない」「不真面目」などと怒られるのが普通ですが、実は『あくび』は

最高のリラックススキルだという理解する

『あくび』させて会議の効率を大幅アップ

営業マンの『あくび』は生産性を上げる

あくびは、身体的な行動で言えば、たくさんの空気を取り込むことを言います。

眠たい時にあくびは出ると言いますが、実は脳の酸欠状態に空気を急いで取り込もうとする緊急回避プログラムのようなものなのです。

確かに睡眠不足で「あくび」は出ますが、そもそも「あくび」をしたいと思った時に我慢するのは脳がどんどん熱くなっているのにわざと冷却水を抜くようなものなのです。

経営者は会議が煮詰まればあくびする

長時間のセミナーや研修の時に講師たちの中には、少し手足を動かして気分転換してみましょうと促す講師がいます。

そんな講師は比較的、重要科目を教えている講師に多く手足を動かし伸びをすることで運動量を上げ酸素を多く脳に送りこまそうとしています。

会議で意見が出ず長時間進展のない状態で『あくび』などしようものならストレスの苛立ちを思い切りあくびをした人間にぶつけます。

しかし、実際会議中にあくびをする人間は、脳を使い脳内の温度を上げている人がいるため、黙って他のことを考えているような隠れサボりマンより余程、優秀だと言えるのです。

そのため、上司になれば『あくび』をさせて煮詰まった会議に一度、区切りを付けさせるのに効果的だと覚えておくと良いでしょう。

あくびをするのは最大のリラクゼーション

睡眠同様に価値のある『あくび』

今のビジネスシーンでパソコンやタブレット、スマホも含め非常に目を酷使しています。

目と脳の距離は短く、目の疲労感は脳に直接リンクしていきます。

そのため、眼精疲労が続くと頭痛や目眩につながるのも理解できます。

休日はゆっくり公園に散歩へ行き、あくびをして思い切り酸素を取り入れることをおすすめします。

『自然酸素吸入』は想像以上に効果があり、特に太陽を浴びてあくびをすれば、セロトニン物質が出て自分の精神状態を安定させる効果があります。

ゆっくり散歩することが、最高の精神安定剤になることも一流になるならば知っておくべきだと言えます。

『あくび』は安心のサイン

あくびをすぐしろと言われてできない人が多い

恋人の前で『あくび』をするとデートがつまらない、一緒にいるのが退屈だと思われるかもしれませんが、『あくび』はストレスフルの状態の時に出ることもありますが、基本的には安心している時に『あくび』は出ます。

つまり、心を許しているということです。

人間も動物です。

犬は飼い主の前で気持ちよさそうに『あくび』をしていたら『ほっこり』とした気分になります。

それと同じくらい『安心』を共有させるのも人間関係を良くさせるきっかけになると言えます。

ちなみに、「緊張感を持って会議に参加しろ」と言われても、ポテンシャルを発揮できないほどストレスフルになれば意味がありません。

恋人同様ある程度、脳が発熱しない程度にリラックスした空気感を作るのも上司やリーダーのミッションかもしれません。

できる営業マンは『あくび』をして酸欠状態を回避させる

ストレスを感じれば『あくび』をする

過度の緊張をすると前述通り『なまあくび』とも呼ばれるあくびを連発します。

その時に脳は酸素をたくさん取り入れ脳内の温度を下げたり、酸欠を改善させようと働いています。

このあくびを我慢してしまうと酸欠は悪化し、目眩や失神、気絶などの状態にまで発展する可能性があります。

自分が緊張しそうな時には、あくびをして酸素に十分空気を送り込むことが自分自身のポテンシャルを最大限発揮できるテクニックだと言えるのです。

周りにどう思われても結果が出せれば、出したものが勝ち上がるのが今のビジネスシーンです。

押し殺すくらいなら、思い切り『あくび』をしてやってはいかがでしょうか。

➡︎本気で睡眠に投資したければブランドふとん

睡眠とは上質を極めるべき奥深さがある

自分にあった睡眠を摂ること

 

常に睡眠に貪欲であること

 

常に睡眠は質にこだわること

 

寝不足だと思えば会社は休むに匹敵するほどリスクがある

 

ベットやシーツなどは極端なほど取り替えると、『睡眠の垢』のない湯船に浸かっている気分になれる➡︎睡眠の垢は普段からケアできるレイコップの記事を読む

 

何より、睡眠の常識など関係ない

 

自分の必要な睡眠を摂る。

 

➡︎本気で睡眠に向き合うならに『西川』ブランド

一流の経営者は寝る前の時間を、癒しの時間にするのが上手い

一流の経営者は寝る前の時間を非常に大切にします。

本を読んだり、好きな映画を観たりシガーやスコッチを傾けたりします。

➡︎レイコップで一流の睡眠環境を作る記事を読む

そんな時に、何を感じ過ごしているかというと、今日の自分を労い『お疲れ様』と褒めているのです。





できる営業マンは「今がベスト、明日には解決」と1日のページを閉じる

できる営業マンは多くの案件を抱え、時にはクレームや重要なプレゼンなど心労は莫大です。

しかし、できる営業マンは良い意味で『忙しい』ためマイナスな考えに巻き込まれないポジティブな夜の時間を過ごします。

具体的には、明日の不安や心配をイメージするのではなく今日の出来事を振り返り昨日の心配事も結局クリアできた自分を知るのです。

そうすることによって、心配や不安のことを考えるのは何の解決方法にもならないと自分自身で実感しネガティブな発想しない夜の時間を過ごせるのです。

 

PR

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎自分は一流なのか!?是非ご確認ください⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎情報収拾に最適!滝枝氏のipadに入っているアプリ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

✴︎一流養成学校 オススメ広告✴︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎少額投資 ベンチャー企業で資産形成⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎