『自慢の彼氏』でいるための営業マンがするべきこと

『自慢の彼氏』でいるための営業マンがするべきことってなんでしょうか。

恋人ができると恋人からの目線や価値観が気になりますね。

彼氏「普通の営業マン」と呼ばせないためのとっておきの流儀をお話していきます。

➡︎『モテる営業マンの休日は何をしているか』

自慢の彼氏になるなら「普通」の営業とは呼ばせない

一流の営業マンは普通の営業マンではありません。

簡単に言えば一流の営業マンたちは営業マンというよりビジネスマンと紹介されることが多いようです。

一流の出来る男を支えるのは極上の恋愛

営業マンだけどビジネスマンと呼ばせたくなる存在

実はビジネスマンの定義は非常に曖昧です。

本来ビジネスマンとは経営に携わる職種というのが一般的です。

しかし、たくさんの給料を受け取り、年収を言わずとも余裕のある経済力に、会社への貢献度は「普通の営業マン」と呼ぶことのできない雰囲気を持っていなければ自慢できる彼氏とはなれないのでしょう。

「彼氏の仕事は営業マン」は下っ端感あり

新入社員の年収300万円ほどの営業マンも、年収3000マン円の営業マンも、『営業マン』という枠から抜けることはできません。

女性から見る『ビジネスマン』と『営業マン』の差

女性の客観的な目線は驚くほど鋭いです。

簡単に言えば、女性の営業マンのイメージは『できない営業マン』のイメージです。

ペコペコ挨拶回りをして、よれよれのスーツに汚れた靴を履いているのが、営業マンという職業のようです。

一方、ビジネスマンのイメージは飛行機で出張に出かけ、良いスーツにブランドのビジネスバッグ。朝はスターバックスなどでコーヒーを飲んでいるのがビジネスマンだそうです。

私の会社の社員に聞いたものなので、100人くらい聞けば実は違うということもあり得るかもしれませんが、近しいイメージなのかな、とも思えます。

ガールズトークに話題は『自慢の彼氏』は職業ではなく年収

まだまだ資本主義だなと思わせるのが、職業より年収というリアルな声です。

確かに、彼氏の理想は?という雑誌などの特集で、経営者以外に職業で惹かれるワードは少なく、年収1000万以上などということを簡単にいう女性が多いのです。➡︎実は多いサラリーマンの億万長者

逆算式『自慢の彼氏』になる方法

逆算していくと、モテるための条件は案外少ないように思えてきます。

年収を1000万円以上にしてビジネスマンの印象である、ブランドのスーツと、ビジネスバッグ、磨かれた靴で朝スタバに行けばモテるということです。

そう思えば簡単だと思いませんか?

一流の営業マンを目指せばビジネスマンになれるし、年収も上がります。

そして、年収が上がればブランドも身につけられるし、スタバでランチほどの値段のコーヒーも飲めるのです。

モテるビジネスマンは彼女がいない

『自慢の彼氏』になれば、一流の土台は築ける

自慢できる彼氏というのは、客観的に他の人が羨ましがる存在でいるということです。

しかし、ここで読みながしている方は要注意です。

『彼女に年収を明かさずにビジネスマンと思わせることができれば、結果もついてくるのではないか。』ということです。➡︎一流のキャリアを作るならこの記事を読む

この発想はまさに一流です。

一流は一流を知るために努力をして一流になった人が多いのです。

もっと言えば常に、向上心と背伸び力が一流への道を加速させることもできるということです。

何事も、発想とトライです。

今できることはなにか?

やるべきことはなにか?

そもそも仕事をしていないという方は、求人広告を見るところがスタートラインです。