一流の出来る男を支えるのは極上の恋愛

一流が恋愛を求める理由

一流の成功者たちは、常にビジネスの『交渉』に神経を使っています。

交渉という部分においては女性との関係の始まりを『交渉』から始まります。

一流は何かとモテます。

モテる理由はたくさんありますが、今回は一流の『成功者』という枠組みで一流の恋愛事情をお伝えし、マインドアップをしてみてください。

一流は女性にふとした気遣いに癒される

一流の成功者たちは、常に孤独と隣り合わせに生きています。

『本音で話する努力をしなければならない』環境にいるからです。

女性との関係性に求めるのは『癒し』です。

仕事で大きなプレッシャーや大きな壁が出てきたときに、偶然開けたスマホに『無償の優しさ』を感じるメッセージが届いていると、一瞬のリラックスと安心感を感じます。

そして、その安心感は時として、弱音を吐かない一流の癒しになるのです。

肌と肌が触れ合うことに動物的癒しを感じる

オトナの関係というと少しカジュアルすぎるかもしれませんが、人間も動物です。

どんな一流も女性の『母性本能』には敵いません。

女性は気づかないうちに母性本能を持ち、それが男性たちの癒しになっていくのです。

人肌の温かさは安心と最大の癒し

人肌の温かさは、人間が安心する温度になっています。

男性と女性で平均体温に少し差があるのも人間が動物であると実感する部分でしょう。

女性の『手当て』の本当の意味

一流だけが知っている環境は、非常にストレスフルな場所に隣接している感じを覚えます。

なので、一流の成功者ほど、ストレスを溜め込まないための方法を自分にマッチしているもので探すのです。

傷の手当ては消毒して絆創膏をすることでは、成功者の中ではありません。

一流になった宿命として感じるプレッシャーや有名税のような心の傷には消毒も絆創膏もできないのです。

そんな傷は女性の手で治癒できます。

柔らかく腕や胸を撫でられるだけ、男は癒されるのです。

これこそが、『カラダに手を当てる』という本当の手当てであり一流にとっての最高治癒方法なのです。

一流の隣には一流の女性がいる

一流のクラブのママなどは、『一流』を知り尽くしているため、札束を積んでも癒しを一流たちは求めます。

お酒ではなく、『癒し』です。

それと同じようにプライベートな関係でも、一流には一流しか集まってきませんし、たまに混ざり込んだ『お金目当て』『パトロン探し』は相手にしません。

一流の成功者は『たくさんの人』を見てきているので、そう簡単に恋愛対象にはならないのも事実です。

その代わり、『無償の優しさ』には『できる限りの喜ばせる努力』で一流の成功者はお返しします。

一流は『女性遊び』はしない、むしろ大切にする

「今から成功しよう」と張り切っている一流の卵たちは、女性を大切にすることをしましょう。

そして、感謝を覚えます。

二流以下ほど『お熱』を上げ自爆するような、女性問題を起こします。

「一回限りの関係」なんてことをしていたら『一回限りの一流へのチャンス』を失うことになります。

もう一度重要なことを伝えます。

一流の成功者たちは女性との関係を遊びなどとは決して思いません。

自分の選んだ大切な相手として振舞います。