フランチャイズのカフェ『経営』とスタッフの『年収・キャリア』

フランチャイズが『安心』は間違え、『不安な』デメリットもある

フランチャイズビジネスの安定収益というメリットは、あくまでもフランチャイズの大元が儲かっているというのが前提で提示されています。

そもそも、トレンドの動きが激しい業界でフランチャイズや業務委託などをビジネスに選ぶ可能性もあります。

いざ薄利多売や収益が上がらない等の問題が起きたときに撤退して、次のビジネスを準備する間、売上や収益に穴を開けてしまうというデメリットが存在します。

フランチャイズ経営の安心

フランチャイズ企業次第で『不安』は解決する

フランチャイズは、業務やシステムが

既に完成しているビジネスだということ。

そして、看板・のれん(ブランド)がある分、独立してすぐでも、信用されやすいという部分がメリットです。

しかし、ここでデメリットも見えてきます。

フランチャイズは前述通り大元が儲かっていないと成立しません。

視点を変えれば、自分が生み出している収益で大元を養っているという感覚を覚えます。

毎月のバックマージンなどを考えると、自分でできるビジネスはフランチャイズよりも自分でビジネスを興してしまったほうが利益率があがるためリスクが減るというメリットを捨てることになります。

フランチャイズで『安心』メリットを得る

ノウハウを時短で手に入れられるのはフランチャイズ

フランチャイズでノウハウや業務フロー、取引先の紹介や提携先を上手に開拓できるフランチャイズビジネスは最大のメリットはこのノウハウを得ながら実践でビジネスができるという部分です。

逆に、マニュアルなどガバナンス(企業統制)などが取れていない会社とフランチャイズ契約をすると、後々契約事項でトラブルがあった際などの救済は期待できません。

フランチャイズのメリットもデメリット

『安心』できるか事業か確認が必要『不安』は却下

『フランチャイズというビジネスに興味がある』という人はぜひ、フランチャイズビジネスに参加してみるべきだと思います。

非常に学びが多く、メリットもデメリットも実体験することが何より財産になります。

安心できなければ「却下」というボーダーラインは非常にわかりやすく明確だと言えます。

フランチャイズが安心なのか

儲け話やウマイ話につられない経営が必須

私はフランチャイズのメリットとデメリットで言えば、メリットの方が多いと考えています。

契約書などのビジネス文章を1枚雛形を作る時間を考えれば、フランチャイズの方が商材や備品もお金を出せば必要なものが揃うからです。

面倒・コンプラ・書面はフランチャイズが便利

私は独立してから契約書や領収書・見積もりなど10回以上改定しています。

その手間を考えるとフランチャイズは『楽』なこともメリットの部分です。

フランチャイズ以外にも『代理店』が選択肢に

フランチャイズの道を選ばず、代理店ビジネスを展開し成功している経営者もいます。

フランチャイズと現場に出てみるとほぼ同じだと思います。

代理店も結果大元を儲けさせることが、ビジネスに感じる部分は多くあります。

中途半端な意識では儲けは出ない

乗合のような腰掛け感覚でビジネスをすれば大火傷を負うことは目に見えています。

フランチャイズビジネスを転職感覚で考えるのだけはおすすめできません。

フランチャイズのカフェ『経営』の難しさ

カフェで働きたい人、働き続けることができない人

フランチャイズで全国に展開しているカフェには、大手タリーズカフェなどがあります。

その中で、『カフェで働きたい』と思っている人材は多くいるのにも関わらず、企業側やフランチャイズで運営する側は人材不足が悩みの種になっています。

大手フランチャイズカフェのスタッフ年収

大手フランチャイズのカフェは看板料を支払うというミッションがあるため、元々のランニングコストとは別に支出が通常のカフェ運営よりも多い傾向にあります。

そんな理由も含めて、大手フランチャイズのカフェで働くスタッフの年収は200万円前後とかなり低めになっています。

月額の給料で言えば10万円台も珍しくないため、働きたいけど長くは続けられない仕事になってしまいがちです。

憧れの『カフェ店員』の現実=離職率の高さ

カフェの経営では、学生のアルバイトを雇用することが多く長くとも3年ほどで退職します。

アルバイトから正社員雇用になった人材も、年齢を重ねるごとに経済的不安やストレスが重なり転職を検討します。

カフェスタッフの離職率とスタッフ募集

カフェのスタッフ、人材を確保するためにはフランチャイズのお店でも求人誌や転職サイトに掲載し、掲載費を支払う必要があります。

タウン誌などは求人掲載するのに月額で20万円ほどコストがかかります。

客単価の低いビジネスで月額20万円の支出は相当大きく、圧迫するものになります。

求人広告を打てないカフェや飲食店

人材は不足しているが、転職サイトや転職エージェントに依頼をすると、その人材の年収に応じた手数料を支払う必要があったり、前述通り掲載費を支払う必要があります。

そのため求人広告を打つことができず、管理職である店長や社員の残業が増えてしまい、結果として離職につながってしまう負のスパイラルだと言えます。

カフェで働きたい!なら直接スタッフに聞く

少し視点を変えて、カフェで働きたいと思っている方もいると思います。

オシャレな店内で、オシャレなBGM、インスタ映えしそうなドリンクの提供なども魅力的です。

給料が少なくとも、将来小さなカフェや飲食店をしたいと経験を積むために働きたいという方もいるでしょう。

そんな時は、良い店やカフェがあればスタッフに「今スタッフ募集していますか?」と一声かけてみることをおすすめします。

案外、募集していることもあります。

タリーズカフェのフランチャイズ経営

儲かるフランチャイズ経営をしたい

タリーズカフェでも同じように人件費や客単価、回転率などが課題になっているところが多いようです。

ごく最近では、『喫煙席問題』もあり愛煙家ほど固定客が多いため、喫煙スペースがなくなれば大幅な利益減になると不安を感じている経営者もいます。

タリーズカフェも食品ロスが深刻

タリーズカフェも一定量の仕入れをする必要がありますが、日によってオーダーされるメニューもまちまちでお客さんの購買心理を読むのは非常に難しいです。

一番わかりやすい例でいえば、雨天はトラフィック(来店者数)が減るため賞味期限が短いものは、ロスになってしまいます。

そのため、サンドイッチなど賞味期限が長いものを多めにオーダーする店長などもおり、必死にロスカットしないようにしています。

カフェのスタッフから転職

カフェや飲食関係へ就職した方は大半が、飲食業界内で転職を決めています。

しかし、それでも飲食店の給料は低めのため転職意欲も薄れてしまうようです。

カフェ店員と営業マンの年収格差の理由

大きなお金を動かす人材ほど年収が高くなる

380円のラテを100杯売っても38000円です。

その金額に原価が含まれているため、その金額を引けば自分の日当より安くなるかもしれません。

一方年収1000万円以上稼ぐ営業マンは、頭が良いからではなく高い商品を多く売っているから年収が高いのです。

1台800万円前後のベンツを月に5台売れば4000万円の売り上げです。

粗利益で言えば250万円ほどだと思います。

これくらいの売り上げがあれば月の給料が100万円近くても、理解できるかもしれません。

カフェの店員から転職で年収を倍以上にする

カフェの店員、スタッフという仕事は転職する上では接客業で自分を売り込む方が、年収は上げやすい傾向にあります。

接客業から販売業にまず転職すると、関わる金額が大きくなります。

販売業よりも転職業界で扱う金額が大きいのが営業職です。

営業職にも未経験採用枠はありますが、販売経験がある人材を優遇するケースが多いため、キャリア形成のためには販売業でワンクッション置いておくほうが、営業職へのキャリアアップ時に、大きく待遇や年収を飛躍させることが可能だと言えます。

今からでもすぐできる年収アップ方法は、

キャリアコンサルタントに相談をし始めることからだと言えます。

 

転職サイト1位のサイトへ エージェントで転職に挑戦 自分の年収相場を確認 書類選考なし求人を見る