COLE HAAN(コールハーン)が営業マン・ビジネスマンに人気すぎる

コールハーンオフィシャルサイトでセール中!

期間限定! 通常価格から20%OFF!+消費者還元クーポン

コールハーンを見てみる

一流養成学校で売れまくるコールハーン!

私たちが運営するサイト一流養成学校でご紹介している、一流の営業マン、ビジネスマンが使えるおすすめ靴『コールハーン』が強烈なほど売り上げをあげています。

『普通の靴』とは言わせないお洒落ビジネスマンの『オシャレ靴コールハーン』

私たちの想像を遥かに超える高評価に驚きすら感じています。

なぜここまでコールハーンが売れているのか

聞いたことがあるけど、履いたことのないブランド

 

見たことあったけど、この靴がコールハーンとは知らなかった

 

とりあえず、オシャレでやらしくない靴を探している

 

コールハーンは好きだけどグランドエボリューションを履いたことがない

 

➡︎コールハーンを見てみる

この4つの理由が多いようです。

読者からのメッセージと要望

読者の方(=一流養成学校では生徒さんと呼んでいます)は、コーディネートでもっと取り入れる方法を知りたい。

コールハーンを愛用している俳優や芸能人を知りたい。

2足目を買うならどれがおすすめ?などという意見が非常に多くありました。

今までジョンロブやザノッティ、チャーチなど話題には上がりましたがここまでの反響は靴の記事内では初めてです。➡︎営業マンにおすすめの靴のまとめ記事もあります

コールハーンを愛用する著名人

元大統領が愛するコールハーン

オバマ大統領がコールハーンを心底好みの靴だと言われており、コールハーンを愛用しています。

足を使うスポーツからはテニスのシャラポワ選手もコールハーンの愛用者です。

そのほかにも、歌手のテイラー・スウィフトやニーナなども好んで履いているそうです。

『コールハーン・ダサい』が検索候補に出る理由

コールハーンを検索すると『コールハーン・ダサい』と出てきて驚きました。

もちろん、人それぞれ好みはありますので、なんとも言えませんが、少しばかり深掘りしてみると

『コールハーンはダサいのか?→ダサくなかった』

『ダサい靴は嫌→コールハーンがおすすめ』

『ダサくてもこれを履けば大丈夫→コールハーン』

そうです、言葉に釣られて検索ワードの上位に出てきてしまっているだけでした。

➡︎ダサくないコールハーンを見てみる

グランドエボリューション ショートウィングが売れ過ぎている

洒落感・機能性の高い履き心地は高級紳士靴との棲み分けが明確

すべては『程よさ』にあり、高級紳士靴の特有である革の伸び縮みや、雨の日に革の靴底は避けたいところです。

そんな靴好きが「今日何履けばいいかな」と思った時に強い味方なのがコールハーンという靴です。

最初から履き心地が良く、程よい洒落感。

やらしさはないが上品にまとまるコーディネート。

使い回しがしやすいから色違い・形違いで揃えておきたくなる靴。

「今日は勘弁・・・」という雨の日でもグランドエボリューションのソールはストレスも靴へのダメージも軽減できます。

コールハーンの『グランド』は、快適性をもたらすトレンディで先進性の高い高機能な履き心地を実現するシリーズに用いられる総称です。

コールハーンでは「グランド.OS」と名付け、数多くのコールハーンの取り入れられています。

ソールのカラーが何より特徴の「グランドエボリューション」は、今までコールハーンを紹介してきた記事でも取り上げてきました。

特にショートのウィングチップは程よい洒落感がビジネスマンの心を掴むようです。

コールハーンの履き心地はどこまでいいのか

履いた心地がしないほど、しなやかで膝や腰への負担やストレスも軽減するように感じさせる独自の軽量化する技術が一番わかりやすく履き心地を実感します。

しかし、実際もっと深掘りすると、足を踏み出す際の力量をサポートする機能が搭載されているのがグランドエボリューションの特徴です。

夕方のむくみ始めた足の味方になるのは、いうまでもありません。

➡︎夕方の足の辛さはグランドエボリューションで改善できるかもしれない

『月面を歩いている感覚』をコールハーンはビジネスマンの足に

ナイキのエアシステム『ルナロン』を採用したコールハーンのソールは「月面を歩いている感覚に近い」と言われるほどエアリーで無重力感を感じる軽やかな足取りになれるようです。

コールハーンのソール交換ってできない?

コールハーンのグランドシリーズなどは、最先端技術を使っているため、口コミや評判ではオールソール交換はできないということも言われていますが、実際はあのエアーソール系にせずビブラムソールなどに交換するので街の靴修理屋さんでも可能なところが多いようです。

おおよそ修理代は12000円ほどで交換可能です。

表革はデザイナーズブランド顔負けのクオリティのため磨けばハイシャインもできますし、コールハーンは1足で2度履き心地を変えることができる靴とも言えます。

➡︎ハイシャインを施すとこんな別の顔をゼログランドは見せます。

*参考インスタグラムより

コールハーンのワークブーツはビジネスシーンだけでなく、チノパンやカーゴパンツ、デコパンにもマッチします。

一足あればかなり使いまわせそうな靴が多くあります。

View this post on Instagram

秋の装い ② (boots , coat & ring) 穏やかな陽気となった金曜日の昼下がり。カーゴパンツにキャメルのコートを羽織り、これから会社へ向かいます。 焦茶のワークブーツはコールハーン。左手にはピアジェのポセションリングを填めました。 コートはバナナリパブリック。同系色のコーデで纏めてみましたが、いかがでしょうか。 #boots #coat #ring #watch #gold #colehaan #bananarepublic #piaget #franck muller #casablanca #18k #ワークブーツ #コート #ピンキーリング #腕時計 #コールハーン #バナナリパブリック #ピアジェ #フランクミュラー #カサブランカ #2852 #お洒落さんと繋がりたい #おしゃれさんと繋がりたい #秋の装い

A post shared by 室岡芳秀 (@yoshihide.murooka) on

*参考インスタグラムより

フリーランスやジャケパンなどスーツじゃないシーンで活躍するのもゼログランド。

この下のコールハーンのオフィシャルアカウントで履いているシューズも、紺のアンコンスーツやジャージー素材のセットアップスーツなどに、夏ならシアサッカーのジャケットなどにマッチしそうです。

*参考インスタグラムより

最高5足購入した読者さん

意外なお気に入りの一足はこれ

イタリアのプレミアムカルフレザーを使用している表革。

ノーズを少々短めですが、タブル幅4cmくらいのスーツに合います。

何より驚きなのは、こんなに綺麗なコバ(表革と靴底を縫い合わせている外周部分)をしていて、一見普通のプレーントゥの靴に見えますが、なんと、グランド.OS仕様のインナーソールを使用しています。

そうです。ほぼ外からは分からないのに履き心地は、軽やかでクッション性が高いのです。

そして、足の重心を支える部分(ポッド部分)はグリップが高く、出張で日本海側など雨が多い地域などでも安心して履けます。➡︎コールハーンで同じ靴・似ている靴を見てみる

靴の関連記事はこちら

【おすすめ】営業マンの靴ノウハウをまとめる

高級紳士靴、ビジネスシューズを買えば、靴底チェックする