アパレル販売員が圧倒的な年収を得る方法

アパレル業界は非常に煌びやかな世界です。

世界のトレンドを自分が先導している気分になれる職業です。

しかし、アパレル業界の年収は非常に低く一流の近くいるはずなのに、100人に1人すら年収1000万円を超えることができないでしょう。

そんなアパレル業界でどうにか年収をあげたい向上心ある人だけがこの記事を読んでほしいと思います。

アパレル販売・店員のための”一流”転職方法

アパレル販売員で年収を圧倒的に上げる方法

・目標年収を決める

 

・得るために諦めるものを決める

 

・長期戦を覚悟すること

 

・支援者(パートナー)を多く見つけること

自分はアパレル業界でいくらほしいのか

おそらく現在アパレル業界にいる人たちで年収500万円超えているのは、一握りだと言えます。

そして、500万円を超えているとすればある程度のデザイナーズブランドかラグジュアリーブランドに勤務していて、年齢は30歳を超えている場合が多くあります。

逆に言えば。年収500万円を超えている頃には、他の業界で活躍する営業マンより3倍以上の年収差がついた時にしか年収500万円を超えることはないと言えるでしょう。

20代で目指すならば500万円以上

30代で目指すならば700万円以上

40代で目指すならば850万円以上

この10年を基準に自分の理想の年収を決めてください。

ちなみに今の年収すら1万円単位がわからなければ、年収が上がる可能性は50%下がると考えるほど危険です。

年収を上げるために必要なキャリア

自分自身のキャリアをまず育てなければなりません。

アパレル業界で圧倒的な年収を得るためには諦めるものも必要となってきます。

これはアパレル業界に限ったことではないのですが、特にアパレル業界は、この『腹づもり』がヌルいのが特徴です。

年収を得るためには耐える時期も必要です。

その本気がなければ、圧倒的な年収を得ることは不可能だと言えます。

➡︎本気で転職すると決めた時に3分で読むべきコンテンツはこちら

➡︎自分の市場価値・年収をまずは確認したいなら、このコンテンツへ

支援者(パートナー)を多く見つけること

これは、自分自身が行動をしなければならないことです。

圧倒的な年収を渡せるブランドは限りがあり、ポジションはわずかです。

しかし、確実にあります。

その支援者になるのは、不動産でいうブローカー(仲介人)です。

ある程度の規模のブローカーが必要になってきます。

アパレル業界に強いエージェントやヘッドハンターとのネットワークを作る必要があります。

DFS(空港免税店・デューティーフリーショップ)以外でエルメスの販売員になるには真っ向にブランドと話しても可能性は低く、新入社員の年収に戻ってしまいます。

これがアパレルやラグジュアリーブランドの弱いところです。

現職以上の年収とポジションを得る方法

ここからは簡単です。

自分のことを自分でべた褒めすることは案外難しいものです。

私は、容姿がズバ抜けて優れています

 

私は、パリコレレベルのスタイルです

 

私は、有名芸能人を顧客で担当していました

 

私は、今の会社で部下を20人抱えていました

全て自分では言いにくいことばかりです。

しかし、AさんをB社に上記の内容をプレゼンテーションするのは簡単です。

これが、アパレル業界で生き残り、勝ち抜くためのポイントです。

そして、新しいブランドに転職して、ブランドバリューと共に年収を上げていくときは、次の転職のことを考える隙間がなくなります。

そこで、転職エージェントやヘッドハンターとのネットワークが活きてきます。

➡︎ラグジュアリーブランドへ転職するための記事を読む

転職エージェントやヘッドハンターは、販売員とは全く逆の立場です。

年収を多く払えるブランドのポジションを知っているけど、自分では販売員になれない人なのです

そして、質の高い人材を探し回っているのです

その需要と供給のマッチングをさせる行動を常に起こしながら、圧倒的な年収を受け取り、アパレル業界の『一流』を目指せば年収1000万円も見えてくるでしょう。

圧倒的に年収あげるならば、プロこそプロに任せる

アパレルの販売員・ファッション業界にいる人たちは、『ファッション』が好きです。

そして、服のプロです。

素人のコーディネートとは、全く別物であり、コーディネートや提案自体が『作品』だと言えるでしょう。

そんなプロがキャリアの交渉がプロフェッショナルにできるわけがないのです。

プロはプロの仕事をして、プロにキャリアを育ててもらい両張りで圧倒的な年収を稼ぎましょう

【転売OK!?】アパレル販売員の社販ってどれくらい安い?店で着る服は自腹?

『買わない客』を見極める方法【アパレル編】

アパレル販売員の年収が少ない理由は『ノルマなし』