看護師1年目の転職事情「辞める!」「辞めた!」看護師必読!

看護師として入社1年目の新人看護師のほぼ100%

「もうやめたい!」「もう辞める」と、発狂してしまうことがあると思います。

他人の命を預かり1つのミスで患者を死なせてしまう看護師としての仕事の重圧で潰れさうになることもあります。

また、社会人としても1年目で、環境に慣れるだけでも体力を多く使うことでしょう。

そんな看護師1年目で本気で転職を考えている方へ、転職をすることへのリスクや流れ、転職先を決めるのに確認するポイントをお教えします。

社会人一年目での転職は看護業界でもリスクがある

看護師の求人募集をしている施設はたくさんあります。

正直1年目の看護師でも求人登録サイトに登録すれば多くのスカウトがかかるでしょう。

しかし求人を常に出しているような施設は何か離職率の高まるポイントがあるのかもしれません。

転職して一流の看護師を目指したければ、学んだことを生かし自分のライフスタイルにあった職場選びをしましょう。

社会人1年目、看護師の転職というハードル

まず第一に1年以内に就職した会社を辞めてしまうというのは社会人としての信用問題が問われます。

通常どこの企業でも1年かけて仕事を教え、ようやく独り立ちできる頃に辞められると人件費と利益の割合が合いません。

なので、採用してもまたすぐ辞めてしまうのではないかと怪訝されます。

つまり1年目の看護師は普通の転職活動ではなく、一流の転職活動をしなければなりません。

看護師募集の求人に未経験歓迎や経験者歓迎などと書かれていても、それのどちらにも当てはまらない1年目の看護師が狙う枠は『第二新卒』です。

第二新卒枠とは

新卒で就職してから1年以内に転職活動をおこなっている求職者を『第二新卒』と呼びます。

看護学生の時に自分なりに選んで就職した施設が自分のビジョンと違うこともあります。

優秀な看護師を逃さないようある枠が第二新卒枠です。

看護業界が第二新卒を雇うメリット

・新卒と同じようなフレッシュさとやる気がある

→体力勝負の看護師の世界では若い体力はとても重要です。

・最低限のマナーが身についている

→老若男女様々な人とのコミュニケーションを取る上で最低限のマナーは必要です。

・学生のノリから少しは成長している

→チーム医療を学生の時の友達の輪だと勘違いする新卒の人もいます。学生と社会人の気持ちのスイッチ少しは切り替わっている。

・看護師の仕事へのミスマッチ度が低い

→一度施設選びを失敗している分学んだことも多いことから希望条件などをしっかり把握できていることが多いため。

・社風に馴染みやすい

→残暑くが短い期間での勤務のため染まっておらず新しい社風にも馴染みやすいから。

看護師の転職参考記事

看護師の転職、『引く手数多な看護師』だからこそ注意するべきこと

1年目の新人看護師は上記の記事にプラスして、なぜ今の職場を1年も経っていないのに転職したいのかを考えなければいけません。

なぜ転職したいのか聞かれた時の回答は?

・拘束時間が長く自分の時間が持てなかったから。

→定時ぴったりで帰ることは看護師はほぼ不可能と言えます。時間外労働の融通が利かないのかと解釈されてしまう可能性があります。

・人間関係がうまくいかなかったから。

→1年も経たないのに人間関係が築けるはずないでしょ。と、判断されます。

・雑用ばかりで処置の方法などを教えてもらえないから。

→もし自分の家族が患者なら、経験のない新人看護師に命に関わる処置をして欲しいでしょうか。そしてはじめは興味本位でももしもの時にその責任を取れるだけの心の準備は整っていますか。

このような回答では、どこの職場に転職しても同じことの繰り返しになるため、現在の職場で看護師経験を積むことをオススメします。

面接時には相手の利益になる点を強調する

転職理由は自分にも転職先にとっても利益がないと成立しません。

新人看護師は学校と提携している病院も多く、就職活動に悩んだことはないでしょう。

しかし転職する時には一般社会人と同じく工夫をしなければいけません。

転職理由には看護師としての自分のアピールポイントを混ぜ込みます。

『教育環境の整った病院で勤務したい』ことをアピールする

看護師として〇〇院に就職しましたが、研修制度がなく困ることが多くありました。

 

まだ看護師としての経験が浅いので、知識や技術を取得するための勉強する環境が整っている病院で働きたいと思い転職を決めました。

 

その中でも貴院は研修やOJTなど、看護師教育に対するサポート体制が整っていることに、大変興味を持っております。

 

勉強をしながら一日でも早く即戦力となれるよう、看護スキルを磨いていきたいと思います。

ポイントは、決して現在看護師として働いている病院の愚痴を言わないことです。