できる営業マンの『スキンケア』でモテ力UP

できる営業マンの『スキンケア』でモテ力UP

できる営業マンの『スキンケア』でモテ力UP

営業マンの肌荒れは年収を減らす?

女性より男性の方が乾燥肌なことを皆さんはご存知でしょうか。

ご存知の方も多いと思いますが、男性の肌は女性の肌に比べ水分量が少なく皮脂が多いことが特徴です。

皮脂が多いため肌の表面にテカリが出てしまいます。

CMなどでいうギトギト肌・テカテカ肌と呼ばれる状態を言います。

特に30代は男性も女性と同じように『肌の曲がり角』になる時期なのでスキンケアは非常に重要です。

仕事ができる男は肌が綺麗。綺麗な肌の男はモテる

BULK HOMME

できる営業マンの『スキンケア』でモテ力UP

モテる営業マンは肌荒れを嫌う

営業やプレゼンなど人前で話す機会の多い人は、スーツや髪型、腕時計などに気を遣います。

しかし『モテるのに、仕事までできる営業マン』ほど、スーツや髪型の前にスキンケアをしっかりして自身の肌質(コンディション)を整えます。

結果を出す営業マンはサウナ好き

できる営業マンはサボってサウナに行く

今でこそサウナブームが経営者の中でも起こっていますが、昔からできる営業マンやお金持ちは『サウナ好き』が多い傾向にあります。

毛穴という毛穴から汗が吹き出し詰まっていた老廃物が『汗』として目に見える結果でわかります。

営業マンで顧客に誘われ高級スパやサボってスーパー銭湯やジムのサウナに入りに行くこともあるはずです。

実際、皮膚科のドクターは高温は肌に良くないとも言いますが、老廃物が出て良いのも確かだと聞きます。

スキンケアが面倒な営業マンはまず『ワセリン』

営業マンがガサガサの唇は不健康に見える

ワセリンは万能で、リップクリーム、ケガ、靴擦れ、レザーの緊急保湿など様々な使いみちがあります。

そのため海外のエグゼクティブはワセリンを持ち歩いていることが多いです。

➡︎保湿効果のあるシルクパジャマとは?の記事を読む

出張は思わぬ肌トラブル(髭剃り負け)が起こりやすい

飛行機は非常に乾燥していて、現地に着くと気候や水の変化で体調を崩す人も多く、その中でも肌トラブルは盲点です。

男性の場合シェービングする部分の赤みなどが髭剃り負けしている人をよく見かけます。

できる営業マンはいつもと同じ髭剃りで同じシェービングクリームを使い、自分のコンディションを整えます。

そのため、髭剃り負けをしている『高収入な営業マン』はなかなかいません。

スキンケアより肌荒れさせない習慣作り

その代わり、シャワーなどでもゴシゴシと強くこすらないようにしていますし、なるべく無添加のものでどこにでも売っているようなものを選んでいます。

ワセリンは万能で、リップクリーム、ケガ、靴擦れ、レザーの緊急保湿など様々な使いみちがあります。

そのため出張の時には必ずワセリンを入れていきます。

営業マンのスキンケアは『香料』に注意

無香でもスキンケア商品はわずかに香るものです。

なるべく香料は少なく、清潔感のある香りを選ぶと『匂いの好み』で印象を下げるリスクを減らすことができます。

営業マンの香水・匂い事情

最近はデオドラント、消臭なども含めアイテムはたくさんありますが、ビジネスマンはあくまでも無臭で健康的なのがベストです。

多少日焼けをしているくらいの方が印象も良いです。

【2021年改訂版】できる営業マンやお金持ちが日焼けしている理由

営業マンはまずこまめに洗顔

できる営業マンは顔を洗う

男性のスキンケアも女性のスキンケアも基本は非常にシンプルです。

毎日帰宅後は洗顔をする。

乾燥肌であっても洗顔は欠かしてはいけません。

BULK HOMME

なぜ洗顔が男性のスキンケアで重要なのか

人は何か顔を触ってしまうものです。

外気や紫外線にさらされ、手についたウイルスや食べ物など様々な汚れが顔にはついており、お尻よりも多くの菌が潜んでいると言われています。

まずは洗顔でその汚れを落としスキンケアしましょう。

正しいスキンケア汚れを落とした後は保湿です。

BULK HOMME

トップセールスマンの額は自信に満ちている

テカテカではなく健康な肌ツヤ

正しいスキンケアは保湿スキルが重要でスキンケアのはじめは化粧水からだと言われています。

特に30代男性は自己判定で「自分の肌はオイリーだから」と思い込んで保湿をしない人が多くいます。

そもそも化粧水自体、男が使うものではないと考える人もまだまだいます。

しかし、今までスキンケアをしてこなかった方も必ず化粧水は使い自分の肌のオイルコントロールをしっかりする必要があります。

乾燥をカバーするために肌が異常なほど皮脂を出していることがテカリの原因のことが多くあるからです。

BULK HOMME

男性のスキンケアは化粧水が重要

乳液やクリームより肌のベースを作る源

乳液やクリームではなく化粧水の理由は、洗顔により汚れなどが取り除かれて開いた毛穴に浸透させるためには小さい分子の液体が必要です。

要するに乳液やクリームは化粧水より分子レベルで粒が大きいため浸透させていくためには化粧水が重要なのです。

保湿力のある化粧水であればこれだけでも問題ありません。

カミソリ負けなどがある方は乳液もしくは美容液もつけてください。

BULK HOMME

できる営業マンは知っている『髭剃りのタイミング』

営業マンの肌トラブルのほとんどが『髭剃り負け』

敏感肌な方は洗顔前が良いとされています。

電動やT字カミソリは髭だけでなく肌の薄皮も一緒に剃っています。

これがカミソリ負けの原因となるからです。

逆に肌が強い人は、お風呂上がりや洗顔後で毛穴が開いていているほうがヒゲも柔らかくなり剃りやすいので洗顔後が良いと言われています。

BULK HOMME

できる営業マンに多い『ヒゲ脱毛』

「剃刀負けをしてしまう」「毎日のシェービングが手間」「ニキビやアトピー肌」の30代以上の男性利用者が急増している『ヒゲ脱毛』に注目が集まっています。

『メンズ脱毛』や『ヒゲ脱毛』と検索すれば全国に美容整形外科やメンズ専用のエステサロンがあります。

利用者の多くは現役で働く30代営業マンやビジネスマン・経営者に医者・美容師などです。

BULK HOMME

ヒゲ脱毛の基礎知識

ヒゲ脱毛は2.3ヶ月に一回サロンに通い薄い人で6回濃い人で12回ほどでヒゲがほとんど生えてこなくなります。

なぜ一回ヒゲはなくならないのか。

肌の毛穴には活動しているものと、そうでないものがあります。

これを『毛周期』と呼びます。

毛周期の毛穴には毛乳頭というものがあり、これを焼き切ることで毛が生えてこなくなるという仕組みです。

初めての施術ではこの毛乳頭が大きいため比較的強い痛みがありますが、これは回数をこなしていくとほぼ感じなくなります。

『できる男』はムダ毛がない、『モテる』一流の脱毛術を厳選紹介

今日から始める男のスキンケア

モテる営業マンになるには肌荒れできない

いつからでも始めることができますが、肌質は『見た目9割』と呼ばれるビジネスシーンでは非常に大きなウエイトを持っていると言えます。

ただ、丁寧に洗顔をして、化粧水を塗る。

そしてヒゲを剃る時は自分の肌質に合わせて剃るということだけです。

清潔感を格段にアップさせるために今日からできる男のモテるスキンケア始めてみませんか?

広告:

BULK HOMME

関連コンテンツ

営業マンの抜け毛・急にハゲが気になる!

できる男は『パジャマ』に投資する

営業マン養成講座カテゴリの最新記事