保険業界が自己破産に厳しいのは本当なのか?

保険業界が自己破産に厳しいのは本当なのか?

保険業界が自己破産に厳しいって本当?

保険業界は何かと不思議な棲み分けがたくさんある業種です。

金融庁管轄、代協と呼ばれる代理店協会、生保・損保共に協会があったりと慣れないうちは保険業界がどう動いているか把握するのも難しいと思います。

正直な話でいうと、現場ではグレーゾーンな出来事も多いですが、金融業扱いで資格や届けなど、不動産業や輸出入業並にシビアに管理されている業界です。

しかし、それだけ保険営業という仕事は比較的身近で大きなお金が動く分野だということは知っておくほうがいいかもしれません。

不動産も同じですが、扱う金額が多くなればなるほど稼げる業種だと言って間違いはないです。

だからこそ、本気でお金なくて転職したい!という人材があらゆるところから出てきます。

保険業界の『自己破産』は厳しい理由

自己破産を在籍中にしたらほぼ100%仕事はできませんし、転職もしばらくはできないと思った方がいいでしょう。(でも100%ではありません)

他の業種の会社は自己破産してもバレないと言えばバレない仕組みになっています。

官報には掲載されますが、毎日官報チェックしてる中小企業は会社あまりありません。

しかし保険は保険募集人と言う『保険の営業している人』という届け出を生命保険協会などの協会に提出し認可をされないと保険商品の販売はできません。

その保険募集人になる条件で自己破産などがあれば保険募集行為が実質できないような表現があります。

というのも自己破産した後は『破産者』という期間があります。

破産者という期間は不動産業界でも同じように宅地建物取引士も条件規則があります。

やはり、大きなお金を取り扱う仕事は『自己破産している人』に非常に厳しいと言えます。

保険業界の自己破産後の入社は身元調査でバレる

保険会社に入社する時適正検査などいくつかの試験があります。

その中で身元調査・信用調査はされます。

そして自己破産や借入金額、ファイナンスブラック、反社会的勢力との繋がりなど全て宣誓しなければ入社できません。

そもそも消費者金融からの借入があったり、滞納履歴など金融ブラックリストに載っている場合、保険業界で仕事をすることは難しいです。

自己破産したことがあっても保険業界に入社できるって本当?

実際、規約事項では前述のような表記はありますが、中にはありえるだろうな、と思わせる抜け道に似た部分はあります。

というのも保険の代理店を専業・兼業問わずに経営していた人が、自己破産した後に知り合いの保険代理店に雇われで営業になる場合。

保険会社と違い保険代理店ができる信用調査は限られてきます。

それに雇う雇用主が元々自己破産していることを知っていて入社させることは保険業法上グレーな部分です。

もちろん、保険会社に入社するのはそれ以上に難しい話だというのもお分かりいただけるはずです。

法律・規則には抵触しませんが、普通に考えて人事とか採用担当者が居て自己破産歴が出た場合不採用に書類審査の時点でします。

保険代理店って自己破産に厳しいって本当?

保険代理店を経営しているとか、個人代理店の場合の自己破産はどうなのか?

そもそもこの内容を知りたい方や対象になる人がこのサイト読んでなさそうですが

自己破産中は保険代理店業はできません。

というより保険の代理店業はもっと自己破産に対して厳しいです。

そのため代理店の店主は誰か友人や知人に任せて自分が雇われの身で『事実上の店主』になる方がまだ現実的だと言えます。

外資系の保険会社って自己破産に緩いって本当?

外資系なら自己破産とか調べられないって本当?

それはありません。

外資系保険会社でも信用情報はしっかり確認しています。

昔々はそんな噂もあったそうですし、調べる手段も限られていたのであり得るんかもしれませんが今は難しいでしょう。

自己破産を行なって長期間経っている人なら法律にはどこの保険会社でも違反してないため働けないことはないはずです。

しかし、自己破産を経験している人が保険の募集行為をしているかとというと別問題だと言えます。

自己破産している人は保証人を立てにくい

保険会社に入社する場合、一般的な企業よりも身元保証人の人数は多く提出させられる傾向があります。

実際私も困った経験があります。

私の場合は離婚していて、親も離婚していて、頼める人がおらず苦労しました。

そういう時はやむを得ない事情として、正直に話せば稟議出してくれます。

逆に、中途採用で中には上場企業の社長が親戚だからという理由で、保証人1名という人もいました。

自己破産している人の保証人には極力なりたくないはず。

そんな理由もあって採用フィルターで、保証人を複数人求めて入社しにくいようにはしているのが保険業界です。

保険代理店の少しグレーな採用審査

これ公にあんまり言わないほうがいいと思う話ですが、余談として・・・

入社する際に入社日までに揃えるリストを渡されます。

  • 指定するメガ系の銀行口座を自分名義で給料振り込み口座として作るように言われます。
  • あとは会社の経費立て替え用などという理由で指定のクレジットカードを申し込みさせます。

どちらか提出できない或いは全て作れないと不採用です。

身元調査費用かけたくないような小さな代理店とかがいまだにやっているようです。

確かにメガバンクの口座は信用情報調査を行いますし、クレジットカードも滞納歴確認を行うので、少なくとも直近でどちらも何かあった場合は作れないものばかりなのです。

保険営業マン・セールスが読むべき本【おすすめ一覧】

 

【中古】 いつもトップの保険営業マンはここが違う 保険セールスで成功する「必要条件」 / 津田 秀晴 / ぱる出版 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

楽天で購入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンチをチャンスに変えるクレーム対応術 金融機関職員&保険セールスのための実践ノウハウ /近代セ-ルス社/谷厚志/谷厚志、山中こうじ/【中古】afb

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

出世の教科書 [ 千田琢哉 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/11/16時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

存続社長と潰す社長 3300人のエグゼクティブから学んだ異色コンサルタ [ 千田琢哉 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/11/16時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保険業界コラムカテゴリの最新記事