欲深い営業マンがお客さんを逃す理由、感謝される営業マンの差

欲深い営業マンがお客さんを逃す理由

営業マンという仕事は、常に結果を求めて動き続けるのが仕事です。

しかし、欲にまみれた思考は相手になぜか筒抜けになってしまいお客さんが離れていってしまいます。

一方、一流の営業マンは結果を追い求めているにも関わらず『欲深い』と思われず、むしろ感謝される営業マンになります。

今回はそんな欲と感謝をされる営業マンの差を、お話していこうと思います。

欲深い営業マンはなぜお客さんは離れていくのか

欲深い営業マンは、『結果を出したいから売る』という考えで行動をしています。

営業の世界に入りトレーニングを一度でも受ければ、そのマインドが完成し築かれ始めてしまいます。

しかし、実際は『売れば結果が出る』というのが正解で、言い方の差に思えますが大きく違いが出てきます。

結果を出すために売る営業マンは、結果のためならばあらゆる提案をします。

結果=お客さんの満足ではなく、営業マンの年収=結果となってしまうのです。

一方、感謝される営業マンは『売れば結果が出る』と考えます。

売れる=お客さんが欲しがる、結果=お客さんの満足となるのです。

お客さんの満足は最後に、感謝に繋がっていきます

一流の経営者は欲深くならない方法を知っている

経営者は、お金を呼び、お金が更にお金を生むサイクルを作ろうとします。

しかし、一流になるか金儲けに必死だと思われるかは欲への向き合い方だと言えます。

心の問題だと一括りにするのは簡単ですが、心が結果として『お金に繋がっていく』ならば、心のあり方を学ばなければならないのです。

一流の経営者になる道を見つけると『瞑想』のスキルを身につける

一流の経営者は、周りに一流だと言われる前に『欲との付き合い方』を真剣に考え向き合います。

その時に、欲やお金という執着を切り離し、自分が何をするべきか整理する時間や空間を求めるのです。

そんな心との会話をするのが、瞑想です。

今では世界中の経営者が瞑想について学び、『知足』の心を知ります。

『足りることを知る』ことにより、自分とは何か、相手のために何ができるのか、自分は何をするべきなのかを欲を切り離して考えるのです。

欲しいものは次々と出てくる人間の欲深さ

人間は欲しいものを手にいれると必ず次に欲しいものが出てくるようになります。

敏腕営業マンも同じで、人より多くの年収を稼いでいても、あと1万円でも多く手に入れたいと思います。

ブランドのスーツを着たいと、念願叶った営業マンも、スーツを買えば高級な靴が欲しくなり、時計が欲しくなります。

これは永遠に切り離さない限り生み出てくるものです。

この永遠に生まれる『欲』が営業マンの目をドルマークに買え、提案が1円でも多く儲けてやろうという考えになり、商談中にこぼれ落ちるのです。

欲を求め、感謝される最強の営業マンとは?

自分の欲を度外視して、

商談相手に一番ベストな提案をすることが

感謝をされる営業マンの特徴です。

感謝をされるのは値引きだけではない

営業マンとお客さんの温度差は『値引き』にある。

感謝される営業マンは『値引き王』ではありません。

むしろ、欲深い営業マンと思われている人のほうが値引き額が大きい傾向にあります。

なぜ、そんな結果になるかというと、欲深い営業マンは1客1客を大切にするのではなく『数打って儲ける』姿勢です。

そのため値引きで商談を刈り取り、満足を得る考えには触れずに契約を交わすのです。

一方、感謝される営業マンは値引きではなく、本当に必要なものを提案し、何が必要かを説明できるスキルを持っています。

この提案力は結果として、値引きではなく提案という『付加価値』に繋がるため『感謝』と『利益率』が高くなります。

そして値引きで刈り取る営業スタイルでは、顧客のグリップ力(=他社へ流さない力)が弱く、今以上の値引き提案をされると負けてしまいます。

しかし、感謝をされる営業マンは、提案力にお客さんはお金を支払っているため『この営業マンでないといけない』とグリップが高まり、紹介なども多くなります。

欲深い営業マンと感謝される営業マンの差は『提案』に差がある。

欲というのは人間は抑えることができても、抑えすぎると向上心も減ってしまいます。

そのため人間は欲を生み出すのが上手です。

しかし、営業マンという仕事で成功するのであれば、どうすればお客さんが喜びお礼を言いたくなるのかがポイントだと言えます。

売れる営業マン、敏腕営業マン、一流の営業マンでこのことに気づいてる人は少なく、気づいたとしても人へ他言することも少ないため、中々心得ることが難しいですが確実にお客さんとの関係を深める商談ができるようになるのでトライしてみて欲しいと思います!