営業マンがリーダーとなる時に知っておくべきこと

営業マンがリーダーとなる時に知っておくべきこととは?

営業マンや販売員は結果を出し、お客さんや社内でその結果が認められた時に初めて『リーダー』というポジションに就きます。

そのリーダーになることは、役職名に関係なく今後に人生や自分の生涯年収、地位などを大きく左右する重要な機会です。

今回は、そんな営業マンや販売員などすべての業種で初めて『リーダー』となる人に知ってもらいたことをわかりやすくお話しようと思います。

リーダーに求められるのは完璧ではなく『順応性と応用力』

リーダーに求められることは、ノーミス・ネバーギブアップの精神だと私は教わってきました。

しかし、実際自分がリーダーになったとき自分はノーミスでもネバーギブアップの精神も持ち合わせていませんでした。

今となって思うことは、リーダーにとって必要なことは『完璧』であることではなく『対応』できるかどうかという本能に近い部分で判断する能力だということです。

そして、様々な事案や案件、ハプニングから逃げずに『ミスをしながら』も、経験を活かし『応用』しながら乗り越えていくことだと言えます。

リーダーはあらゆるニーズという『色』に応えられる人をいう

具体的にはリーダーは白から黒までの24色のクレヨンを持っている人間ではなく、赤と青を混ぜて紫色という色を作り出せる人間がリーダーになれると私は思っています。

お客さんのニーズ・経済・景気の情勢・率いるメンバーの個性、上司のニーズ、予算などあらゆる条件が常に異なるのがビジネスの世界です。

それはみなさんが一番痛感していることでしょう。

あらゆるニーズは仮に24色のクレヨンで対応するのは無理があるのです。

青みがかった黒も、白に近いオレンジ色も、ピンクでもなく赤でもない色。

そんな色を作り出すのが、みなさんに課せられたミッションです。

生まれ持ってのリーダーは居ない

リーダーシップ論やトレーニング、ティーチングやコーチングの講義をしていると「元々リーダーに向いているタイプ」などという話が上がります。

しかし、そんな『元々』というのは人生を生きてきて作り上げた妄想であり、イメージです。

生まれ持ってのリーダーはおらず、誰もがリーダーという経験をして得意か不得意かを『目先の結果』だけで判断しただけのことです。

この見出しで言いたいことは一つです。

今までリーダーになってこなかった人、学級委員長や班長、ボスと縁遠い存在の人も元々は初めて『リーダー』という経験をして『ミス』をしながらリーダーになっていったということです。

リーダーになるのではなく、リーダーにしてもらう

リーダーという人間のやることは『責任』を追い『責務』を完うすることです。

リーダーは「今日から俺がリーダーだ!」と言ったところでスタッフも部下もお客さんも付いてきません。

リーダーというポジションは任命されたとしても、リーダーにはなるのではなく周りに支えられてなるものだと信じておくことです。

アメリカ海軍は『リーダーとは何か』を設立当初から追っている

アメリカ海軍は海軍が設立してから今日まで、『リーダーとは何か』を追い求めていると言われています。

アメリカ大統領も軍の司令官も、軍を率いる隊長ですら『リーダー』というポジションの意味を考え悩みながら『一流のリーダー』となり活躍しているのです。

そして、もちろんこの場で『リーダーとは何か』をお伝えできないのは、リーダーとは何かという明確な答えは現場という社会や現場、経済の中でまだ出ていないからです。

しかしリーダーとなり成功している人は多くおり、人を支えグループや経済、企業を支えています。

それでも重複して言えることは『リーダー』とはミスしない人間ではなく、応用して問題に適応できる順応力を持っていることが重要だということです。

みなさんの活躍をお祈りしています。