部下ができたら絶対使ってはいけない『キミ・君』

ビジネスのシーンで体育会系の企業が学歴主義な堅苦しい企業など、言い方は悪いですが、様々な企業があります。

そんな企業や会社でようやく部下ができたときに、絶対に部下に信頼を得られない言葉を『君にだけ』お話しましょう。



『君』と人を呼ぶ人は古い年功序列系サラリーマン

君と呼ばれ続けてきた結果、自分に部下がついたため『君、キミ』と連呼する。

朝礼や終礼、会議で『君たちは・・・』と口癖のようにいっている人間が上司になってしまったときはどちらか異動が立場逆転の下克上勝負を仕掛けない限りストレスフルな毎日を送る悲惨な日々になると思ったほうが良いと思います。

なぜ『君』と呼ぶか

君という言葉は約30%以上の人が『見下している・偉そうだ。』と『モラハラ・パワハラ』とまで感じているそうです。



できない上司が皆さんを呼ぶ理由

自分の立場を誇示したい

 

自分に能力の高さを誇示したい

 

上下関係を明確にするための虚勢を作る

 

相手を下に見ている

 

相手を馬鹿にしている

 

年下だから

 

部下だから

 

特に意味がない(これは論外です。)



一流のビジネスマンや経営者は君とは呼ばない

この数年で年商100億単位の企業でも部下に『君』と言っている管理職で一流のキャリアを持っている、或いはスキルをもっている人はほぼいないです。

むしろ、役員など重役のポジションになればなるほど、名前も顔も知らない社員に声をかける機会が増えますが、その都度、ファーストネームで呼ぶ文化が浸透しています。

これは恐らく、日本企業に外資系の文化が入ったからでしょう。

外資系の企業のボスという人たちは、ファーストネームでフレンドリーにコミュニケーションを取る傾向があります。



外資系の企業はクライアントなどには「Mr.takie!」とハンドシェイク(握手)をすることが多いです。

そして、親しいクライアントになると「Mr.Take!!」「Mr.yoshi」と略すことが増えてきます。

君と呼んで良い時代はもう過ぎ去った

「君を愛している」「君だけに」「君が好き」

そう言われてもときめく女性はもういないでしょう。

ラブソングやドラマくらいです。



もしも60代くらいの男性が20代の女性にプレゼントなどをすることがあったとしても、「君に、似合うと思って」と言えるだけのジェントルないとはいないでしょう。

仮にも『君』と言っていたら今から変える

人間は変われます。

すぐに変えなければ部下は、どれだけ愛情をもってアドバイスしても話を心で吸収することはないでしょう。

そして、「滝枝君」などと名前に君付けも完全に、古い。



キャリアコースからは辞退するか、いますぐ「滝枝さん」に変えるべきです。

その日から、呼び方を変えた人だけが、「何か〇〇さん、変わったよね」と良い噂がオフィスを埋め尽くすでしょう。

管理職や、上司になった瞬間にプレーヤーである営業マンから『率いる』グループごと向上させなければならない立場になったのです。

そのグループすらコントロールできない人材は、その上のキャリアにはいけません。

「キミ」と呼ばれて見下している上司のために働きたくない。

「キミ」と呼んで見下していない部下にそっぽを向かれたくない

それなら『キミ・君・〇〇君・〇〇クン』は今日でやめましょう。