ウブロの資産価値は上がる。腕時計という現物資産は化けると大きい

滝枝氏が急に言い始めたことで、一流養成学校としては、追いつけていない記事を今書いています。

前振りがいつも長くなるので先に本題をお伝えすると、滝枝氏曰く、ロレックスのデイトナなどの中古販売価格が正規店の販売価格を上回っているという歪なマーケットをずっと滝枝氏は興味を持っていました。

ロレックス以外にそのようなことが起こりそうなブランドも考えた結果パテックフィリップは安定的な資産として持っていられると判断していました。

しかし、ここにきて、ウブロのトレンド熱が停滞し、下降しないことが滝枝氏は予想外だと言っているのです。

これは悪い意味ではなく良い意味であり、FXでいうと一段下げからナイアガラ(価値が下降)が、青天井になる可能性を感じていると言うのです。



ウブロがなぜ今、資産価値が急上昇する可能性が上がっているのか

ウブロは今まで比較的在庫の供給も多く、販売数もさばけているブランドでした。

それが最近では『予約待ち』が増えているということに注目します。

ジャン=クロード・ビバーがCEOに就任しウブロのビッグバンブームが出た時に、恐らく時計好きは皆考えた熱を帯びすぎたと確信していたが、ウブロの戦略にまんまと高級時計市場は巻き込まれていると言えます。

第3世代ウブロが登場し始め、中古市場の流れが加速した

ウブロがジャン=クロード・ビバーがCEOに就任する前が第1世代と考えウブロのビッグバンブームが第2世代だと考えると、現在は第3世代に突入したと言えます。

・ケースサイズの多様化による様々なニーズへの対応力やストラップの脱着の形式

 

・日本人は特に弱い『限定』『コラボレーション』『リミテッドエディション』など付加価値をつける戦略

 

・生産数を抑え購買欲を高める心理的購買意欲をあげる戦略は、ウブロブームは落ち着いていないと言えるのです。



ウブロは将来的にラグジュアリーウォッチのマーケットを網羅する

ウブロは今までクラッシックフュージョンでも大きめのケースサイズで、エリートビジネスマンやシンプルな時計しかつけられないというビジネスマンに敬遠されてきました。

しかし、ウブロはダウンサイジングを行なってスーツでも違和感なくつけられるモデルが増え始めています。

それに同時に進むのがトゥールビヨン対決として、リシャール・ミルやフランクミュラー・オーデマピゲとの戦いです。

トゥールビヨンは別としてもシースルーバック(裏蓋が透明でムーブメントが見える)ですら、すごいと言われていたにも関わらずウブロはなんの躊躇もなくアエロバンで両面シースルーにしてしまう行動力があるのです。

この冒険心はまさに、富裕層やお金持ちなど年収の高いアッパー層の心を鷲掴みにする分野だと言えます。

年齢の若い層には一流への憧れ『ウブロ』という時計を背伸びして買う

⬇︎⬇︎

中年層は『ウブロ』が似合う世代が購入する

⬇︎⬇︎

シニア世代は軽くて面白みのある『楽な』ウブロを求める

(恐らくリシャール・ミルのように軽さを求めるはずです。)



なぜウブロは現物資産確定だと考えられるのか

ウブロは中古市場で入荷したら置いておけば売れるという状態が数年続いているようです。特にウブロのビッグバンは100万円を切り、レッドゴールドがコンビネーションされているモデルは日本で数店舗200万円を切りました。

要するに欲しくて欲しくて堪らなかった人も、若者も手が届くウブロに第3世代を迎えたことでなりました。

もちろん新作は中古でも値崩れは少なく、安定的です。

しかし、ここで注目なのは、欲しくて欲しくて堪らない!と購入していく時計は第2世代のウブロで『ビッグバンと言えば』というモデルなのです。

ジャン=クロード・ビバー氏がCEOとなり、世界中のセレブの腕に付けられたウブロのイメージは私たちがいう第3世代以降ではウブロのスタンダードが新しくなる可能性が高いのです。

そうなると、ロレックスと同様、『エルプリメロのムーブメント搭載のデイトナが良い』というのような付加価値が生まれると予想できるのです。

もちろん、

今後も魅了する時計を発表すると考えると、

今持っているウブロは少し先の将来、買値と同額。

あるいはそれ以上になるだけの価値になるかもしれません。



価値が上がりそうなウブロ

キングパワー(中期)

48mmのケースサイズが大きすぎるサイズ故、日本では浸透しにくいが生産数という部分で言えば人気が急激に上がる可能性が高い。

48mmの時計で過去に爆発的に人気になった時計には世界的ジュエリーブランドjacob&coのfive time zoneが48mmでした。

現在生産終了していますが、当時デビッドベッカム氏などセレブが愛用しました。

ビッグバン ステンレス/スチール(長期)

現在販売中のモデルで、ウブロの原点なので、販売中止にはなりにくいですが、マイナーチェンジは行われるものです。

その際に、このスタンダードモデルは需要があるため、『古くならない時計』として資産になると言えるでしょう。

ちなみに滝枝氏が購入した当時ビッグバンスチールは110万円ほどでした。

しかし現在は143万円になっています。

それだけでも可能性を感じませんか?

ちなみに滝枝氏は「中古のウブロを買って資産運用してみようかな」と笑っていました。

参考記事

高級腕時計を損せず資産として購入するために知っておくべき『今』



29歳貯金ほぼ0、転職1ヶ月、「ダイヤのウブロが欲しい!」から買ってみた



滝枝芳郎の手放したクストスという時計