【副業】10記事で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ方法

【副業】10記事で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ方法
目次

【副業】10記事で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ方法

私自身、セミナーなどで今の執筆業をでの収益公開をすることがありますが、その中でどうしても兼業したい・副業したいというニーズが多いことに気づきます。

社員として平日に企業で勤務している、或いは専業主婦であったり、フリーランスで別のお仕事をされていて収入の底上げを考えている方などです。

その中で少し前まではFX系の投資ブログやWEBサイトで使われていた副業の知識が、ビットコインなどの仮想通貨やNFT、ブロックチェーン、NFT系のジャンルでも活用できるため、今回はその情報シェアをしていこうと思います。

副業で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイト➡︎10記事で稼ぐ方法

まず副業で収入を増やすには2通りの方法があり、低単価で多くのタスクを行うこと、そして専門的な知識を活かして高い単価で収益モデルを構築することです。

低単価で多くのタスクを行う場合が副業のベースになっているため、どうしても『副業』で使える時間との勝負になり時間=収入という比例性が起こります。

逆に専門的な知識を活かして高い単価で収益モデルの場合は、ある程度限られた職業や資格が必要なため、誰でもできるとは言い難いと言えます。

➡︎仮想通貨・ビットコイン系で稼げるWEBライターになりたい

副業で『10記事』で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ方法=『本気度』

今回の副業は仮想通貨・ビットコイン、それに関連したメタバースやNFT、ブロックチェーンなどの記事を10記事『本気』で書くことで、そこからは記事に働いてもらい、自分自身は静観する方法になります。

この方法は、決してたくさんの収益を稼ぐというよりか、コツコツと毎日のランチ代やスマホ代を浮かすような感覚から始めるべきだと手法です。

【副業】10記事で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ収益元

  • Google Adsense(グーグルアドセンス)
  • ASP

の2つの場所から収益を受け取る仕組みです。

特に情報商材を販売するなどではなく、至ってシンプルな副業モデルです。

【副業】10記事で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ収益=1PVへの意識

仮想通貨・暗号資産系のカテゴリーやそれに付随するNFTやメタバースは、他のジャンルよりも1PVに対しての単価が高い傾向にあります。

1PVあたりの単価はページRPM÷1000で簡単に算出できます。

私個人のサイトの1PVあたりの単価は平均で0.4〜0.7円でした。(後日修正)

追記時:26時ごろのアドセンス進捗

平均は 『1PV 単価』で検索してみると平均は0.2円〜0.5円とありますが、0.5円は比較的高めだと言えます。

1PV 単価が 0.2円と0.5円の収益差額

月間PV数収益差額
1万PV3000円
3万PV12000円
5万PV15000円
10万PV30000円

【副業】10記事で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ収益=1PVあたりの単価

1PVあたりの単価の単価が高いサイトやブログを高単価ブログなどと呼びますが、高単価ブログを生み出すプロのライターは1PVあたりの単価を1円以上にまで押し上げるスキルを持つ人もいます。

このことによって、店舗経営でいえば客単価のようなもので、少ない客数で収益を大きく生み出すことができます。

【副業】10記事で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ『難しさ・課題』=アドセンス

Google Adsense(グーグルアドセンス)の審査は年々厳しくなっているようで、私自身も一度サイトを追加した際に落ちたことがありました。

しかし、その際には問題点を見つけることができたのですぐに解決することができ、審査にも通りました。

【副業】10記事で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ『難しさ・課題』=アドセンス

このGoogle Adsense(グーグルアドセンス)の審査に関しては、他のジャンルでの審査でも同じことが言えます。

まずはしっかりロングテールの記事をコピペや引用をせずに自身でタイプして打ち込むことです。

引用元などの外部リンクや参考サイトなども細かく紹介し、何より誰でもこの記事さえ読めば不自由がないという環境を記事内に作ることです。

そして、問い合わせ先をgメールで構わないので公開し、プライバシーポリシーもしっかり内容を充実させることに注視します。

プライバシーポリシーのほとんどはコピペを使っているサイトが多く、情報が誤っている場合もあるためしっかり内容を理解して提示しておきましょう。

【副業】10記事で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ『難しさ・課題』=ASP

仮想通貨・ビットコインのアフィリ・ASP=アクセストレード

アクセストレードは比較的、仮想通貨取引所の広告案件が多かったためオススメのASPだと言えます。

ASPでもサイト審査がありますが、アドセンスよりも断然通りやすいので安心してください。

特に専門性のあるブログやWEBサイトに10記事であればなりやすいので、その点においても仮想通貨・暗号資産系のカテゴリーはメリットがあると言えます。

GMOコイン
DMM Bitcoin
Bit Trade
QUOINEX
BITPOINT
(*執筆時現在)
➡︎【実は知らない】『仮想通貨・ビットコイン』とアフィリエイトの関係性
アフィリエイトのアクセストレード

10記事で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ=コンテンツの質

仮想通貨・暗号資産系のカテゴリーやそれに付随するNFTやメタバースは、理解さえできてしまえばいくらでも記事を書き進めることが可能なカテゴリーだと言えます。

例えば、NFTの記事を書けばイーサリアムのワードを打ち込まずには書き切ることができないでしょうし、しっかりNFTを理解すればNFTゲームからメタバースやトークンについても説明することが可能になります。

つまり、広く浅くよりも深く、狭く専門性を持った記事(特化サイト)というブランディングをしていけば10記事でも十分に副業として収益を稼ぐことが可能です。

【副業】10記事で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ=ボリュームと内容

基本的に10記事で副業として収益化したい場合、『本気』で記事は書き込めば書き込むほど収益は伸びやすいと言えます。

この本気という熱量は何を示すかというと、情報の質や親切さ、読みやすさを徹底的に追求することです。

このことを意識すると少なくとも通常のブログのような文字数ではすまないとでしょう。

私個人の運営サイトは1500文字〜10000文字以上のロングテールまで混在していますが、10記事で収益化を目指すならば、平均5000文字〜7000文字の内容・ボリュームがないと安心とは言えません。

【副業】10記事で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ記事の書き方

仮想通貨・暗号資産系のカテゴリーやそれに付随するNFTやメタバースは、比較的競合がまだ少ないためFXなどの投資ジャンルよりもまだまだ収益化しやすいと言えます。

その際、内容に迷いやブレが生じると10記事では副業と呼べるほどの収入が稼げないはずです。

そんな時『記事の指針』とするのはGoogleキーワードプランナーです。

キーワードプランナーでブログの記事のメインワードを検索し、『新しいキーワードい選択と検索ボリュームの取得』を選び、検索順位を『検索回数の多い順』にします。

すると、メインワードに対して潜在的な読者のニーズがランキング順になっていきます。

つまり、この順番に買い込んでいけば記事の道筋が迷子になることもないので、読者も記事やブログなどのサイトから離脱する率を下げることができます。

仮想通貨・暗号資産 講座カテゴリの最新記事