仮想通貨・ビットコイン系で稼げるWEBライターになりたい

仮想通貨・ビットコイン系で稼げるWEBライターになりたい

仮想通貨・ビットコイン系で稼げるWEBライターになりたい

これまで、この一流養成学校のサイト内だけでも約90の原稿を出稿し、WEBディレクターの指示によってSEOを意識したライティングや、校閲があったため今回は『仮想通貨・ビットコイン系で稼げるWEBライターになる秘訣』について情報シェアをしていきたいと思います。

この記事では下記の方向けに書きていきます。

  • ご自身でWEBサイトを運営している方
  • 仮想通貨・ビットコイン系のWEBライティングを現在しているが稼げていない方
  • 仮想通貨・ビットコイン系のWEBライティングをしてみたい方

仮想通貨・ビットコイン系ブログ=ユーザーファーストを忘れない

Googleでは情報の提供はユーザーへの利便性という面で読みやすくわかりやすい記事が必要とされています。

私は執筆を担当していますが、デザインや見出しの決め方というのはデザイン性よりも読みやすさを意識して構築されています。

特に仮想通貨・暗号資産系のブログやWEBサイトに関しては、一定の情報がある中でどこに差別化され優位性があるのかに注視する必要があります。

そもそも仮想通貨・ビットコイン系ブログは儲かるのか

仮想通貨・暗号資産というカテゴリーはWEBライティング業界やブログ運営サイドでは高額案件が多いとされています。

そのため、書く側であるWEBライターの報酬や文字単価も比較的高めに設定されているケースが多いです。

しかし、一定レベルのライティング経験がある方などを採用するケースがあるためある程度、ライターとしてのキャリアを積む必要もあります。

仮想通貨・暗号資産の業界が加熱し出す前は、アフィリエイトなどが今以上に盛んで、口座開設なども今以上にニーズが高い傾向にありました。

➡︎【副業】10記事で仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトで稼ぐ方法

全くの仮想通貨 未経験者がWEBライターになれるのか

全く仮想通貨・暗号資産についてわからない場合でも、決してこのカテゴリーを諦める必要はないと言えます。

それよりもインプットした情報を如何にわかりやすく、解説できるか、という点は重要だと言えます。

しかし、私自身も仮想通貨・暗号資産の銘柄やマイニングの仕組みから派生して、メタバースやNFTのライティング依頼があった時は『実際にやってみる』ことを意識していました。

今も、同じようにわからないことがあれば、まずは口座を開設してみたり、NFTゲームなどで仮想通貨を買ってみたりしています。

新しく仮想通貨・ビットコイン系WEBサイトやブログを開設して儲かるか

中長期的に一定の収益は発生すると思いますが、簡単に稼げるというわけではないと言えます。

しかし、誰でも書けるカテゴリーよりも少し複雑で取り掛かりにくいジャンルや分野のWEBサイトの方が、確実の差別化はしやすいです。

WEBライターでも同様のことが言え、『誰でも書ける情報=ライバルが多い』ため文字単価や報酬が低い傾向にあります。

私の場合は本業が保険代理店を経営している身なので、保険関係の記事の依頼も多いですが、たくさん記事が書けるだけの忍耐力と今からお話することに意識しながら書けるスキルがあれば、十分な収益を得ることができます。

補足:仮想通貨・暗号資産のアフィリエイトが禁止(?)になった経緯

2018年6月、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が定めたとされるルールの一部で『成果型報酬(アフィリエイト)による勧誘禁止』という項目が登場したことからでした。

しかし、あくまでも『自主規制ルール』としてまとめたものであり、禁止というのは法律で裁かれるかどうかでいうと『NO』なのです。

その後、金融庁主催の毎月の定例会である「仮想通貨交換業等に関する研究会」などでも同じようにアフィリエイトや宣伝広告についての討論があり、アフィリエイトは禁止という情報が出回ったと言えます。

➡︎【実は知らない】『仮想通貨・ビットコイン』とアフィリエイトの関係性

仮想通貨・ビットコイン系ブログ運営=稼げるWEBライティングはE-A-T

SEOブログやwebサイトへの原稿は発信する情報の質(=コンテンツのクオリティ)が重要です。

その中でGoogle自体『E-A-T』によるコンテンツや記事の内容評価があり、なるべくその『E-A-T』に沿うように書き進める必要があります。

Googleの評価=『E-A-T』

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

特に、専門性という部分で言えば、専門的な言葉を使えば仮想通貨や暗号資産・ビットコインなどは取引所が運営しているコンテンツやQ&Aと大差がなくなってしまいます。

その中で、如何にわかりやすい言葉で専門性のある情報をアウトプットするかが重要です。

ビジネス書や経済紙への寄稿とは違い、読み手の好奇心をくすぐるようなワードを取り込んでも、Googleなどで上位表示されなければ、ライターはスキルがないことになってしまいます。

仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトのライティング=タイトルが重要

仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトだけではなく、保険関連の記事を他社へ寄稿した際にも求められたのは『タイトル』です。

タイトル設定は内部対策で重要だとされており、編集を加えられることもしばしばありました。

キーワードを『初心者・仮想通貨・方法』で依頼された場合、簡単なのは『初心者でもわかる仮想通貨の投資方法』だと思います。

しかし、簡単すぎると他のブログやWEBサイトとタイトルが悪意なくとも被ってしまうため、コピペや重複性を疑われてしまうため、危険です。

さらに仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトは共通して、タイトルが長くなりがちだという点です。

通常、タイトル内にはキーワード選定された単語を含めて、全角30〜35文字以内で書き込むことを依頼されます。

その中でイーサリアムは『(ETH)』と補填する方が、わかりやすい内容になる場合もあり、精査するのが難しい部分だと言えます。

仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトのライティングのメリット

仮想通貨・ビットコイン系ブログやWEBサイトのライティングを行うことへ私自身メリットを感じたのは、ボツ記事も十分副収益になるということです。

経済紙でもいくつか寄稿してきた中で、上手く依頼された記事がかけないボツ記事・原稿はそのまま世に出さないのは勿体無いので、記事として販売したり私自身が運営しているブログに投稿したりしています。

元々は書き込んだ時間を無駄にしたくないという気持ちからでしたが、意外にも副収入化されています。

仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトのライティングのメリット②

仮想通貨・ビットコイン系ブログ・WEBサイトの記事を書くにあたり、仮想通貨・ビットコインに触れ経験することで本当に投資収益が増えていることです。

元々、金融商品やデリバティブ系の知識を求められており、実際に投資をする気はなかったのですが、読んでいただく方へわかりやすく伝えるために試行錯誤した経験がマネタイズできているのでレバレッジはかけやすいカテゴリーだと言えます。

仮想通貨・ビットコイン系ブログ運営のSEO=リライトが重要

ビジネス書や経済紙への寄稿とは違い「書いたら終わり・納めたら終わり」というコンテンツでないことも、仮想通貨・ビットコイン系のライターとしては驚きでした。

特に、仮想通貨・暗号資産、さらにはマイニングやレンディングなどの知識はある程度、他のトークンや知識がないと意味が変わってしまう文章が多くあります。

そのため、リライトでは『キーワード』の意識以外に、最新の情報をコンテンツに追加することで評価を得ることができました。

なぜ、WEBライターがSEO対策を意識しなければならないのか=仮想通貨の専門性に甘えない

WEBライターとしての寄稿は、他のライティングの仕事とは全く異なり、ディレクターなどの手を煩わせないライターに仕事が集まります。

確かに仮想通貨やNFT、メタバースなどに関しては専門性が一定レベル問われる部分もありますが、何より寄稿するWEBサイトが繁盛してもらわないと私たちライターという仕事は減ってしまいます。

私の場合は元々3記事のオファーを納期通りに納め続け、半年後に1回に30記事を越えるオファーがまとめてくるようになりました。

その理由は他のWEBライターよりも単価や報酬を上げても、生産性が高いと評価してもらうためにはSEO対策やキーワード意識をしたライティングができるWEBライターが重宝されるのです。

仮想通貨・暗号資産 講座カテゴリの最新記事