エグゼクティブと一流のBMW事情【改訂版】

BMWを乗っている人はベンツ乗りなることが少ないと言われています。

エグゼクティブや一流が選ぶBMWと、その理由。

乗るならどんな車種を選ぶか。をテーマにして参ります。

BMWの粋を知っているのは『4シリーズ グランクーペ』

BMWで一番売れている車種は3シリーズのMスポーツだと言われています。

それと、一番フォルムが似ているのが4シリーズのグランクーペです。

3シリーズの値引きよりも、断然少なく在庫を多く持っているディーラーも少ないので、オーダーで購入する(約3ヶ月待ち)オーナーも多いのが4シリーズです。

似ているのに、あえて4シリーズの高い車種を選ぶオーナーは、まさにこだわりと粋を持っている一流の思考だと言えます。

SUVならX6

X6は現行のBMWで一番高級な車種です。

X5が値引きがある中、X6は値引きがほぼない状態で、在庫が少なくアルピンホワイトかブラックサファイアのベーシックな色味が多く、X6で違う色目を見るとほぼ100%オーダー車両だと思って間違いありません。

そして、X5はディーゼルエンジンがある中、X6はガソリンエンジンのみということで、燃費を気にせずクルマを購入できるだけの経済力を持っているという証だと言えます。

(画像はチェンジ前のX5です)

リセールバリューが良いBMWを選ぶなら

お金持ちほど実は、リセール(手放した時の下取り額)を気にするオーナーも多いようです。

私のBMWの担当セールスは曰く

X6 Mスポーツ

X4 35i  Mスポーツ

420iグランクーペ  Mスポーツ

こう見ていくとXシリーズであるSUVモデルで偶数に希少性があり、リセールも良いという気もしてきます。

そして欠かせないのが Mスポーツということでしょう。

幻の車Z8オーナー

知る人ぞ知るBMWの幻の車がZ8です。

Z8は人気映画007の『ワールド・イズ・ノット・イナフ』で劇中出てきたロードスター(ソフトトップオープンカー)です。

Z8は日本ではMTのV8エンジンで全て左ハンドル仕様でした。

1700万円というBMWにしては、高額車両ですが現在はプレミアが付いており買取値段が2000万円を超える場合もあるそうです。

そんなZ8のオーナーは、高級車ではなく『こだわり』で乗っていると言えます。

そのため、お金以上に自分を盛り上げてくれるものにお金を使える成功者だと言えます。

BMWとメルセデスベンツの差

BMWはやはり、ビジネスマンが自分で運転しているイメージが強く、運転も全車種スポーツカーというコンセプトを感じるクルマです。

一方メルセデスベンツは、ステータス性が高くSクラスやゲレンデヴァーゲンなどお金持ち・成功者の代名詞と呼ばれる部分が強く出ていると言えます。

なので、嫌味なく上質なクルマを乗りたいという方にはBMWがおすすめだと言えます。

そして、上司やお客さんに愛車を見られても、『クルマ好き』なんです。と言い訳し納得されやすいのはBMWだとよく聞きます。

確かに、AMGより『M』を乗っている方が、クルマのこだわりがある人が多そうな気がします。

学長の滝枝芳郎さん今ではご自身のクルマは国産ですが、過去には10台以上BMWを乗っていたと聞いています。

(2019年滝枝氏はメルセデスベンツに乗り換えしました)

今回のお話はゲストス講師

モータージャーナリスト T.Kさんでした。

ありがとうございました。

滝枝芳郎が愛車に決めたメルセデス・ベンツCLA45 AMG 4MATICとは?

BMWのMスポーツ実際『M』とは違うのになぜ人気なのか、リセールバリューも気になる。

BMWの新型M3が2019年デビュー、M4人気の今とM3の中古市場をリサーチ