あざとい一流の男性の特徴

あざとい一流の男性の特徴

あざとい一流の男性は支払いが可愛い

経済的に余裕のある一流の男性が買い物に行った時に、スタッフも隣にいる女性もゴールドカード?アメックス?ダイナース?と期待する中で、パンダの可愛い絵柄のクレジットカードが出てきたり、ブランドのモノグラム全開の財布が出てくると思いきや、子供が持ちそうな財布からお金が出てくると「へ?」となるはずです。

しかし、これこの前ヤクルトのおばちゃんからもらったんだよね!などとジョークを飛ばせる男性はあざとかっこいいと言わざるを得ないでしょう。

ショップのスタッフと仲良くなるあざといテクニック

お店のスタッフ側も『ブラックカード』と『スタンダードカード』では明らかに対応が違うことがあると前述しましたが、無理してステータス性を追い求めるより、やはり支払い方や最後の電卓の確認などの方がショップスタッフの印象に残りやすいと言えます。

ポイントが貯まりやすいカードは距離感が縮まる感覚はあると思います。

あざとい一流の男性は可愛いクルマに乗る

お金持ちといえば・・・メルセデスベンツ・BMW・アウディ、大型SUVやスポーツカーを想像しますが、すごく庶民的なノートやプリウス・フィットなどで登場すると驚きがあるはずです。

国産車でなくとも小さくてコロコロと走るような、FIATやアルファロメオ・スマート・アバルトなどコンパクトカーに乗って登場するのもあざといかっこいい男性になれる要素だと言えます。

ステータスよりクルマに乗る目的

お金持ちとクルマの関係性というのは医者が輸入車に乗る理由と同じように、理由は多く考えられます。

節税や安全性、社会的な地位の確立(ステータス)が主に考えられます。

しかし、億万長者でもユニクロにニューバランスを履く人が多いように、移動手段として不便ないものというミニマリズムの発想が出てくるのです。

あざとい紳士はパジャマを着る

いつもオシャレに決めている男性が寝る時にオシャレなブランドのTシャツかと思いきや、パジャマ姿にあざとさを感じるはずです。

「そこはパジャマ着るんだ」というあざとさ、紳士だからこそできるテクニックかもしれません。

なぜシルクは肌に良いのか?なぜパジャパで選ぶべきなのか

シルク生地・素材は、蚕(カイコ)の繭から作られるタンパク質でできた天然繊維です。

その中でも人間の肌の成分に近い約20種のアミノ酸が数百~数千も結合した純粋なタンパク質繊維だからだと言われています。

そのため保湿性が高く動物本来の温度調整機能である放湿性が高いのです。

シルク生地のパジャマで同じベットに入ると・・・

何より滑りの良さはシーツや掛け布団の抵抗を減らし、スルスルと布団で寝返りをする快感はたまりません。

もちろん、パートナーの脚や腕にもこの質感は感じられる、ついつい触れておきたくなる状態になるのです。

まさにモテるあざとい男性のテクニックとも言えるでしょう。

ちなみに、シルクのパジャマは可愛いスタイルですが、3万円を超えるものが多く、さらっとリッチ感もアピールすることができます。

あざとい一流の男性はNIKE好き

「え?プライベートにスポーツウェア」と感じた方は頭が少しずつ凝り固まってきているかもしれません。

ナイキのスニーカーと言えば高くとも2万円くらいですが、実際あざとい一流の男性はプレミアがついた10万円以上のスニーカーを「ナイキ」だからと平気で公園に行けてしまうのはあざとさ100点だと言えるでしょう。

お金持ちの自由時間は『読書』と『スポーツ』だけ。

お金持ち=スポーツ好き=『NIKE(ナイキ)』

お金持ちというとざっくりしすぎていますが、経済的余裕も確立している大勢の人たちはスポーツに時間を使います。

お金持ちの自由時間は『読書』と『スポーツ』だけ。

どう言い切れるほど2択化されています。

自分の経済的な立ち位置やステータスをナイキを身につけているだけでアピールしてしまうのは、やはりあざといテクニックだと言えるでしょう。

お金持ちのファッションが『NIKE(ナイキ)』な理由

ライフスタイルカテゴリの最新記事