30代が借金や借入に悩む理由と解決方法

給料の少ない30代が借金してしまう理由

給料や所得、年収が低いことが理由で生活費が足らなくなる。

そんなことも多いと思いますが、給料が少ない30代でも給料が多い30代同様に支出やライフイベントは多くあります。

結婚式のお祝いや結婚などの費用、そして大学ローンの返済が滞ってしまってお金を借入するパターンもよく聞かれます。

給料の低い30代=節約が支出に

給料の多い30代はお金に対して『安心感』があります。

逆に給料の少ない30代はお金に対して諦めやネガティブな思考があります。

「どうしようもない」「避けようがない」

そんな考えで節約と思いケチるような行動が逆に支出を増やしてしまっている場合があります。

給料の少ない30代は周りの意見が『正しい』かの判断材料に

生命保険などの定期的な支出が意外に多い

給料の少ない30代は何より、経済的知識や資産形成における知識が非常に乏しいことが多いです。

しかし、お金への不安は多く、例えば周りが加入しているからと生命保険に加入し、見直しを皆がしているからよくわからず生命保険を追加加入したり、再加入したりします。

お金に余裕のある30代は何より、金融知識を学ぶことに貪欲で経済紙以外にも独学でしっかり知識を得て、定期的な支出を見直し寝かせる資産と働かせるお金に振り分け自分のお金に対してシビアに見ています。

給料の少ない30代が頼る『リボ払い』

近年ようやくリボ払いの仕組みが、金利の高さとコスパの悪さを取り上げる情報が増えましたが、リボ払いを私生活に組み入れてしまっている場合、抜け出すのにまず資金が必要となります。

毎月の支払いが少ない=支払い回数は多く金利を納める回数も多いということです。

一度リボ払いにしてしまうと、リボ払いでの残債を一括で支払う必要があるためそもそも、ボーナス払いなどを多様する傾向のある給料の少ない30代はリボ払いのサイクルから理解していても抜け出せない状態になってしまうのです。

給料の少ない30代ほど飲食費が高い

高級レストランなどは自分には見合わない、そう考える30代は多くいます。

しかし、同僚や友人、同級生と飲みにいく頻度というのは給料が多い30代よりも多いということもあります。

なんせ、給料の多い30代は非常に忙しく飲みにいく時間もなく接待でほとんど夕食が済んでしまう生活をしていることが多くあります。

さらに接待や残業でタクシーチケットなどが配布されるような高額所得者は、手出しでの支出というのが意外に少ないとも言えます。

給料の少ない30代ほどお金にだらしない

夜の席に関連すると給料の少ない30代ほど、タクシーの利用や生ビールを選ぶ頻度が多いというのも驚きです。

家で発泡酒を飲めば安上がりなのに、一杯380円〜500円近いランチ一食分のお金をどんどん飲み物に費やしていくのです。

給料の低い30代にとってのクレジットカード

近年のクレジットカードは還元率の高さやポイントの配布などでお得感が強くインプットされています。

しかし、いくら使ったのか、という管理は『できる人・やる人しかしない』という部分で言えばお金にルーズになりやすい原因とも言えます。

財布に現金を入れておけば、なくなれば家に直帰するしかありませんし、散財していると気をつけますが月の半分でクレジットカードのサイズが半分になることはありません。

そのため、気が付くとリボ払いとボーナス払い、ショッピングローンやクルマのローン、給料天引きの買い物などが重なると資金繰りは簡単にショートしてしまうのです。

クレジットカードが止まると給料も止まる理由

クレジットカードというのは忘れてはならないのがあくまでの金融機関やクレジットカード会社に『借り』があるということです。

つまり貸すだけの信用がなくなればクレジットカードは、作ってください、利用してください、という姿勢が反転します。

クレジットカードは作れません、使用停止処理、催促・督促の措置が取られます。

そもそも、一人の人間の信用が失われると職場への影響も出てきます。

会社に在籍確認の連絡がいくこともありますし、給料差し押さえの措置をとりたいと弁護士経由で連絡が来れば金融機関だけでなく社会での信用が失墜してしまうのです。

クレジットカード依存しないようにクレジットカードを使う

クレジットカードが止まればどうなるか、そのことを意識しながらクレジットカード払いをすると経済感覚が鋭くなるのも確かです。

近年ではスマホや光熱費、保険料、家賃の引き落としなどあらゆるものがクレジットカード払いになっています。

さらには営業マンは経費の立て替えも個人のクレジットカードで行うことが多いため、クレジットカードはなくてはならないアイテムだと言えます。

クレジットカードを止めないために給料の少ない30代が選ぶ借金の道

営業マンがクレジットカードの請求を支払うために考えるのは、やはり借入です。

リボは利子が高いと、借金の選択肢を選びます。

しかし、ほとんどのローン会社や銀行ローンは勤務先への在籍確認があります。

もちろん、その社名で勤め先の会社はその社員が借金をしている或いしようとしていることがわかってしまいます。

そのため、在籍確認・会社連絡なしでお金を借りれる方法を検索し調べ始めるのです。

消費者金融は在籍確認をしない会社もある

アイフルやSMBCモビットは基本的に電話連絡をしないで契約し借入をすることができます。

更に月末に請求額が引き落とせなかった場合、なるべく早く払わなければならないため『即日融資』を求める傾向も強くあります。

地方の30代ほど消費者金融を使うメリットを感じる

地方や田舎は歩けば知り合いがいる。

という都市部ではあまりない環境で仕事をしています。

煌々と輝く来店ボックスに行きにくい傾向があります。

もちろん、口座から支払いをして、生活費目的で借り入れるする際も同じです。

家族や会社の同僚にはバレたくないため、来店不要型のローンを選びたくなります。

そうすると、銀行ローンは難しくすぐにどうにかしたいし、勤務先にもバレたくないと思うと消費者金融の利用が現実的になるのです。

一度のミスは挽回できるが給料が少ない30代ほど同じミスをする

消費者金融でお金を借りるというのは、人生で絶対にないということはありません。

どうしても必要なこともあるはずです。

特に今は『貸しすぎない』ように金融庁も消費者金融に通達を出しているため法定利息内で過払い金も発生しない仕組みで更に無金利という臨時救済として使える会社もあります。

しかし、一度この選択肢を選ぶと、お金が足りないとなった場合、どうしようではなく『借りよう』と借金をするボーダーラインがどんどん低くなるのです。

そんな時に、今のコロナショックや営業先でのトラブルで減給があったり、親族の不幸があるということもいつか重なります。

そんな時に営業マンは借金から完全に抜け出せなくなってしまうため、注意が必要です。

 

営業マン養成講座カテゴリの最新記事