年収1000万円の貧乏は『住宅ローン』に理由あり

年収1000万円の貧乏は住宅ローンが理由

お金持ち=年収1000万円ではない

『年収1000万円の生活ってどんな生活ですか?』になるにはという目標を持っている方が日本には多くいます。

年収1000万円が貧乏な理由

『年収1000万円貧乏』は単純に支出が多いことから、思いの外年収1000万円の生活は裕福ではないと言われています。

年収1000万円のお金の不自由

基本的には『TooMuch症候群』という『もっともっと』という気持ちが経済的不安や柱を細くする原因と考えられます。

  • もっと良い家・クルマ・スーツという物欲
  • 見栄のためにお金を使う
  • 年収1000万円という自己顕示が強くなる
  • お金を守るより使うことに心労する
  • 『適正・適切』判断ができない

これが年収1000万円の成功者を貧乏にする原因だと言えます。

独身の年収1000万円生活とは

お金の自由=金銭的・経済的拘束感を感じない生活

単純に年収1000万円でごくごく一般的な生活を独身でしていれば、経済的な拘束を感じない生活ができます。

しかし、年収が1000万円を超えるとスーツや靴、クルマや家など、どんどん生活水準が上がっていきます。

そして、その生活のまま結婚をしてしまうと共稼ぎ・共働きでもなぜかお金がたまらない収入<支出サイクルが出来上がってしまいます。

既婚者の年収1000万円生活

既婚者の年収1000万円生活は簡単に言えば年収500万円の生活をしないといけないと考えれば良いと思います。

もちろん世帯年収が夫と同じだけ稼ぎ2000万円を超えるならば良いと思いますが、それでも生活水準が高い者同士が生活を共にするため支出は圧倒的に多い傾向にあります。

年収1000万円の住宅ローン貧乏

年収1000万円で住まいを考えると平均して、諸費用を含めると4000〜6000万円の家を理想として家を探したり建てたりします。

しかし、その理想と現実との乖離は大きく家は大きいは懐は狭いという状況に追い込まれやすい状況となります。

多くの人がボーナス払いを入れて年収に月に20万円〜25万円家のローン支払いに充当しています。

年収1000万円の手取り金額

年収1000万円のサラリーマンであれば手取りは約700万円ほどです。

月58万円の手取り金額で住宅ローンの支払いはギリギリ許容されそうですが、生活水準が高いと破産の赤信号がつきます。

年収1000万円なら月15万円以内の住宅ローン

年収1000万円であれば月々13万円以内或いは年収×4が借入金額とすることをお勧めします。

なぜか無視する金利と住宅ローン

住宅ローンは近年、金利が低いため『金利の存在を度外視』する傾向にあります。

しかし、住宅ローンは35年で検討する人が多く金利は相当大きな金額になります。

それにもかかわらず、家の値段ベースで物件を探すため年収1000万円の方が住む家のほとんどが高すぎる物件に住んでいることになります。

年収800万円の富裕層的リッチマンもいる

年収800万円で独身時代仕事も忙しくお金を使わず、貯金額が1000万円〜2000万円ほどある人も実はいます。

多くの場合、社宅・実家住まいでマイカーも持っていない方に多いです。

そんな方が結婚して住宅ローンを組む際、頭金が多く過度な広さ・高級感を求めないため年収1000万円の方より随分余裕のある生活をしています。

貧乏の原因=『背伸び』が背伸びを呼ぶ

年収1000万円でどうしても良い家に住みたい!という方もいると思います。

もちろん十分に良い家に住むことができる経済力があると思いますが、ただ一つ守っておくべきルールがあります。

何かにお金をかけるなら、何かを我慢する必要があります。

例えば、

  • 億ションと呼ばれる高級マンションに住んで軽自動車をパーキングに止めておくのは何か合わない。
  • 高級マンションのエントランスから入る時に映る自分が、2万円のスーツを着ている。

そんなことを考えると、あれ?と思うはずです。

高級マンションの駐車場には高級車を入れておきたいし、エントランスを闊歩するならブランドスーツを着たい。

これが夫婦揃って思えば支出はどんどん膨らんで行きます。

  • 最高の住まいを得たからクルマは乗らない
  • シンプルに服にはお金をかけない
  • 外食はしない

などと何か、支出を抑えるルールを厳守しなければならないということです。

年収1000万円の『本当』の成功者

年収1000万円ある状況でもっとも経済的に余裕がある方は、お金に働いてもらう仕組みを持っている。

例えば、

  • 資産運用をしっかりしており住宅ローンは毎月運用益から支払われる。
  • そもそも家を買わずにミニマムな賃貸で生活し現金一括で家を購入する人

そんな方々はそもそもお金が減りにくい仕組みを持っているので、年収1000万円で一番質の高い生活ができているはずです。

小さい支出が積み重なる年収1000万円

多くの年収1000万円プレーヤーが貧乏になるのは、何に使ったかわからないお金が多いことです。

  • ショッピングローン(時計など)
  • マイカーローン(オーバーローン含む)
  • 不要な生命保険料
  • エグゼクティブの有料クレジットカード
  • 月額支払いの有料オンデマンド、ウォーターサーバーなど
  • 住宅ローンの金利

買ってしまったなら仕方ない

この記事を読んで、『読まなかったことにしよう』

そう思う方もいると思いますが。それ以上に良い方法があります。

まずは見直すことです。

見直し方法がわからなければファイナンシャルプランナーにお願いするのも有効です。

自分で『これ高いぞ』と思ったら一度、元に戻る。

「見栄やプライド」よりまずは『適正』に慣れていくことです。

住宅ローンの見直しで金利が安くなることも多々あります(かなりの確率だと思います)

すべてすぐやるのではなく、住宅ローンのように数十年単位で行動していくと、最高に恵まれた上質な生活ができること間違いありません。