朝に強い『できる営業マン』になるための習慣テクニック

朝に強い『できる営業マン・ビジネスマン』になる方法

朝が苦手な原因は様々:低血圧・会議がだるい・眠たい

色々な理由で朝が苦手な人が多いと思います。

しかし、朝は苦手なのにモチベーションが高いと次の日の朝も楽しみになってしまうテクニックがあります。

会社の創設者や芸術家など、朝を迎えるモチベーションは人それぞれ個性があり、『できる営業マン・ビジネスマン』になるための秘訣がたくさんあります。

朝に強い『できる営業マン・ビジネスマン』になるためのテクニック

美味しいご飯・美味しいコーヒーが朝を強くする

朝に強い人は朝ごはんをたくさん食べます。

これは単純に朝が強いから、たくさん食べられるわけではありません。

朝ごはんというモチベーションが、朝を強くさせるのです。

朝に強い『できる営業マン』は旅行『きっかけ』

旅行に行けば朝ごはんが美味しく感じる

旅行に行った時を思い出してもらいたいのですが、旅館やホテルの朝食・モーニングはなぜか気分があがりませんか?

朝の焼き魚の香り、パンの焼けた香り、コーヒーの香り・・・

実は朝を強くするきっかけは嗅覚でモチベーションを引き上げます。

『リッツ・カールトン』の朝食は一流のモチベーションを支える

「〇〇様、おはようございます」とルーム番号だけで1泊目から名前を覚えてくれる一流のおもてなしをされ、平日のリッツカールトンは海外の旅行者やビジネスマンが多く上質なスーツを着てモーニングをしている紳士を目にして刺激をもらいます。

そんな環境に身を置くと、眠い目をしていられないとやる気が湧いてきます。

今でもその経験が自分のモチベーションであり、『一流のビジネスマン』の『朝のモチベーション』の価値観を支えています。

新鮮な野菜・フルーツ、決して個性は主張しないがスタンダードに温かいコーヒーは香りで自分の本来の朝の迎え方を教えてくれます。

朝に強い『できる営業マン・ビジネスマン』になるためのテクニック

朝が来れば、太陽に挨拶する

夜は『静』

朝は『動』

夜は自分の不甲斐なさや落ち込みを抱えて過ごす日もあります。

しかし、朝は昨日までの出来事をリセットできる24時間で唯一の時間です。

お金持ちや富裕層は率先して『挨拶』をします。

その日一番最初の挨拶は、寝室の窓を開けた時に見える『太陽』だと多くの著名人が習慣化しています。

太陽を浴びて、自分がふと思い出した本の言葉を思い返してみる。

歯磨きをしたり、身支度をすることで新しい自分に毎日生れ変われる最高の時間。

それを理解し継続できる人は、朝が楽しみで夜を迎えます。



朝が楽しみ=朝が強くなる=できる営業マンになれる

朝が楽しみになると、人は夜の過ごし方を考えます。

深酒をすれば起きにくくなります。

夜遅くに食事をすれば朝食の魅力が半減します。

そんなことを考えていると朝が苦手な人も、朝を基準に毎日が組み立てられるようになり自然と規則正し生活になっていきます。

『朝が良い時間』だと思えるようになれば一流になるための『朝への投資』を考えましょう。

朝に強い『できる営業マン・ビジネスマン』になるために

朝は贅沢をして、質の高い『良い時間』を作る

朝のコーヒーはこだわりの一杯にする。

朝は自分のお気に入りのパン屋さんで、美味しいパンを食べる。

朝は自分のお気に入りのカフェや喫茶店でモーニングを食べる。

そんな贅沢な時間を1秒でも長く過ごすためには、サラリーマンであれば早起きをするしかありません。

そして、経営者であれば1秒でも長く贅沢な朝を過ごせるように経済的・精神的にストレスフリーな環境を築かなければなりません。

たった数百円のパン一つで、朝を幸せに感じる。

たった一口のコーヒーで、モチベーションが上がる。

たった1日の朝の過ごし方で、人生が変わる。

朝に強い『できる営業マン・ビジネスマン』になるためのテクニックは、

スパルタではなく『最高の贅沢』を覚えることだと言えます。

朝2時間が年収を飛躍させる『朝のルーティン』とは

できる営業マンが黙って行う『習慣』とは?

一流の営業マンは必ず決まったルーティンをこなしています。

自己啓発本などでいう『習慣化』というものです。

徹底したルーティーンを持っている事で有名なのは『イチロー』です。

毎日翌日の試合開始時間を逆算して就寝時間や起床時間を決めるなど徹底しています。

試合の前は必ず奥様が作ったカレーを食べるというのも、私たちがルーティンワークという言葉を発信するよりも前に行われていました。

野球選手を引退した現在においても、ルーティンを作ることは変えておらず今尚『イチロー』としての生活を送っているようです。

できる営業マンの『朝の習慣』は仕事のルーティンにも活かされる

できる営業マン時間の管理も習慣化

できる営業マンはアポイントや商談があると15分以上前に現地付近に到着しています。

早ければ30分以上前に着いています。

それは決して、時間やマナーに正確なのではなく、早くついて自分のリズムを保つことに集中するからです。

できる営業マンは自分のリズムを生み出す『ルーティン』を知っている

できる営業マンは話す内容よりも関係を深めることに注力します。

できる営業マンはたくさんの商談を抱え、急いで案件を取ろうと思えば取れてしまうのができる営業マンです。

しかし、それをしないのも『できる営業マン』の特徴です。

要するに、自分のリズムとは、今から会うお客さんとのリズムを調整する準備時間なのです。

そして、そもそも自分の話すリズムや話ししたいことを冷静に整理するのもこの時間に数分から数十分に当てはまります。

『できる営業マン』になれない残念な習慣

できる営業マンになれない人は、2通りあり準備が上手にできない準備音痴な人、そして残りは他のアポイントや商談に頭をギリギリまで使ってしまうタイプです。

後者に関しては、早く着けば今気になっている案件のことや大きな商談の準備でパソコンと格闘しています。

しかし、それをしてしまうといざ今から会うお客さんのイメージができていないため、相手にほんの少しの『ブレ』や『違和感』を感じさせる言葉を選んでしまいます。

『できる営業マン』ほど、早く着けば休憩と睡眠を習慣化する

できる営業マンであるほど準備に余念がないため、現地に到着してから何をしようとなるものなのですが、できる営業マンほど基本的に休憩しています。

ゆっくりとコーヒーを飲んだり、仮眠をとったりしています。

その理由も明確で、ゆっくり今から話をする人のことを考えたり、ゆっくりした自分の時間を数分でも確保することが上手なのです。

できる営業マンの商談ルーティンとは

商談やアポイントなど訪問先に到着する時間は1~5分前が3割を超えています。

「早すぎても待たされる」

「早めに行ったら早すぎると言われた」

など商談先にすぐ向かうことを前提に動いているようです。

できる営業マンの身だしなみの習慣

できる営業マンは、身だしなみのチェックを商談前やアポイント前に必ずマナーとしてルーティン・習慣化しています。

ネクタイの締まりや靴の汚れ、ジャケットの埃、そしてボールペンのインクの出方まで確認します。

体臭やタバコ臭が気になるという営業マンも多く無香料のデオドラントシートを使う時間が必要などと言います。

デオドラントシートで手を拭く『でき過ぎる営業マン』

デオドラントシートはパウダー粒子が含まれているものが多く、握手をする際に手汗などを抑え、相手への不快感を減らすことができます。

もちろん、タバコを吸う人はタバコの匂いを消すこともできるため効果的です。

朝が苦手でも朝を大切にする一流たち

ルーティンというのは成績と違い誰でも今日から作り出すことができます。

そんな中でまずオススメしたいのは『朝のルーティン』です。

朝は今より2時間早く起きてレム睡眠の効果を実感する

起きる時間が7時の営業マンは2時間早め朝5時に起きてみましょう。

なぜ2時間も早く起きるのか、これはレム睡眠の感覚を利用するためです。

レム睡眠とは眠りの浅い状態のことを指します。

このレム睡眠が起きる間隔は約1.5時間~2時間と言われています。

レム睡眠の間に起きてしまえば目覚めの良い朝を迎えやすくなります。

➡︎一流の睡眠は『ベッドメイクが重要』の記事を読む

朝・午前中に強い営業マンになるための本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マンガ版 人生の勝負は、朝で決まる。 [ 千田琢哉 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/11/16時点)

楽天で購入

 

朝、体調が悪い営業マンは血圧が原因かもしれない

朝起きてから疲れが取れていなかったりスッキリ起きることができない朝はありませんか?

気力がわかない、食欲が湧かず十分な栄養が摂取できないなど。

そんな症状実は、低血圧が原因かもしれません。

低血圧は怠け者ではない

(高血圧=病気)のイメージがありますが、(低血圧=怠け者)になるのはなぜでしょう。

上司には高血圧で悩む人が多いためか、なかなか理解されないのも低血圧の辛い現実です。

そんな営業マンを悩ます低血圧の種類や改善方法、予防方法をお伝えします。

営業マンを悩ます『低血圧』は病気なのか

一般的に上の血圧が100m/hg以下の場合を、

低血圧とよびます

低血圧自体は病気ではありませんが、治療を必要とする他の症状が出てくると『低血圧症』という病名がつきます。

『低血圧』『貧血』は全く違う原因がある

低血圧と貧血は症状が似ていることもあり同じ疾患だとされがちですが、実は別の病気です。

低血圧とは血液循環が円滑に行われないことにより、脳や身体の末端へ行く血流が悪くなった結果、症状が出るものです。

一方、貧血は体内に流れている血液の酸素を供給する働きをもつ赤血球や、その中に含まれるヘモグロビンが減少し、体が酸素不足になるのが貧血です。

血液検査をすることにより症状の原因がどちらかわかります。➡︎薬局で他の病気をもらわない裏技の記事

低血圧症の種類

低血圧症には、4つの種類があります。

本態性低血圧症

低血圧を起こしている原因は不明で何らかの自覚症状があるものは『本態性低血圧症』に分類されます。

日常生活での改善方法

①規則正しい生活とバランスのとれた食事

 

②毎日、運動やマッサージ、お風呂に浸かることも効果的です。

 

③同じ時間に睡眠をとる。

 

④タバコ、コーヒー、紅茶などカフェインの入ったものは1日5杯以内にしましょう。

本態性低血圧症は自律神経の乱れからくることが多いと言われています。

一流の営業マンとして重要な体づくりに直結する、規則正しい生活で改善可能だと言えます。

症候性(二次性)低血圧症

心臓疾患や内分泌系器官疾患といった他の疾患に誘発されて起こるには『症候性低血圧症』に分類されます。

上記疾患に加え降圧剤や向精神薬など薬の副作用が原因となり低血圧が起きる場合もあります。

改善方法

元の疾患の治療をしながら薬の処方を変えるなど医師と相談して低血圧の改善をはかりましょう。

起立性低血圧症

長時間立ち仕事をしている時や急に立ち上がったときに、自律神経による血圧の調整がうまく働かず血圧が低下します。

いわゆる『立ちくらみ』と呼ばれるものを正しくは『起立性低血圧』と言います。

改善法

①水分をこまめにとること

②体のむくみを改善し血流を良くする

③立ち上がるときは下を向いてゆっくり立ち上がり、最後にゆっ

くりと顔を上げる。

食事性低血圧症

食事中体内の血流は胃と腸など消化器官に集中します。

 

そのため他の器官への血流が減少し、食後に急激に血圧が下がる事を『食事性低血圧症』と言います。

高齢者に多い疾患で65歳以上の3分の1が食事性低血圧症だと言われています。

食後の低血圧により急性脳卒中や急性心筋梗塞を引き起こす可能性もあります。

予防方法

①食後30分~1時間程度は椅子やソファーでくつろぐ

②食前食後の過度な運動は控える

③食事中はコーヒーや緑茶などカフェインの入ったものを積極的に摂る

血圧とは血管のなかを流れる血液が、血管の壁を押し広げる力のことです。

ちなみに看護師や医師は機械では測れないほど頻脈になった血圧を、手の感覚である程度なら予測する技術があります。

朝の体調を健康な血圧で整える

日常生活を送る上で悪影響の出る低血圧をしっかり理解し上手に付き合うことで症状を改善できます。

一流の営業マンとしての健康な身体作りを目指してみましょう

理想のできる営業マン『朝のルーティン』を2時間かけて行う

YouTuberのトレンドコンテンツ=『morning routine』が重要

朝、目が覚めて最初にすることを明確に決めている方は少ないです。

そんな中、年収の高い一流たちは明確どころかほぼ狂いのない朝のルーティンを日々過ごしています。

カーテンを開け朝日を浴びる。

紫外線によりカルシウムの吸収を助ける効果があります。

➡︎一流のベッドメイクの記事を読む

トイレに行く

尿は体にとっては不要なものであり、毒物です。就寝中に溜まった尿はできるだけ早く出しましょう。

水を飲む

就寝中に汗をかき失われた水分やミネラルを摂取することは生活習慣病予防にもなると言われています。

この3つはよくメディアの健康法で紹介されている事ですが、常に同じサイクルでやることによって体調の変化などを五感で感じることができます。

例えば、水を飲むにしても歯を磨く前か後かによっても違います。

もちろん、歯を磨く前に水を飲めば、一晩で繁殖した口の細菌を飲み込むことになるため避けるべきだと言えます。

朝のルーティンで重要な『伸び』

ストレッチは朝を強くする

 

実は起き上がる前にする重要なポイントがあります。

それは『伸び』です。

目が覚めて寝ている状態で両手を伸ばして『伸び』をしていますか。

伸びをすることによって肩こりが解消される

低酸素の眠りの状態から、全身に『新しい酸素』を行き渡らせることができます。

全身の骨や関節を、筋肉が柔らかい寝起きに伸ばしてあげることで『コリを改善』してくれる効果もあります。

全身の巡りを良くしストレスや緊張を和らげることができます。

朝食時は糖質オフを忘れる

毎日必ず朝食を摂ることは、営業マンにとって特に重要です。

目覚めてから1時間後に朝食を摂ると、消化器官への負担と過度な吸収を抑えられるのでオススメです。

また朝食時だけは糖質を摂ること

ビタミンが豊富なフルーツと糖質のあるパンやご飯を朝食に取り入れ、糖質を摂ることによってその日の頭の回転が格段にアップすると言えます。

一度体内のスイッチをオフにすることもオススメ

朝食を食べてから営業マンの仕事に取り掛かるまでに、一度頭と体のスイッチをオフにすることもオススメです。

人間は3時間続けて脳から指令を送り続けるより、1時間に5分ずつ休めた方が仕事効率が上がるという研究結果が出ています。

このことから出勤前に休むことも営業マンのルーティンに入れてみてはいかがでしょうか。

スイッチをオフにできる場所

営業マンにオススメの切り替えスポットは、会社の近くのカフェです。

私の知っている何人もの『できる営業マン』は、毎朝1時間かけてカフェで朝食とコーヒーを飲み、脳の切り替えをしています。

朝のルーティンに年収アップの秘密がある

営業マンが朝のルーティンを続けることのメリット

一日の時間に余裕が持てる

金持ちも貧乏も唯一同じ時間を有効的に使う事で、一流の営業マンになれる

健康状態を維持することができる

毎日同じ時間に同じことをすることによってその日の体調の変化に気づくことができます。

✴︎一流の3分トライアル✴︎
⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎自分は一流なのか!?是非ご確認ください⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

✴︎一流養成学校推奨の証券会社✴︎

DMM FX

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎一流養成学校は全員DMM FXを利用しています⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

✴︎一流養成学校 オススメ広告✴︎


⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業の外回りはマッサージに行くのも一流⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎メンズの薄毛対策ならチャップアップ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

U-NEXT

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業車の中の暇つぶし⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

BULK HOMME

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎良い香りの一流ビジネスマンに⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

種類2

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎ストレスフリーで、薬を受け取りたいなら⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎高級時計のオーバーホールや修理に自信あり⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎