朝に強い『できる営業マン・ビジネスマン』になるためのテクニック

朝に強い『できる営業マン・ビジネスマン』になるためのテクニックとは?

朝は苦手・低血圧・会議がだるい・眠たい

色々な理由で朝が苦手な人が多いと思います。

しかし、朝は苦手なのにモチベーションが高いと次の日の朝も楽しみになってしまうテクニックがあります。

会社の創設者や芸術家など、朝を迎えるモチベーションは人それぞれ個性があり、『できる営業マン・ビジネスマン』になるための秘訣がたくさんあります。

朝に強い『できる営業マン・ビジネスマン』になるためのテクニック

美味しいご飯・美味しいコーヒーが朝を強くする

朝に強い人は朝ごはんをたくさん食べます。

これは単純に朝が強いから、たくさん食べられるわけではありません。

朝ごはんというモチベーションが、朝を強くさせるのです。

旅行に行けば朝ごはんが美味しく感じる

旅行に行った時を思い出してもらいたいのですが、旅館やホテルの朝食・モーニングはなぜか気分があがりませんか?

朝の焼き魚の香り、パンの焼けた香り、コーヒーの香り・・・

実は朝を強くするきっかけは嗅覚でモチベーションを引き上げます。

『リッツ・カールトン』の朝食は一流のモチベーションを支える

私、滝枝はリッツ・カールトンに3ヶ月ほど生活していたことがあります。

これは自慢ではなく、今でもその経験が自分のモチベーションであり、価値観を支えています。

「滝枝様、おはようございます」とルーム番号だけで1泊目から名前を覚えてくれる一流のおもてなしをされ、平日のリッツカールトンは海外の旅行者やビジネスマンが多く上質なスーツを着てモーニングをしている紳士を目にして刺激をもらいます。

そんな環境に身を置くと、眠い目をしていられないとやる気が湧いてきます。

新鮮な野菜・フルーツ、決して個性は主張しないがスタンダードに温かいコーヒーは香りで自分の本来の朝の迎え方を教えてくれます。

朝が来れば、太陽に挨拶する

夜は『静』

朝は『動』

夜は自分の不甲斐なさや落ち込みを抱えて過ごす日もあります。

しかし、朝は昨日までの出来事をリセットできる24時間で唯一の時間です。

太陽を浴びて、自分がふと思い出した本の言葉を思い返してみる。

歯磨きをしたり、身支度をすることで新しい自分に毎日生れ変われる最高の時間。

それを理解し継続できる人は、朝が楽しみで夜を迎えます。



朝が楽しみ=朝が強くなる=一流になれる

朝が楽しみになると、人は夜の過ごし方を考えます。

深酒をすれば起きにくくなります。

夜遅くに食事をすれば朝食の魅力が半減します。

そんなことを考えていると朝が苦手な人も、朝を基準に毎日が組み立てられるようになり自然と規則正し生活になっていきます。

『朝が良い時間』だと思えるようになれば一流になるための『朝への投資』を考えましょう。

朝は贅沢をして、より良い時間を作る

朝のコーヒーはこだわりの一杯にする。

朝は自分のお気に入りのパン屋さんで、美味しいパンを食べる。

朝は自分のお気に入りのカフェや喫茶店でモーニングを食べる。

そんな贅沢な時間を1秒でも長く過ごすためには、サラリーマンであれば早起きをするしかありません。

そして、経営者であれば1秒でも長く贅沢な朝を過ごせるように経済的・精神的にストレスフリーな環境を築かなければなりません。

たった数百円のパン一つで、朝を幸せに感じる。

たった一口のコーヒーで、モチベーションが上がる。

たった1日の朝の過ごし方で、人生が変わる。

朝に強い『できる営業マン・ビジネスマン』になるためのテクニックは、

スパルタではなく『最高の贅沢』を覚えることだと言えます。