夏にホットコーヒーを飲む人はお金持ちが多いって本当?

今日は先日出張で打ち合わせをカフェでする際に、感じた『飲み物の注文』に対する違和感をお話しようと思います。

社員との打ち合わせは『アイスコーヒー』

お金持ちとは違うサラリーマン習慣

打ち合わせが始まる前に注文を聞きに来た店員さんを前に、「みんなアイスコーヒーでいいですか?」と打ち合わせメンバーに聞いたのです。

もちろん、『外は暑くてアイスコーヒーで良い』と思いました。

しかし、この打ち合わせを前にアイスコーヒーを飲んでしまい、朝食後も合わせるとすでに2杯コーヒーを飲んでいたのでアイスティーを飲みたかったのです。

でも、ここで「いや、私はアイスティーで。」とは言えませんでした。

役員会でアイスコーヒーが出ることはない

会社の重役や役員会などで冷たい水を出すこともなければ、アイスコーヒーを出すこともありません。

水は常温・お茶はホット。

キャリアが上の人ほど温かい飲み物を飲む傾向にあるのは、実は常識なのかもしれません。

コーヒーの飲み過ぎで営業マンが体調不良になる

営業マンが好きな『コーヒー』飲み過ぎで熱中症に!?

営業マンもビジネスマンも経営者も愛するコーヒーですが、コーヒーの飲み過ぎで胃痛や胃のムカつき、不快感を感じたことはありませんか?

それと同じようにコーヒーの飲みすぎて、知らず知らずのうちに脱水による熱中症の危険があります。

営業マンがコーヒーの飲み過ぎで体調不良になる理由

コーヒーの主な成分

ホットコーヒーの主な成分には『全多糖類・脂質・たんぱく質』の他に、『カフェイン』や『タンニン』も含まれています。

カフェインには眠気を覚ます興奮作用や覚醒作用、解熱鎮痛作用に加えて『利尿作用』があります。

利尿作用がある『コーヒー』の飲み過ぎに注意

ホットコーヒーを飲みながらオフィスで仕事をしている人や、営業先でホットコーヒーを日に何杯も飲む営業マンは多くいます。

食べ過ぎたわけでもないのにお腹がタプタプになっていませんか?

コーヒーばかり飲み他の飲み物を飲まないでいると、体内の水分量が著しく低下し脱水症状がおこります。

利尿作用を抑えるカフェインレスコーヒー(デカフェ)の存在

妊婦さんが飲むイメージのあるカフェインレスコーヒーは、1日中コーヒーを飲む営業マンにもオススメです。

カフェインレスコーヒーは液化した二酸化炭素に浸しカフェインの成分のみを抽出して作っています。

他にも日本で販売できるカフェイン抽出方法として水抽出があります。

水に浸して豆の成分を一旦出してからカフェイン以外の成分を戻す方法です。

液化した二酸化炭素を用いた方法は風味や味も優れていますがコストがかかるため売っている値段が高くなってしまいます。

スターバックスやタリーズコーヒーなど大手コーヒーショップでは取り扱われています。

コーヒーの飲み過ぎで頭痛や吐き気を感じる場合もある

コーヒーによる脱水にはコーヒーを1日に5杯以上飲む人は頭痛がよく起こると感じている人もいるかもしれません。

この頭痛の原因はコーヒーの飲み過ぎによる脱水症状だと言えます。

経口飲料水などで水分をとるとともにある食べ物を食べると早く良くなるようです。

コーヒーの飲み過ぎで起きる体調不良にはバナナが効く

コーヒーの飲み過ぎで起きる体調不良には『バナナ』が効果的です。

頭痛の原因はカフェインによってカルシウムやカリウムのバランスが崩され電解質を破壊します。

炭水化物であるバナナの持つ必須アミノ酸やビタミンの力で電解質のバランスが整い頭痛を緩和してくれます。

コーヒーの他にカフェインが入っているもの

茶葉を使った飲み物(緑茶・紅茶・ほうじ茶など)

コーラ(コカコーラ・ペプシなど)

栄養ドリンク・エナジードリンク

チョコレート

ちょっと高いスポーツドリンク

カフェインによりパフォーマンス力が上がることから、スポーツサプリメントなどにもカフェインが入っていることが多いと言えます。

コーヒーの飲み過ぎで起きる体調不良を防ぐ知識

『ドリップコーヒーとエスプレッソ』カフェインが多いのは

エスプレッソよりドリップコーヒーの方がカフェインの量は多いです。

カフェイン量(100mlあたり) カフェイン量(1回に飲む量あたり)
エスプレッソコーヒー 40~70mg 47~64mg(ショット1杯分・30ml)
ドリップコーヒー 156~213mg

95~165mg(カップ1杯分・237ml)

参照させて頂きましたページは一部省略等を行っております。Mayo Clinic/Caffeine content for coffee, tea, soda and more  

なぜならドリップコーヒーは1杯のコーヒーカップを満たす分だけ使っている豆の量が多いからです。

お金持ちが一番飲むもの『ミネラルウォーター』『水』

年収が高い人かどうかを判断するのは難しい話ですが、一流のホテルでラウンジのメニューに水が出てくるのに『ミネラルウォーター』というメニューがあります。

某世界的に有名な自動車メーカーの社長は自分で気に入った銘柄の水を海外から輸入して、販売までしたということを銀行の営業マンの同級生から聞いたことがありました。

そもそも「コーヒーでもなく、紅茶でもなく『水』を選択肢に加えることで一流の人に興味を持ってもらえそうだな」と感じました。



できるの営業マンは人より多く水を飲む

ミネラルウォーターとは

様々な原産地の地下水を汲み上げたものです。

『一流の営業マンやビジネスマン』『一流のスポーツ選手』など一流と呼ばれる人たちは浄水やお茶、コーヒーよりミネラルウォーターを好んで口にします。

ミネラルウォーターを選ぶ理由『歯』に理由?

一流と呼ばれる人たちの9割は白い歯にこだわりがあります。

お茶やコーヒーによる歯のステイン汚れがないことから、お茶より水を選ぶのだと言えます。

いや、それだけではない・・・と後半へ続きます。



海外出張の多い営業マンはミネラルウォーターを選ぶ

飲食店でわざわざミネラルウォーターを頼む理由は、衛生的な問題です。

自分で蓋を開けて飲むミネラルウォーターは、確実に殺菌されたものであり食中毒などの心配をする必要もありません。

日本人は海外での水当りを起こす率が高く、海外出張が多いビジネスマンは特に意識が高いといえます。

そして、根底として人間の体の半分以上が水分でできていることから飲み水にこだわることは重要だと言えます。

ミネラルウォーターの選び方

水には硬水や軟水といった水質に違いがあります。

硬水の水は脂肪燃焼の効果や便秘回復にも効果があるとの研究結果があり、午前中飲む水に最適だと言えます。

硬水のミネラルウォーター:『エビアン』『コントレックス』など

日本が原産の水はほとんどが軟水なことから、日本人の体質にはミネラルウォーターが合うようです。

軟水のミネラルウォーター:『クリスタルガイザー』『いろはす』など



エナジードリンクを飲まない

エナジードリンクとはカフェインやアルギニンなどの成分を多く含んだ清涼飲料水のことです。

海外から来たレッドブルの人気で日本でも数々のエナジードリンクが発売されトレンドとなっています。

しかし、カフェイン中毒や肝臓機能の低下などが報告されており、一流と呼ばれる人たちは決して口にしない飲み物だと言えます。

エナジードリンクを飲まない理由

エナジードリンクと栄養ドリンクはちがう

日本でエナジードリンクは清涼飲料水の分野です。

医薬部外品の栄養ドリンクとは全く異なります。

エナジードリンクには大量の砂糖や人工甘味料が使われているとともに、カフェインなど大量に摂取すると危険な成分も含まれています。

海外と日本のエナジードリンクの違い

海外で売られている同じメーカーのエナジードリンクには『タウリン』を使用していることが多いが、日本ではタウリンの成分が入った清涼飲料水は禁止されている為、『アルギニン』に変更されています。

日本で販売されているレッドブルやモンスターエナジーなどもアメリカなどで販売されているものと成分が全く違います。

日本では医薬品になる濃度の成分が発祥国では入っていることが多く、中毒性が強く死亡事故も多く発生しています。

エナジードリンクと危険な組み合わせ

アルコールとエナジードリンクの組み合わせは非常に危険です。

スポーツドリンクとアルコールの組み合わせが危険なことは知っている人も多くいると思います。

体内に吸収されるスピードが早く分解されにくいからです。

エナジードリンクの場合、これに加えてカフェインやアルギニンの効果で神経が高ぶることから、急性アルコール中毒に最もなりやすい組み合わせだと言えます。

ホットコーヒー率の方が若干高い自販機事情

いつも、滝枝さんが行きつけにしているカフェのマスターに聞いてみました。

すると、9割が夏でもこのカフェはホットコーヒーを注文するそうです。

そして残りの1割は新規のお客さんだそうです。

ちなみに、自動販売機(自販機)などでは4:6の割合でホットコーヒーが多いようです。

さらにサービスエリアの紙コップのコーヒーは濃いめばかりが売れるというデータもありました。



年収に関係なくホットコーヒーが好まれるのか

ここで一つ交わってしまったのが万人にホットコーヒーが好まれるという仮説です。

しかし、なぜホットコーヒーが好まれるかという理由では、サービスエリアなどの自販機では濃いさを調整するボタンがあり、眠気覚ましにカフェインを摂取したいプロの運転手などに好まれるということがわかりました。

なぜお金持ちはホットコーヒーを飲むのか

内臓を冷やさないため『冷たい飲み物を控える』

お金持ちほど体調管理に厳しく、シンプルに内蔵を冷やしたくないという理由だと教えてくれました。

ミネラルウォーターも飲む時には常温にするように心がけている人も多いようです。

あとはアイスコーヒーの方が濃いくカフェインの濃度も高いが、氷で薄まると毎日同じ味で美味しいコーヒーを楽しむことができないと教えてくれました。

さらに折角美味しいコーヒーを淹れてくれたら香りを楽しみたいそうです。

アイスコーヒーには確かに湯気はないため香りも出にくそうです。

その点ホットコーヒーは冷めていくスピードが習慣化されるとわかるのでホットコーヒーで同じ美味しさを日々感じることができることに魅力があるそうです。

『年収と夏にホットコーヒー事情』

このタイトルを一回はやめようかと思ったのですが、一つ私が気づいたことがあります。

お金に余裕がある人は運動をしっかりして、清潔な服に着替え、リラックスをして仕事をします。

さらに深掘りすると、カフェや喫茶店にも運転を頼み、エアコンで調整された室内で、エアコンで調整された店内へ行きます。

要するに年収が上がるほど、温度変化のない生活を送る傾向にあります。

『夏でもホットが飲めるし、冬でもかき氷を食べようと思えば食べられる環境にある。』

それが経済的余裕がある(=お金持ち)だと言えるのではないでしょうか。

 

PR

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎自分は一流なのか!?是非ご確認ください⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎情報収拾に最適!滝枝氏のipadに入っているアプリ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

✴︎一流養成学校 オススメ広告✴︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎少額投資 ベンチャー企業で資産形成⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎大人気docomo系列だから、安心して加入できる⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎キャリアUPはまずは下準備から⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎メンズも高額買取してくれます⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎