夏にホットコーヒーを飲む人はお金持ちが多いって本当?

どうも、こんにちは一流養成学校運営チームです。

今日は先日出張で打ち合わせをカフェでする際に、感じた『飲み物の注文』に対する違和感をお話しようと思います。

みんなアイスコーヒーで良い?

打ち合わせが始まる前に注文を聞きに来た店員さんを前に、「みんなアイスコーヒーでいいですか?」と打ち合わせメンバーに聞いたのです。

もちろん、外は暑くてアイスコーヒーで良いと思いました。

しかし、この打ち合わせを前にアイスコーヒーを飲んでしまい、朝食後も合わせるとすでに2杯コーヒーを飲んでいたのでアイスティーを飲みたかったのです。

でも、ここで「いや、私はアイスティーで。」とは言えませんでした。

そんな話を後日社長(滝枝)に話すると

「そもそも、暑いから冷たいものを飲むっていう発想を押し付けること自体あまりセンスがないよね」

というのです。

私は、「コーヒーか紅茶かではなく冷たいものを飲ませる」と言う部分に滝枝氏が引っかかったことに驚きました。

そして、もしかすると年収が高い人や成功事例を多く持つ人物は注文するものにも差があるのではないかと思ったのです。

お金持ちが一番飲むもの『ミネラルウォーター』『水』

年収が高い人かどうかを判断するのは難しい話ですが、一流のホテルでラウンジのメニューに水が出てくるのに『ミネラルウォーター』というメニューがあります。

某世界的に有名な自動車メーカーの社長は自分で気に入った銘柄の水を海外から輸入して、販売までしたということを銀行の営業マンの同級生から聞いたことがありました。

そもそも「コーヒーでもなく、紅茶でもなく『水』を選択肢に加えることで一流の人に興味を持ってもらえそうだな」と感じました。



滝枝さんは何を飲む?

一流養成学校という、このサイトで色々な人に話のネタや自己啓発に役立ててもらえるような情報をシェアしたいといつも言っている滝枝氏は、いつも何を飲んでいるのか観察してみました。

1日目

朝 コーヒー

昼 『ミネラルウォーター』

夕 『ミネラルウォーター』

夜 不明

 

2日目

朝 コーヒー

昼 『ミネラルウォーター』

夕 『ミネラルウォーター』

夜 不明

 

3日目

朝 コーヒー

昼 『ミネラルウォーター』

夕 コーヒー

夜 不明

 

 

これは、付け回して記録を取ったわけではないのですが、ルーティンがほぼ同じなのでだいたいわかります。

朝は、決まったメニューをしっかり食べて食事中は水を飲み、食後にホットコーヒーを飲みます。

いつも行くお店なので量まで決められているようで、滝枝さんのカップは通常の半分くらいのエスプレッソカップのラージサイズくらいにグアテマラのスペシャルブレンドを飲んでいます。

あとは、Volvic(ボルヴィック)です。

キリンビバレッジ ボルヴィック 500ml ペットボトル 1セット(48本:24本×2ケース) 【送料無料】

アルファードの冷蔵庫にも小さいタンブラーに入れられている水を見たことがあります。

結局所得が高い人はホットコーヒーなのか(本題まで遠すぎる)

いつも、滝枝さんが行きつけにしているカフェのマスターに聞いてみました。

すると、9割が夏でもこのカフェはホットコーヒーを注文するそうです。

そして残りの1割は新規のお客さんだそうです。

ちなみに、自動販売機(自販機)などでは4:6の割合でホットコーヒーが多いようです。

さらにサービスエリアの紙コップのコーヒーは濃いめばかりが売れるというデータもありました。



年収に関係なくホットコーヒーが好まれるのか

ここで一つ交わってしまったのが万人にホットコーヒーが好まれるという仮説です。

しかし、なぜホットコーヒーが好まれるかという理由では、サービスエリアなどの自販機では濃いさを調整するボタンがあり、眠気覚ましにカフェインを摂取したいプロの運転手などに好まれるということがわかりました。

一方、所得が高い人がなぜホットコーヒーなのか、がわからない私は、滝枝さんに質問をしてみました。

滝枝氏はなぜホットコーヒーを飲むのか

この質問に対して、滝枝氏はシンプルに内蔵を冷やしたくないという理由だと教えてくれました。

ミネラルウォーターも飲む時には常温にするように心がけているそうです。

あとはアイスコーヒーの方が濃いくカフェインの濃度も高いが、氷で薄まると毎日同じ味で美味しいコーヒーを楽しむことができないと教えてくれました。

さらに折角美味しいコーヒーを淹れてくれたら香りを楽しみたいそうです。

アイスコーヒーには確かに湯気はないため香りも出にくそうです。

その点ホットコーヒーは冷めていくスピードが習慣化されるとわかるのでホットコーヒーで同じ美味しさを日々感じることができることに魅力があるそうです。

企画倒れなタイトルをまとめる『年収と夏にホットコーヒー事情』

このタイトルを一回はやめようかと思ったのですが、一つ私が気づいたことがあります。

お金に余裕がある人は運動をしっかりして、清潔な服に着替え、リラックスをして仕事をします。

さらに深掘りすると、カフェや喫茶店にも運転を頼み、エアコンで調整された室内で、エアコンで調整された店内へ行きます。

要するに年収が上がるほど、温度変化のない生活を送る傾向にあります。

『夏でもホットが飲めるし、冬でもかき氷を食べようと思えば食べられる環境にある。』

それが経済的余裕がある(=お金持ち)だと言えるのではないでしょうか。

ちなみに、地方への出張時に滝枝氏はスターバックスで『イタリアンロースト』が本日のコーヒーだととても喜ぶそうです。

そのため、何かと贈り物が届く中スターバックスコーヒーのインスタントで飲める、イタリアンローストのスティックがたくさん置いてあります。

スターバックス イタリアンロースト48個(16×3箱) ダークロースト キューリグ kカップ K-CUP Starbucks Itallian

 

PR

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎自分は一流なのか!?是非ご確認ください⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎情報収拾に最適!滝枝氏のipadに入っているアプリ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

✴︎一流養成学校 オススメ広告✴︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎少額投資 ベンチャー企業で資産形成⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎大人気docomo系列だから、安心して加入できる⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎キャリアUPはまずは下準備から⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎メンズも高額買取してくれます⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎