FXの『順張り・逆張り』できないを解決【滝枝芳郎FX講座11】

こんにちは^^
滝枝芳郎FX講座】学級委員長の松崎久美です!

松崎久美のFXノート『定番のエントリーを知る』

滝枝先生のFX講座が久しぶりに開講されましたので情報共有をしていきます!

FXで『順張り・逆張り』ができない理由

FXの勝率はエントリーで決まる

FXは、株式投資とエントリー(買いや売りを入れること)をするタイミングが重要だと教えてくれました。

焦ってエントリーをするのは良くないし、待ちすぎても良くない。

この適度なタイミングというのが非常に難しく、FXで利益を上げているすごい方たちは、相場を読むこともしますが、自分の得意とする値動きを知っているというのです。

滝枝先生が言うには、得意を伸ばすのがFXの勝率をあげる重要なポイントだと言います。

具体的には、指標発表前(値動きが激しくなるタイミング)が得意なトレーダーが多いらしいですが、日本時間の夜中のドル円で言えば夜中の値動きを得意とするトレーダーもいるそうです。もちろん、日本時間の午前型、午後型というタイプもいるそうです。

そして、エントリーをする場合に買いから入るのか、売りから入るのかなど様々な決断がFXにはあるそうです。

FXで『順張り・逆張り』ができるようになる手法を知る

FXの手法は大分類で分けると順張りと逆張りの二種類に分けられる。

順張り:その時の相場の流れに従ってエントリーをする手法のこと

逆張り:相場の先を読んで反対方向に売買をする手法のこと

相場の流れに合わせて行う順張りと違い、逆張りは流れとは正反対の方向に取引をするのですから、勝率で言えば順張りの方が勝ちやすく、逆張りの勝率は低くなるそうです。

ただ、逆張りは勝率が低いですが、得意になると短時間で大きな利益を狙えます。

反対に、順張りは勝率こそ高いですが、既にトレンド(値動きの方向性)が発生した後にエントリーしているだけに、一回のトレードで稼げる利益が少ないです。

FXで『順張り・逆張り』ができないを解決する

FX初心者は順張りをメインでエントリーしていく

FX初心者が取引をする場合、順張りを基本に取引して、実際の市場の値動きのスピード感などになれている必要があると滝枝先生は続けて話をしてくれました。

いきなり逆張りから初めても反転のタイミングは順張りの動きを知っていてできることだから、基礎は順張で練習していく。

FXで『逆張り』を初心者ができないと言う理由

初心者の逆張りは欲張り?

時には成功するが、それに調子付いて何度も逆張りをすると、結果的に大損しFXを続けられなくなってしまうそうです。

FXは、運用や投資というカテゴリーですが、賭け事のように考えてしまうトレーダーも多いようです。

一発で大きな利益を出すエントリーを目指すのではなく、確実に利益が取れる相場でしっかり自分の読みの範疇で売買すること。

偶然相場が追い風になって味方してくれる時もあるそうですが、基本的には自分が『ここまでくらい』という基準をしっかりもっておくことが重要なんだよと話してくれました。

『順張り・逆張り』がFXで簡単にできるようになる秘訣

積み重ねる利益はお金以上に価値がある『勝ち癖』

初心者のうちは勝率の高い順張りを重視した取引をして、勝ち癖をつけることも重要だと言います。

たとえ100円でもプラスになれば、勝ちです。

あり得ない話だと言っていましたが、勝てると言う相場が1日100回くれば10000円になるのだと言っていました。

そんな勝ち癖を何度も重ねていくと逆張りのタイミングも自然と身につくそうです。

『順張り・逆張り』がFXで『できない』を克服

8割逆張りエントリーの億トレーダー

滝枝先生は。FXに使う時間が1日に何時間などと決めていないため、スワップポイントなども考慮した上で逆張りでエントリーをすると言っていました。

もちろん、逆張りが予想と違う方向にいくこともあるそうですが、その逆方向に行ったエントリーをベースに次のエントリーで利益を出すそうです。

これは滝枝先生は恥ずかしそうに行っていましたが、ナンピン(エントリーした時の値段よりも買い増し、売り増しして損を薄めること)するのもありだけど、基本的に3年以上持ち続けたポジションがないし、「寝かせちゃう」「忘れる」というのです。

確かに口座にお金があるならば、仮に10年置いていても損にはならない!

【まとめ】FXで『順張り・逆張り』ができない理由

松崎久美のFXノートの気づき

FXってもしかして噂よりも恐くないかも!

むちゃなトレードをしなればいいし、自分の持っているお金よりも随分少ない金額でエントリーすれば、損が多くなっても、少し待てばお金を連れて帰ってきてくれそう。