営業マンのためのFXで『順張り・逆張り』を上達させるコツ

営業マンFXトレーダーの悩み『順張り・逆張り』ができない理由

FXの勝率はエントリーで決まる

FXは、株式投資とエントリー(買いや売りを入れること)をするタイミングが重要です。

焦ってエントリーをするのは良くないし、待ちすぎても良くない。

この適度なタイミングというのが非常に難しく、FXで利益を上げているすごい方たちは、相場を読むこともしますが、自分の得意とする値動きを知っているという条件があります。

FXを営業マンが確実に利益に結びつけるには『得意を伸ばすFX』に着目するべきでしょう。

FXで『順張り・逆張り』を上達させるコツとは?

プロのトレーダーでなく営業マンができるテクニックとは?

【おさらい】

FXの手法は大分類で分けると順張りと逆張りの二種類に分けられる。

順張り:その時の相場の流れに従ってエントリーをする手法のこと

逆張り:相場の先を読んで反対方向に売買をする手法のこと

相場の流れに合わせて行う順張りと違い、逆張りは流れとは正反対の方向に取引をするのですから、勝率で言えば順張りの方が勝ちやすく、逆張りの勝率は低くなります

ただ、逆張りは慣れないうち勝率が低いですが、得意になると短時間で大きな利益を狙えます。

反対に、順張りは勝率こそ高いですが、既にトレンド(値動きの方向性)が発生した後にエントリーしているだけに、一回のトレードで稼げる利益が少ないです。

積み重ねる利益はお金以上に価値がある『勝ち癖』

初心者のうちは勝率の高い順張りを重視した取引をして、勝ち癖をつけることも重要だと言います。

たとえ100円でもプラスになれば、勝ちです。

あり得ない話だと言っていましたが、勝てると言う相場が1日100回くれば10000円になるのだと言っていました。

そんな勝ち癖を何度も重ねていくと逆張りのタイミングも自然と身につくそうです。

営業マンで『順張り・逆張り』が上手にできない理由

FX初心者は順張りをメインでエントリーしていく

FX初心者が取引をする場合、順張りを基本に取引して、実際の市場の値動きのスピード感などになれている必要があります。

反転のタイミングは順張りでトレーニングし動きを知っていてできることです。

最初は『順張』メインでトレードするというルールを作る。

営業マンがFXで『逆張り』できないと言う理由

初心者トレーダーの逆張りは欲張り?

時には成功するが、それに調子付いて何度も逆張りをすると、結果的に大損しFXを続けられなくなってしまうそうです。

FXは、運用や投資というカテゴリーですが、賭け事のように考えてしまうトレーダーも多いようです。

一発で大きな利益を出すエントリーを目指すのではなく、確実に利益が取れる相場でしっかり自分の読みの範疇で売買すること。

『なぜ』いつもFXは逆に動いて連敗するのか

なぜ売れば上がる。買えば下がるのか。

これは本当に残念ですが、正解がない質問です。

『なぜ売れば上がる。買えば下がるのか。』本当に単刀直入にずばりで言えば、『待てない』投資家、トレーダーになっていませんか?

と質問をしたいです。

ついつい、ポジションを持つが含み損の金額についつい買えば売りたくなってしまうのです。

私自身、過去にお話しましたが自己中心的な投資家が上手くいかないという話をチラッとしたことがあります。

簡単に言えば、「自分勝手にここだ」と決めているだけで相場は色々な時間軸によって為替相場の反応はガラッと変わります。

特に営業マンという仕事の性質上、チャートをみる時間が限られているため、ついつい手を出してしまう場合もあるでしょう。

『なぜ売れば上がる。買えば下がるのか。』を解決させるスキル

スキャルピングで逆張り意識をさせすぎないこと

スキャルピングは推奨派の私ですが、意識しすぎて短期のチャートを見るとトレンドの波と逆でポジションを取ってしまいがちです。

・自分は営業マンでラッキーだと感謝する

大体のトレーダーが携帯かPCで、画面のチャートとにらみ合いをしています。

ですが、皆さんは営業マンです。

あえて言うならば、トレードをするタイミングが自動的に絞られるため、無駄なエントリーも物理的に減らすことができます。

それは、『営業マンでラッキー』と思って、しっかり相場を待ちましょう。

サボりながら得意なチャートの流れを待つ

どのみち、基本は自分の意思と逆に動くと信じれば、『どうせ、逆いくんだろ』と寝て待ってみることです。

私は基本的に原稿を書きながらポジションを取っているので、気づけば利益が出ています。

いつも使っている時間足より長めのチャートを見てみる

実は『なぜ売れば上がる。買えば下がるのか。』にかなり効きます。

『なぜ売れば上がる。買えば下がるのか。』を考えるより『当たり前』だと開き直る

理由を考えても、どのみち逆のポジションを握るものです。

結果は『売れば上がる。買えば下がる』は変わりません。

それに理由がわかっても解決方法はありません。

しかし、唯一FXで変わらないことがあります。

『売れば上がる。買えば下がる。』でも自分の口座のお金が増え続ければ良いわけで『損が利益より増えない』ようにすれば良いのです。

『10pips損切りルール』でリスク管理

重要な損切りのルールを作る

『10pips損切りルール』

初心者は『損切り』をしっかり学べる

初心者は慎重にトレードをするため、慎重にトレードしすぎてチャンスを失い、損切りを早くしすぎたり、損切りが遅れたりと散々な失敗をします。

しかし、初心者だからこそ、資本が少ないし、lotも過剰に増やさないので損も比較的少なく致命傷にならないので、今のうちの損はしておくべきだと言います。

自分のお金だからこそ、減らしたくない。

もちろん、正直そんな気持ちで全投資家の心はいっぱいです。

勝つことを目的にFXを始めた人からすると、そんなのありえないと思うかもしれませんが、損切りを覚えずにFXを始めると、ほとんどの人は生き残れなくなってしまします。

そして、生き残ることが出来る人のほとんどが損切りの重要性に気が付き、実践し、その結果として生き残ることに成功するのです。

営業マンのための『10pips損切りルール』とは?

シンプルに10pipsの損失が発生したら損切りをする。

これ絶対厳守する。

FXの負け≠破産、FXの負け=市場が考えと違う方向に行くこと

営業マンはFXで安心してエントリーするべき:破産するものではない

それはFXを始めた人のほとんどが資金に見合わない利益を夢見てしまうからのようです。

聞いたり見たりした情報で、今は円安だ!著名人がこれから円高になる!と言ったよく考えれば噂だけの根拠のない情報を信じてしまう人ほど、儲け話しに感情的になり、損切りできず、やがて結果的にどんどんと追い詰められてしまうのです。

営業マンのFXで破産をして辞める人の特徴

少ない資金で大きなレバレッジ・動きの激しいレートを選択すること

FXを辞める人の特徴で一番多いのが「身の丈に合わないトレードをする」というものだと言います。

少ない資金に大きなレバレッジをかけて大きなロット数の建玉を建ててしまうことで、証拠金維持率がすぐに強制ロスカットまで下がってしまう可能性が高くなるからだそうです。

このようなトレードを繰り返す人は小さな資金で一攫千金を狙うキャンブルと変わりありません。ギャンブルはハイリターンではありますがそれ以上にハイリスクでよね。夢見る人に多いパターンです。

FXは博打じゃない。破産をする投資はない。

FXで破産した営業マンの投資方法

一心不乱にエントリーや決済を繰り返す

テクニカル指標やマーケット状況について、まったく知識のないままの状態でトレードを始めると、トレードで負けてしまう可能性が高くなります。

注意して押さえておきたいのは、直近で為替の変動が大きくなりそうな情報やFX会社の配信情報をチェックすることです。

初心を忘れない。

FXを営業マンが1年以内にやめる理由

1年間のFX勉強期間に本当に資産を崩してしまう恐れもあります。

そんな資産や原資、元本を1年で溶かす(損失を出す)ことをしないように対策を考えて常にアップデートしていくことが必要です。

FXの最初の1年が重要で、1年間で無理した投資や、プロの真似をしてビギナーズラックを覚えてしまうと必ず損をしてしまいます・

自分自身にあった損切り(損をしても一定の損で資産を守ること)のルールを作り、必要以上の損失の拡大を防くのが1年間で最も身につけるべきスキルだと言えます。

一年を通じて、見事に元本を守り抜くことができれば、トレーダーとして自信がもてますし、二年目以降からは安定して利益を伸ばせるようになっているはずです。

FXを一年で諦める営業マンのパターン

まず、”FXを諦める人”の2つのパターンがあります。

1つ目は、「FX取引以外にやりたいことができた」や「自分にFXは不向き」という理由で”FXは諦める”人です。

2つ目は”強制的に辞めざるおえない人”です。大きなレバレッジを掛けた取引を繰り返して、大きな損失を出してしまい、結果的に資金が底を尽き、マイナスとなり「FX取引ができなくなる」という状態になってしまった場合の人です。

前者は「大きな損失を出す前にリスク回避した」「他のことにチャレンジしたい」という風に、考え方によっては、ポジティブな諦めだと言えるでしょう。このパターンの諦めは、その後の人生にプラスになる場合もあるようですが、問題なのは後者です。

諦めるしかないFXトレーダー

『強制的にやめざるおえないトレーダー』

強制的に辞めざるおえないトレーダーは、FXで大きな金額を失ったことを意味します。

一回だけならまだいいのですが、もしかしたら「ギャンブル依存症」のような症状が出てしまう人もいるようです。

例えば、取引を続けるために借金までしてしまったり、生活や家族を犠牲にしてでもトレードを繰り返して、マイナススパイラルに飛び込んでしまう人も多いと滝枝先生は言います。

FXを一年で卒業する理由

FXを辞める理由とは、最高なのは『早期引退』というパターン。

この人たちは一流のFX成功者だと言います。

人生に必要なだけのお金をFXで作ることに成功したという人や、FXより安定して稼げる方法を見つけた人たちです。

一流のトレーダーほどFXに見切りをつける決断は早いと言います。

FXをやる理由や目的が無くなった時、上級者は上手にFXを『卒業』していきます。

FXは上級者ほど、いつ莫大な損失を抱えるかわからない、ストレスを知っているのからです。

安定して利益を上げるトレーダーであってもプレッシャーやストレスにを抱える事に次の目標をたて、『卒業』を決断する人が多くいます。

FXで破産しないための営業マンの思考とは

FXは博打じゃない。

初心を忘れない。

難しいグラフみたいなものを見るより

他のトレーダーの心理を読むこと。

 


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
口座開設&500lot以上の取引で
現金20,000円キャッシュバック!

まとめFXで99%営業マンが儲かる相場もある

FXとは簡単に言えば為替が上がるか下がるかだけの話です。

もっと言えば、99%上がるタイミングも下がるタイミングも存在します。

逆に大損をする人がいる理由

・手数が多い(取引数が多い)

・レバレッジ(自己資金以上の投資をする)

このたった2つだけなのです。

手数(トレードの数)で考えれば多ければ多いほど増やせることもできれば、リスクも上がります。

FXのトレーダーはギャンブル性をいつのまにか楽しんでしまっている心理状態となってしまっていて、『売っては買って・買っては売って』を繰り返すのです。

レバレッジとは最近日本では規制も厳しくなってきましたが、簡単に言えば1万円の自己資金で25倍の資金があるのと同様の取引をすることができるという仕組みです。

その代わり25倍分の損もあり得るため、ここで大損を誘発します。

FXは儲かるから大損する

人間は欲深い生き物なのを痛く感じるのもFXです。

つい、もう一度あの感覚を・・・と思ってしまうかもしれませんが、その欲を抑えられる営業マンこそ、トレーダーこそが資本をお金を増やすことができます。

FXは99%勝てる相場も必ずある

その相場の時しか運用しなければ良いだけの話なのです。

その相場とは少しばかり長くなるので別の記事に書いていこうと思います。

この記事では、この記事を読んで『FXをやるかやらないか』という決断する力。すなわち決断力を身につけてもらいたいと思っています。

逆にいえばその相場でトレードをしなければ、損をする可能性はかなり低いです。

1株100万円以上する一流の上場株を買うより安定性があると言いきれるほどです。

お金が増えればプロも初心者も関係ないのが投資の世界

この相場感を習得するには、テクニック本やメルマガなどを買いあさって失敗しながら習得できるかどうかが、一つの投資家としての分かれ目でした。

FXで営業マンでは得られない『資産』を手にすることも

やるという『行動』

決めるという『決断力』

相場を待つ『忍耐力』

この3つを養えるならお金を払ってでも経験すべき一流への通り道だと言えます。

どれだけ一流の大学を卒業し有名企業に勤めても、一つだけはハズレくじを引くと人生を大きくロスしてしまうのが今の社会人としての『時代』です

就職氷河期に就職した人間は、就職できたことに感謝しろとハラスメントまがいの教育を行い、キャリアアップや個の強みを活かすという言葉など無視です。

それに加え派閥や、就業規定による副業の禁止や資産運用の禁止など、今の仕事がなくなった時のリスク管理が全くできないように縛り上げたのが今、生き残る古い企業の特徴です。

今からの時代はできることを伸ばし、好きなだけ好きなことに特化して、プロフェッショナルの上をいくことが課題だと言えます。

ベルトコンベア式のビジネスであれば全てのルーティンを平均的にこなすことができる人材など、成功者になるには不要で、お金持ちの思考としては程遠いことです。

努力や労働時間はお金にレバレッジをかけられない・資産にもならない

できる営業マンはサボっていると何度か記事として取り上げた一流養成学校ですが、努力だけではお金も成果も結果も生まれません。

なぜなら皆が平均的に努力はしているからです。

どれだけ得意なことに特化して2倍以上のレバレッジが効かせられても、不得意な部分で残残業するのはマイナスにレバレッジを2倍以上効かせてしまいます。

具体的に、お金や結果・成果よりもメンタルへの負担が大きいのです。

営業マンで稼ぎたい人のための『初心者FX』

FXで営業マンがお金を増やす秘訣