一流の営業マンやビジネスマンは『手袋』に自己投資すべき

冬になると手が悴む(かじかむ)季節になります。

営業マンやビジネスマンは会社の経営者などとはまだ違い、仕事環境で外に出るシーンが多いでしょう。

特にビジネスマンであれば、海外出張も増えると海外の寒さ対策に頭を悩ませると思います。

今回はそんな皆さんへ、手袋を自己投資することをお勧めするお話をしてみようと思います。

➡︎モテる手袋とビジネス手袋はここが違う、『ホッコリ紳士』になる記事

上質な手袋にお金をかけるべき理由

営業マンやビジネスマンは冷たい手だと握手で印象が悪い

 

営業マンやビジネスマンは冷え切った手だと字が綺麗に書けない

 

営業マンやビジネスマンは冷たい手だとパソコンやタブレット・スマホの生産性が下がる

この3つの理由から、手袋は上質なもので手を寒さから守ることが重要だと言えます。

私は3つの手袋でシーン分け

・レザー手袋:ビジネス

 

・カシミアニット手袋:ビジネスカジュアル・休日➡︎オススメ手袋公開中

 

・マイクロファイバー系手袋:スポーツ

私は手袋を現役の営業マン時代はレザーが3つ、カシミアニットが2つ、マイクロファイバーの手袋が1つでした。

今は3つだけになりました。

実際レザー手袋の使い分けは本当の極寒だとカシミアよりもラビットファーの裏地の方が良いとニューヨークのデパートで教えてもらい急いで購入しました。

カシミアニットはオヤジ臭い・貧乏臭い・軍手かと思われるかもしれませんが。カシミアの手袋は想像以上に暖かく気持ちいいです。

そして少しカジュアルなスタイルに、レザーの手袋だとアンマッチなところもあり、あえて少しカジュアルで可愛らしいものを選んでいました。

マイクロファイバーの手袋は主にスポーツです。

ゴルフのグローブとは別にティーショット待ちやラウンドに使ったり、ランニングや散歩・ロードバイクなど様々なシーンで使いました。

今回はレザーの手袋だけ大きくブランドで分けてみますが、実際マイクロファイバーの手袋で私が愛用していたのは、ノースフェイスです。

では、ここからは私のおすすめ・愛用の手袋をご紹介します。

一流の手袋・グローブブランドといえば、『デンツ』

デンツの手袋はこれもニューヨークのデパートで、勧められました。

「スーツに合う、シンプルで一番暖かく丈夫なもの」と伝えたら『デンツ』と言われました。

その紳士的な販売員は手袋は素材も大切だが、サイズ感も重要だからぜひトライしてフィット感を確かめてほしいと言われ5本ほど着け比べをしました。

確かに、ライナーはカシミアがほとんどですが、手袋のステッチが中に縫い込まれていると爪との間に当たっている感じや、大きめだと冷たい空気がスカスカと入ります。

そして。販売員は上質な手袋は高級紳士靴と同じで、タイト(きつい)から自分のサイズにしておくほうがいい。とアドバイスされました。

私は手袋など100ドル(15000円)くらいで買えるのかと思っていたら500ドルと言われて驚きましたが、実は今だに現役の手袋なのでコスパは最高だと言えます。

(ライナーやステッチも修理屋に頼むとしてくれます)

007になりきり、ダンディに街を歩く朝も悪くない

一流の男、ジェームズボンドもデンツを着用していたと少し前に耳にしました。

トムフォードのスーツにクロケット&ジョーンズのシューズ。

オメガの時計にアストンマーティン、一流のダンディズムのかたまりだと思っています。

私の憧れの紳士像の一つです。

そんな007になりきってオフィスや取引先に背筋を伸ばして、闊歩できるなら手袋くらい奮発してもバチは当たらないでしょう。➡︎メンズのハイブランドファッションはサカゼンが安心も安さも強い

【2020年冬 改定版】一流の営業マンやビジネスマンは手袋に自己投資すべき2