知っておくべきMATEとe-bike

知っておくべきMATEとe-bike

知っておくべきMATEとE-bike

次世代電動自転車=E-bike

ママチャリと呼ばれる子供や買い物袋を入れられるカゴ付きの自転車にあったアシスト付き自転車がファッシャナブルでさらに高機能になって登場したと言えます。

元々のアシスト自転車=ママチャリ

ママチャリベースのアシスト付き自転車は従来バッテリーの容量も小さく、充電時間の割に長距離走ることができず、バッテリーの持ち運びもかなり重労働でした。

しかし近年のE-bikeはなによりお洒落で若者向けとも言えるデザインが多いのが特徴です。

近年の自転車ブームをさらに後押しするのがE-bikeです。

自転車通勤でもE-bikeに魅力

自転車通勤でロードバイクやクロスバイクの乗っている方は、どうしても坂道などの多い街では、いくら健康維持だと言っても汗だくでオフィスを入るのは忍びないという意見も多くありました。

その点、E-bikeは行きの通勤はモーターをフル活用して体力を温存し、帰りはしっかり自力で帰るという選択肢を持つことができます。

例えば、次の日が出張で荷物が多いという時にもアシストがあるだけで、自転車を置いて帰るのが不安という心配も回避することができます。

変則ギア+モーターアシスト=E-bike

モーターによるアシストもバッテリーによるものですが、最近のリチウムイオンバッテリーは100km以上を充電なしにアシストすることができるものもあります。

そして、電気代は多少あるとしても原付バイクのガソリン代やヘルメットによる髪型の崩れなどを気にせず乗れるため自転車とは思えないほど高いE-bikeもありますが、コスパは非常に高いといえます。

芸能人の所有・愛用率の高いMATE

窪塚洋介さんのMATE

仁香さんのMATE

 

MATE. BIKE2016年にデンマーク、コペンハーゲンにおいて、今日のひどい交通渋滞と気候変動などの環境問題を危惧したChristian Adel MichaelとJulie Kronstrøm Cartonの二人の姉弟によって設立されたE-BIKE/電動自転車ブランドである。
E-BIKEを「カッコよく」、「実践的に」設計することで、自転車というものが世界的に都市で住む人たちにとって、より社会地位の高い交通手段として根付いてほしいという願いから、2016年の夏に初代「MATE」をリリースし、それが$6,800,000USD(7億円)もの出資をクラウドファンディングで集めることとなる。さらに、2018年7月には2回目のクラウドファンディングのキャンペンで「MATE. X」をリリースし、それは$17,000,000USD(19億円)もの出資を達成し、ヨーロッパ史上一番成功したクラウドファンディングとなった。
このようにMATE.は自転車王国のデンマークで最も成功を収めたクラウドファンディングプロジェクトであり、現在も継続して世界中の人々から支援をもらっており、現在までに出荷されたMATE.は22,000台近くにのぼり、エコクリーン、クール、スムーズな交通の実現に貢献している。それはひとえにMATE.の支援者のコミュニティからもらった数多くのフィードバックのおかげで次世代のE-BIKEを生み出すことができた。

MATE公式サイトから引用

E-BIKE推しの芸能人の方をご紹介

市川海老蔵さん logo:LOUIS GARNEAU

AVIATOR-E 本体価格:¥217,800(税抜価格¥198,000)

ルイガノ アビエーターE MATTE GRAPHITE 電動アシスト自転車 LOUIS GARNEAU AVIATOR-E

スポーツライドに最適なAVIATORシリーズにSHIMANO社製ドライブユニット「STEPS」を搭載したE-BIKEが登場。36V/10.9Ah大容量バッテリーにより1回の充電で100km以上の走行が可能となり、あなたのロングライドの幅が更に広がることでしょう。これまで苦手だった上り坂や向い風だってアシストのパワーで楽々走破。普段の街乗りにも最適なオプションパーツもご用意しています。.louisgarneau公式サイトより引用

 

手越祐也さん SUPER73-SG1 (Black)

「Super73」は、自転車の乗りやすさに加え、バイク独特の感覚とその頑丈さを組み合わせ、道を選ばずに乗ることができる新しい電動アシスト自転車です。

1970年代にカリフォルニアで流行したミニバイクから着想を得たアイコニックなフレームに、パワフルな電動モーターと太いタイヤを備えた「Super73」は、乗る者を冒険へと連れて行ってくれます。

公式ホームページより引用 https://super73.jp/products/super73-s1-black

育メン・パパはママと兼用でE-bike?

ブリヂストンサイクルのHYDEE.II(ハイディーツー)がダントツ人気

ブリヂストンサイクルのHYDEE.II(ハイディーツー)とは?

ハイディ2はペダルを漕ぐ力は後輪、モーターの力が前輪に働くデュアルドライブ方式の電動自転車です

「 モーターブレーキ」という制御ブレーキが搭載され子供を乗せての急な下り坂でも速度のコントロールがしやすいという特徴もあります。

左のハンドルに付いているスマートワンタッチパネルで電動自転車の特徴であるアシストモードの切り替えやライト、ハンドルロックがボタンひとつで簡単に操作できます。

標準装備のリヤチャイルドシートに加え、専用のフロントチャイルドシートを追加できるという特徴もあり子供を2人乗せることができます。

井上和香さん

https://ameblo.jp/inoue-waka/entry-12219952504.html

スザンヌさん

国仲恭子さん

鈴木六夏さん

渡部建さん

ライフスタイルカテゴリの最新記事