営業マンがパチンコにハマる理由

営業マンがパチンコにハマる理由

営業マンがパチンコにハマる理由

ギャンブルというのは元々好き嫌いが分かれるものですが、営業マンはかなりの率でパチンコ店やパチンコの台について詳しい傾向にあります。

営業マンはパチンコをするきっかけがあるのか?

それともパチンコが好きな人が営業マンになりやすいのか?

そして、営業マンがパチンコに行ってバレないのか。

気になるところだと思います。

営業マンがパチンコにハマる理由と傾向

営業マンがパチンコをするきっかけというのはさまざまで、大学時代などからパチンコやスロットに興味があり、社会人になり軍資金が増えたため通う頻度が多くなる場合があります。

その他にもサボるというより時間潰しで入ったのがきっかけのパチンコにハマるタイプも多いようです。

営業マンがパチンコにハマる理由は『不良先輩上司』

不良先輩上司からの甘い誘い。

外回りの帰りに今日は終礼遅いから、ちょっと時間を潰しに行こうと誘われたのがきっかけで営業マンの特権を知ってしまうということも多いようです。

本来、上司や先輩の商談や手伝いに同行した場合、缶コーヒーくらいがギャラになりますが、この台打っておいてという不良系先輩営業もいます。

自分のお金でやっていない時に限って良い台に当たるモノで、その高揚感が忘れられず自分でも営業をサボってパチンコに行くことになってしまいます。

私たちのサイトでも大人気のサボる営業記事なんですが、やはり先輩営業でサボりが度を超えている人も中にはいます。

営業マンがパチンコにハマる理由は時間潰し

パチンコを打つのが悪いと正直言えません。

営業のほとんどがあらゆるサボり方をしているからです。

しかしパチンコの弱点でありデメリットはお金が減ることと個室がないということです。

ラブホテルやカプセルホテルでの仮眠、喫茶店やファミレスでのサボりは言い訳ができます。

パチンコを打っていて「商談との合間なんです・・・」はさすがに許されることはないためリスクがあります。

営業マンがパチンコにハマるとお金がなくなる

売れない営業がこのパチンコのうまみを知ってしまうと『ストレス発散』にパチンコへ行ってしまうようになります。

パチンコの勝率がどうかはわかりませんが、精神的に余裕がない人ほどギャンブルは大きく張って負けてしまいます。

取引先や上司にバレる前にクレジットカードのキャッシュローンを利用し始めたり、生活費をパチンコに入れてしまうなど生活水準が著しく下がるリスクもあります。

どうせ営業マンがサボるなら・・・

どうせ何かしらどこかしらで営業マンはハードワークのシワ埋めにサボるならばリスクは最小限にしておく方がいいでしょう。

仮に女性と昼にデートをしていても手を繋いでラブホテルから出てこない限りほとんどの場合は言い逃れできます。

しかし、パチンコやスロットはバレる要素とバレた時のリスクが非常に大きいので注意が必要です。

パチンコ打つなら競馬か競輪?

もうギャンブル依存症かもしれない・・・と思っている方はせめて職を失わないようにだけ自分を調整していくことをオススメします。

人間生きていれば一流どころかどん底にいってしまう時もあります。

どん底まで落ちる前に方向転換ができるかが重要です。

万が一営業マンがパチンコ サボりがバレたらクビ?

「クビ!!」と言いたいところですが、中小企業であればクビのリスクはありますが一流企業や大きい会社はクビにはしない傾向があります。

解雇するにはそれなりの理由が必要で、クビにするには会社が裏付けや証拠も必要です。

そのため事実が発覚した場合、ほとんどが内勤職で昇格も給料も上がらない状況で籍は置いてもらえます。

簡単にはクビにできませんが、このような異動になった場合は休日にパチンコすら十分に打てないくらいの収入しか得られないので自分で転職する選択肢を取る場合が多いです。

営業マンがパチンコ サボりがバレたらどうする?

バレたら嘘はつかないほうが賢明です。

誠心誠意の謝罪と今後の処遇を受けるという意志を伝えるべきです。

というのも、そこで「なら辞めてやる!」と啖呵を切ると次の転職先で前職の職歴確認で筒抜けになってしまうこともあります。

しかし、一定期間無職になるとそれはそれでその期間に何をしていたんだ?となるため退職理由と休職期間のつじつまが不自然です。

そのためどれだけ過酷でひどい条件でも会社には一定期間バレても居座る。

これが自分の最大限のキャリア保護だと言えます。

サイコパスでない限り仕事中のパチンコは罪悪感との勝負

年に数回、出張帰りの移動待ちで座ってみようか、くらいならばまずバレないでしょうし、『たまにの・・・』という感覚があるはずです。

しかし、週に1回以上となると、余程のメンタルでない限り仕事そのものへ罪悪感を感じるようになります。

「どうせサボってるし」「俺なんて」と。

どんどんマイナスな感情が生まれるのもサボる営業の失敗例です。

売れている営業マンがサボっても罪悪感がない理由

売れている営業マンはサボることで『売れる』という結果とジンクスを持っている場合が多いためです。

もっと言えば、サボっているのがご褒美でありその分頑張れる、という気持ちなのです。

営業マンがパチンコにハマってしまったら・・・

営業中のパチンコにハマってしまったらせめて、直行直帰の理由をつけてパチンコに行くことをお勧めします。

残業中も結局は仕事の生産性が低いことが多いので、それであればそもそも残業がない営業マンと同じサイクルの日を作れば、サボっているのではなくプライベートでパチンコに行っていると言えるのです。

そうすれば「あいつ残業サボってパチンコ行ってた」と話が出ても用事の日を間違えたとか、用事まで時間があったと言えば会社では少なくとも罪として処罰されることはありません。

 

営業マンがパチンコにハマって借金が膨らんだら・・・

まずは借金は一つにまとめることをお勧めします。

理由としては借入の金利を低くすることで総額での支払いを減らすことができる可能性が高いことです。

そして返済日は月に1回にしておくことで残高の調整もしやすくなります。

コラムカテゴリの最新記事