20代の営業マンが『ウブロやロレックス』評価や印象は?

20代の営業マンが『ウブロやロレックス』評価や印象は?

20代の営業マンが『ウブロやロレックス』評価はどうなる?

20代を振り返ってみると皆さんも随分「若かった」と反省することがあると思います。

それこそ、『大人の仲間入り』として高級な腕時計やクルマ、ブランド物を選びたがる『年頃』と言えばその通りです。

では、自分が上司・同僚・お客さん・取引先だった場合、20代の営業マンが『ウブロやロレックス』など高級腕時計をしていたら評価や感想はどうなるでしょうか?

20代の営業マンが『ウブロやロレックス』問題なし

ある一定の年代になり経済的な余裕ができると、20代の営業マンが『ウブロやロレックス』をしていると、昔の自分を見ているようだ、或いは20代の時はそんな高価の時計買えなかった、と評価として問題ない印象を持つ人が増えます。

特に、家がお金持ちというよりも、欲しくて毎日カップ麺でローンで5年払いです。

というような20代の営業マンは『若くて勢いがある』と感じるはずです。

20代の営業マンが『ウブロやロレックス』印象に問題あり

例えば、相手の仕事や取引先の業種によっては「買えるのに付けられない」層もいます。

特に課長・係長クラスの人たちは、年代として結婚や子育て・住宅ローンなど好きにお金を使えない時期です。

そんな中、自分より年下で『お願い営業』をしにきた営業マンがウブロやロレックスをしているとなれば、良い気持ちはしないでしょう。

20代の営業マンが『ウブロやロレックス』嫉妬や妬みの原因

20代の営業マンが『ウブロやロレックス』などの高級腕時計をすることに、問題はありません。

しかし、嫉妬や妬みは自己顕示欲の副作用として現れます。

嫉妬や妬みなど恐れず、実力でぶつかっていける自信があるならば、どんどん身につけてモチベーションを上げればいいでしょう。

「生意気だ、100年早い!」と言われるために付けるのも一つ

生意気だ、と正面でクレームを言ってくれるお客さんや取引先は、見込み客として大切にするべきです。

『生意気な奴ほど可愛い』これは20代で若ければ若いほど、ギャップがある分効果が生まれます。

高校生がコーヒーをブラックで飲んでいても、「早いんじゃない?」くらいでしょう。

でも、小学3年生の子が「コーヒーはブラックで」というと「早い!」けど「生意気で可愛いな」と感じるはずです。

20代の営業マンが『ウブロやロレックス』をする価値はある

20代の営業マンが早い時期から『ウブロやロレックス』などの高級腕時計を身につけるのは、価値あることでもあります。

早くから一流の品物に触れることで、本来のブランドの価値が理解できるまで人より早くなる傾向があるからです。

例えば、『高いモノ=良いモノ』とは限らずTPOによって自分の見せ方に注意をするようになるはずです。

例えば、会合や会食に参加し、『なぜ自分より偉い人が自分より安い腕時計をしているのか?』と疑問に感じるのもとてもいいことです。

『なぜ自分より偉い人が自分より安い腕時計をしているのか?』

会社んもオーナー社長は20代の営業マンの10倍以上の年収を稼いでいるのに、なぜセイコーやシチズンをしているのだろう。

そんな疑問を感じると『人の見る目』が上がります。

『お金を持っている人ほど、お金を持っていることをアピールしない地味さがある』

『開業して数年の自営業の人の方が、高級車でブランドモノを多く持っている』

そんな法則を自分なりに理解すると、提案する品物や情報・商品が変わってくるはずです。

20代の営業マンがしていたらぶん殴るか褒めるか

仮にも20代の営業マンの父親ならぶん殴りたくもなるかもしれません。

なんで「息子はこんな派手な腕時計をして偉そうに会社へ行くんだ」と。

でも実際、20代の営業マンがどんな商品をの営業をするかによっても、変わってくるでしょう。

「どれ見せて」「いいね。」「俺今年これ買ったんだ」と見せてくれるようなお客さんを商売相手にするなら自己投資としていいかもしれません。

高級腕時計講座カテゴリの最新記事