できる営業マンの整理・整頓方法を学ぶ

できる営業マンの整理・整頓方法を学ぶ

できる営業マンの整理・整頓方法を学ぶ

できる営業マンは仕事ができるのは当たり前ですが、なぜ仕事ができるのか。と考えてみたことがありますか?

話が上手で、清潔感があり、仕事が早い。

そんな3つの全てに使われるのが整理・整頓するスキルです。

今回はそんなできる営業マンになるための整理整頓術をお話していきます。

整理・整頓の意味を間違える営業マンが多い

整理と整頓は同じ括りで単語化されていますが、整理と整頓は意味が異なります。

整理:必要なモノと不要なモノを分けて、不要なモノは処分する意味が強い。

 

整頓:必要なモノをいつでも誰でも取り出せるよう片付けること、ファイリングなどをして配置すること」を言います。

できる営業マンの整理・整頓の共通点とは?

モノが少ないということです。

書類などは日々必要でなくなっていき、優先順位が変わっていきます。

できる営業マンの机の上は見積もり書やパンフレット・レシートなどで散らかっているでしょうか?

できる営業マンは『仕事ができる』環境に整理し整頓を皆さんが気づかないうちにしているのです。

【中古】 超一流は、なぜ、デスクがキレイなのか? /千田琢哉(著者) 【中古】afb

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

稼ぐ男の身のまわり [ 千田琢哉 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/11/16時点)

楽天で購入

 

できる営業マンの成功プロセス

できる営業マンの頭の中も整理整頓されている

・書類がどこにあるか頭でイメージできる

・始業と同時に仕事は開始できる

・『机の上を片付ける』ということをしなくても常に整頓されている

・雑念がなく気が散ることがない

・書類やモノを紛失しないため同僚からも信頼される

・上司からも『キチン』としていると評価される

できる営業マンは持ち物が少ない

持ち物が少ない=散らからない

できる営業マンは出張も多く、海外への渡航も多いため忘れ物をしないように元々最小限のモノしか持ち歩かないという根本的な整頓スキルがあります。

できる営業マンは整頓より整理をしている

できない営業マンは整理せず整頓する

前述通り整理整頓というのは2つの単語が合わさっています。

整理して整頓をするのが一般的ですが、できない営業マン=散らかる営業マンは整理をせずに整頓だけしている場合があります。

一見綺麗に見える机の上も、一番上の引き出しに年に1回も使わない文房具が入っていると危険だと言えます。

できる営業マンは普段から整理し整頓するのみ

できる営業マンは新人の頃から、整理する習慣を身につけいつの間にか片付けているように周りには見えるようです。

しかし、本人はどこにあるかわからないと心配・不安に思うため『不要なモノ』と混ざらないように分けているだけだと考えています。

できる営業マンは持ち物を極力減らす

できる営業マンは持ち物が少ないのが特徴です。

しかし、数多くの商談を抱えているエリート ビジネスマンは書類の数も相当多いと想像しますが、タブレット端末で管理し紙媒体ははA4のクリアフォルダーが2~3枚ほどしかはいっていないことが多いです。

なぜならこれも、整理が早く捨てる場所や手間がタブレットの方が少なく自分の直感で必要・不要を判断しているのです。

こうして、できる営業マンは『整理整頓する脳』を作り、整理整頓されている日常が当たり前になっているのです。

営業マン養成講座カテゴリの最新記事