転職で生保レディになるのを親に反対されない方法

転職して生保レディになるのを親に反対された時の解決方法

生保レディとして活躍すると社会的信用と簡単に稼ぐことのできないほどの年収を手にするチャンスのある仕事です。

紛れもなく、勝ち残れば『一流』と呼ばれる人生を送る権利を与えられると言っても過言ではありません。

しかし、転職する際、親に生命保険会社に転職するというとほとんどの人が反対されるようです。

今回はそんな生命保険の厳しい偏見と、親に反対されないための転職方法をお話しようと思います。

➡︎本気で転職すると決めた時に3分で読むべきコンテンツはこちら

➡︎自分の市場価値・年収をまずは確認したいなら、このコンテンツへ

しつこい、うざい、枕営業、セクハラ。娘を生保レディにさせたくない

生保レディという仕事は、今でも過酷と言えば過酷です。

どれだけコンプライアンス遵守と企業が言っても現場では、パワーと勢いで契約を勝ち取らなければ生き残れません。

親目線で言えば、そんな過酷な労働を自分の子供にさせるのを嫌がることが多くあります。

昔の生保レディのイメージは今以上に悪く、社長や医者の不倫相手、遊び相手になるのが仕事とすら思われていたほどです。

過去にはキャビンアテンダントも『空の水商売』と偏見を持つ人も多くいました。

生保レディはしつこい営業・ウザい営業をしないといけない

しつこい営業とは粘り強い営業と言い換えることができ、会ってすぐに人を信用することはまずないので、しつこいと思われるか熱心だと思われるかは、職業イメージではなく生保レディのスキルにかかっていることだと、転職する自分が知っておかなければ親に転職を賛成してもらえないでしょう。

ウザい営業とは、何を意味するのでしょうか

話の長い営業でしょうか?

忙しい時に電話をしてくる営業でしょうか?

やたらとDMやパンフレットを送ってくる営業を言うのでしょうか?

おそらく全てが正解であり、すべては惜しい答えだと言えます。

うざい理由は契約を貰うだけ貰って音沙汰ない営業が一番印象が悪いのです。

そして、気づけば異動した、転職した辞めたと知らない営業が引継ぎに来る。

これが『ウザい』営業、『ウザい』生保レディのあるある話でしょう。

ウザい営業、ウザい生保レディは過去の先輩が積み重ねた失態と鬱憤

『営業=ウザい』『生命保険会社の生保レディ=ウザい』というのは、自分自身が嫌な思いをしたことがある人は20代、30代のうちは少ないでしょう。

40代になって他の営業職や販売員などとのレベルの差を感じ生命保険の営業・生保レディの印象が悪化していきます。

そして、何より親から聞く「めんどくさい」「しつこい」と邪険に扱う姿を見て、生命保険の営業を毛嫌いする人も多くいます。

親に保険業への転職を反対されたら切り出す3つの解決方法

損害保険系列の生命保険会社へ転職する

 

外資系生命保険会社への転職を候補にする

 

保険代理店への転職を探してみる

親や家族に生保レディになるというと反対されることも多いと思いますが、生保レディと過去も今も良くないイメージがあるのは社名は伏せますが、国内大手生命保険会社です

損害保険系列の三井住友海上が運営する三井住友あいおい生命などは、三井住友海上と聞くだけで損害保険のイメージがあり生保レディのイメージが遠のきます。

更には外資系のプルデンシャル生命やジブラルタル、ソニー生命などは入社のハードルもあると思いますが、生保レディと言うよりもライフプランナーとしてブランドバリューを構築しており、入社しても勉学に励む必要はありますが枕営業のイメージは少ないと言えます。

そして、保険会社の転職・就職は反対されても案外、保険代理店への就職は安心する親が多いのは不思議です。

おそらく過去の生命保険会社のイメージや社風が風化していないのでしょう。

【ひと休み】年収を上げるきっかけになる一流養成学校推薦・転職サイト


保険代理店も生保レディと仕事は変わりませんし、兼業の保険代理店であれば損害保険も取り扱えるため勤務先を慎重に選べば生命保険会社よりも自由に営業活動ができ年収も稼げます。

福利厚生などが充実しているため親も納得する可能性が高くなります。