Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)という『靴』が女性を魅了する魔法の靴底

Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)という『靴』が女性を魅了する魔法の靴底

以前、一流養成学校ではザノッティがクリスチャンルブタンの次を行くのではないか、というコンテンツを発表しました。

ルブタンの次を行くザノッティのデザイナーに学ぶ一流ライフ

そんな中、コレクションの商品もシーズン半ばで欠品するなど人気度は落ち着くどころか、顧客の購買欲はさらに高まり、男性のメンズラインや財布、バッグなどChristian Louboutin(クリスチャンルブタン)という『靴』をきっかけに世界中を魅了しています。

今回はそんなChristian Louboutin(クリスチャンルブタン)という『靴』を実際購入し、私自身の心の高まりや将来的にどんな靴になっていくのか長い時間をかけてレビューをしていこうと思います。

買ってすぐにレビューを書けないChristian Louboutin(クリスチャンルブタン)という『靴』

Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)の特徴は何より、レッドソールと呼ばれる艶やかで深い赤色(新紅)です。

ニコールキッドマンやアンジェリーナ・ジョリーなどが着用し、人気海外ドラマgossip girlなどでも「ルブタン」はjimmy Chooなどと肩を並べ登場しています。

美しいシルエットに見惚れるChristian Louboutin(クリスチャンルブタン)

私は『ファーストルブタン』を購入してしばらく履くことができませんでした。

美しい靴のシルエット、艶やかな黒色から垣間見える赤い靴底。

自分はついにルブタンを履けると思うだけ、自分の気分が高揚していくのがわかりました。

Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)の靴底を守りたい

Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)の靴底は高級車のように鏡面磨きがされており、なによりもその靴底を傷だらけにしたくない。と思ってしまうのです。

元々はレッドカーペットを歩くための靴と言われていたChristian Louboutin(クリスチャンルブタン)は、『長時間履けない靴』『痛い靴の王様(king of painful shoes)』などとも言われますが、何より自分の脚が綺麗に見えることには変えがたいと思ってしまうのが不思議です。

ちなみに、Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)の靴底は人それぞれですが、前底のハーフソールを赤色や透明のラバーを貼る人も多いようです。

メンズの1足20万円を超えるスニーカーも最近では、レッドソールに類似した色のラバーを貼る靴修理屋さんも登場し、高級スニーカーの費用対効果は長年履けるようになり上がっています。

ルブタンとファッションコーデ合わせやすさはどうか

ルブタンはベースとしてドレッシーな靴であってフォーマル度が高い靴だと言えます。

しかし、実際ミランダ・カーなどがデニムと合わせており、絶妙なバランスで美脚さをアップさせていました。

日本の女性アーティストJUJUもルブタンに魅了されている一人で、ライブのステージやテレビの出演でもルブタンの着用率は圧倒的です。

『折角買ったのに、使いにくい靴』ではなく、どんどん履いて手入れをして、仕事を頑張っても新しいルブタンをコレクションしたいと思ってしまうのがルブタンの不思議な魅力です。

Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)は美的センスを磨ける

Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)は驚くくらいフォトグラファーやグラフィックアーティストが作品化することが多くあります。

グラフィックアーティストのGryson(グライソン)もその一人で、前述した海外ドラマ『gossip girl』の『プラダのポスター』も彼の作品だと言われています。

シンプルに、コピーするのではなく一流たちがオマージュしたり、コーディネートに取り入れたくなる靴というのは世界中でそう多くあるものではないでしょう。

私自身、この素敵な靴で素敵な場所に導いてもらおうと思います。