部下を放置する上司との付き合い方と出世術

今回は『部下を放置する上司』との付き合い方をお話していこうと思います。

この記事をきっかけに上司と部下という関係性が1組でもよくなるように書いていこうと思います。

上司は部下をなぜ放置するのか

上司が部下を放置している場面をみなさんは見たことありませんか?

転職などをして実際、放置された経験を持つ人もいるでしょうし、今進行形で放置され満足するだけの仕事を任せてもらえないと悩んでいる人も多いと思います。

部下の目線で言えば、上司は上司であり上司以外の存在として認識することは、難しいと言えます。

これはどういう意味かというと『上司も上司になりたて』がいるということです。

放置しているわけではなく、上司として初心者マークの人材も社内には多くいるということを、部下自身は気づかなければなりません。

『放置されているのではなく、放置させてしまっている』と考えられる部下は伸びということです。

上司に放置されたくなければ、部下である自分が全力でサポートする

上司は上司として抱える仕事が多くあります。

もちろん、上司としての仕事が円滑に進められなければなりませんが、上司も当然ポジション慣れが必要です。

そんな上司に気持ちよく仕事をしてもらえるように、サポートするのが部下としての役割だとマインドセットすることが重要だとお伝えしたいと思います。

ほったらかす上司はできる営業マンに多い

放置するのは努力を当然と思っている

部下の努力に気づき評価が上手にできる上司は、部下からの信用が厚くチームとして部署の数字を引き立てることができます。

上司というポジションになれば、指導方法やトレーニング、ティーチングの研修などを受け、皆がそんな上手に部下の努力や改善点を探せるように努力を見つける努力をします。

しかし、そんな中出てくるのが、部下の評価が上手できない上司です。

今回はそんな『難あり上司』が実はトップ営業マンに多いというお話をしていこうと思います。

放置する上司は何を考えているのか

トップセールスマンの上司は理解ができないことも多い

部下や同僚の努力に気づけない上司の人間性は決して、ひね曲がった性格の持ち主でもなく、部下にポジションを奪われたくないと思っている人だけではありません。

上司になる人はなぜ、上司になったかを考えてみるとわかります。

単に年功序列で上司になったわけでなく、トップの営業成績を難なく築けた人がなるのです。

ここで問題が発生します。

トップ営業マンのうち、トップ営業マンを目指しているのではなく自分の気づきや反省を行動に上手に変換できる人が多いのです。

つまり、『自分のやるべきことをやっていたら誰よりも良い成績だった』という営業マンは、人よりスムーズに上司というポジションに行った分、なぜ部下や同僚が契約を取ってこれないのか理解ができないのです。

できる営業マンの『出世できない』原因

管理職になれない『できる営業マン』

最近ではブランドアンバサダーなど、セールスに特化したポジションができていますが、実際入社してからビギナーズラックだと嫉妬や妬みをされたままトップ営業マンになってしまう営業マンはいます。

できる営業マンは、自分では特別なことをしている意識がなく、やるべきことをこなした結果評価されたため、地道な努力やスランプなどに苦しんだ経験が少ないのが特徴です。

しかし、営業成績はトップレベルで、社内では敏腕営業マンだと評価されても部下の育成や同僚とのチームでの売り上げを上手に築くことができず上司として管理職やマネジメントを任されても現場へ様々な理由をつけて戻されてしまいます。

放置する上司との関係を解決する方法

上司を昇進させるのが一番早く出世する

上司を昇進させるのが上手い部下は、結果的に昇進が早いというのが、管理職になり人事を見るとわかると思います。

具体的には、昇進どころではない『飛び級』レベルでキャリアアップができるのは、上司を全力でサポートしている部下に多いということです。

『放置されている』という被害者意識ではなく、『放置させない』行動をとるのが重要でしょう。

実際なぜ、『飛び級』レベルで出世やキャリアアップができるかと言うと、上司は早い段階で気づくのです。

「あいつがいないと仕事が回らない」と。

上司の頭では危機感を感じます。

どれだけ上司が厳しい言葉で突き放しても、上司も結局ほとんどが雇われの身です。

給料が上がればいいと思うでしょうし、少しでも昇進はしたいと普通は考えます。

そのため、自分だけが出世しても今の仕事量・成果を上げられないと気づかせるほど上司に貢献しないといけないのです。

そうすることにより上司であるポジションの人間は必ず、今の部下を直属の部下にさせたい。させなければならないと考えるのです。

放置される部下ほったらかされる部下が変わってみる

【解決方法】できる上司との歩幅を合わせてみる

 

『放置されている部下と、放置している上司』が仮に近くにいれば、ぜひ冷静に見て欲しいのです。

それは、放置されている部下より、放置している上司の方が慌ただしく動き、忙しそうなのです。

忙しい=スピードを上げている(加速している)

放置されている=止まっている(助走すらしていない)

スピード感があり忙しい上司にいきなり追いつくほどの仕事ができないとしても、加速している分だけ自分も追いついていくだけの姿勢と行動がなければいきなり、スピーディに動けないのです。

上司はいきなりギアを落とせない、部下はいきなりギアを上げられない

上司が猛スピードで仕事し、部下を置いてけぼりにしていて放置している形になっていると、上司は部下を横目に見ても牽引するスピードが合わないと引っ張りあげることもできないということをわかってあげられる部下でなければ放置されっぱなしの存在で日々を過ごすことになります。

放置されないためには、まず自分のエンジンを温め、モチベーションというギアを上げ、走行距離という知識や経験を常に増やし続けなければいけません。

売れない営業マンほど上司に向いている

放置しないがダメ元で任された先輩役が大出世に繋がる

一方、営業マンとしてトップセールスになれずくすぶっている層の中に、ダメ元でポジションを上げてみようとマンパワーが動くときがあります。

そんな時に、売れない営業マンほど実は先輩役であるマネジメントスキルが開花し、キャリアアップを成功させる人がいます。

売れない営業マンが管理職として成功する理由

売れない営業マンほど、なぜ売れないのかをよく考えます。

そして下積みのような手伝いや、商品の知識、そして売れないという苦しみやノルマから逃げ出したくなる気持ち、更にはサボりたいという思いまで経験を嫌ほどしています。

商談でも振られる(成約しない)数が多い分、失敗の経験が多いのです。

その失敗こそが、部下である皆を支えるアドバイスになるのです。

そんな売れない営業マンが部下を育てるのが上手いという噂が流れ出すと、一流の営業マン顔負けのキャリアパスを成功させ、売れている営業マンが営業責任者で、売れない営業マンが人事部長になるほど差が出てくるスキルとして評価を得ることができます。

自分が『評価の苦手な営業マン』だと気づいたらするべきこと

放置する上司に自分がなる可能性

自分という営業マンが成功した事例はもしかすると自分にしか、当てはまらないことかもしれないと仮説を立ててみると客観的に『営業』のコツを表現できるようになります。

具体的には、天才的なセールススキルを持つ人は『この人は買う』『この人は今日決める』という直感という感覚で商談を進めるタイプが多く、この感覚を部下に伝えることは難しいと言えます。

しかし、こんな言動を発する人は『他社で見積もりを取っている可能性が高い』

だからこう話すというところまで話を組み立ててみます。

大学の教授や研究者などが一般の人に向けて話をする際、全く相手に伝わっていないことが多くあります。

エンジニアなどもどうでしょう。

なぜ理解してくれない?

どこからわからない

わからないことがわからない

なぜできない?

そんな疑問を感じた場合は、自分は天才だったのかもしれないと疑ってみましょう。

そして、「何で、どうして」とストレスを溜める前に、自分のスキルを幼い子に教える感覚で話してみると面白いくらい結果が出るかもしれません。

「バカにしているのか」と思われると不安になる皆さんの気持ちもわかりますが、天才音楽家モーツァルト幼少期「私の曲の魅力なんて誰にもわからないだろう」と作曲した曲をわかりやすく譜面に書き直したという説もあります。

ちなみに、某大物政治家は『猿に分かるくらいの演説ができないと政治家は務まらない』と口を滑らせたこともあるそうです。

それくらいマネジメントする側になるには、天才と言われる人ほど苦労するのです。

 

放置される部下の特徴と原因

行動不足『口だけで手足が動いていない』

自分が部下であれば、まず上司の2倍以上の行動量を生み出すこと。

どれだけ口が上手くとも行動をしていない部下は、サポーターとして上司が部下を認めることはしません。

理由は簡単です。

『言うこと』と、『経験する』ことは大きく違うからです。

まずは、上司に放置されないためには、自分ができる最大限の生産量を生み出し、常に上司が横目で見た時に真後ろについていることです。

そして、ある時に上司のスピードが失速したときに背中を押す部下であれば、出世どころか一瞬で自分が周りから上司として見られるポジションに就いていることでしょう。

少なくとも、『上司は部下をサポートしてくれて当たり前という考え』や、『仕事を割り振ってもらいお客さんや顧客を振ってもらって当たり前という考え』では今のビジネスシーンでは一生部下のまま、一生所得が低く、転職を続ける負のスパイラルに入ってしまうので注意するべきだと言えます。

もちろん、今マネジメントを勉強している『初心者マークの上司』は放置されていると部下に思わせないようにしなければなりません。

上司はいつもデスクで爪を切ったり、新聞を読んだり何にもしていないと思わせないようにしなければ、『一生部下というレバレッジを効かすことができない会社員人生』で終わることになるので注意しなければなりません。

✴︎一流の3分トライアル✴︎
⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎自分は一流なのか!?是非ご確認ください⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

✴︎一流養成学校推奨の証券会社✴︎

DMM FX

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎一流養成学校は全員DMM FXを利用しています⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

✴︎一流養成学校 オススメ広告✴︎


⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業の外回りはマッサージに行くのも一流⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎メンズの薄毛対策ならチャップアップ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

U-NEXT

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎営業車の中の暇つぶし⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

BULK HOMME

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎良い香りの一流ビジネスマンに⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

種類2

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎ストレスフリーで、薬を受け取りたいなら⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎高級時計のオーバーホールや修理に自信あり⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎