平成元年生まれの営業マン・ビジネスマン必読!勝ち組になれる転職方法

平成元年生まれは今年30代に突入しています!

平成元年生まれは今年に入り30代になっています。

新人という肩書きが外れ、営業マンや見習いビジネスマンとして活動していたのが終盤を迎え、本格的に『ビジネスマン』『結果を残す営業マン』としてマネジメントをし始める時期にスイッチする時期です。

それと同時に『今』という自分の環境や甘えを『見切る時期』でもあります。

今回はそんな平成元年生まれの30代の転職のアドバイスをしていこうと思います。

30代で初の転職、挑戦のベストタイミング

初めての転職は、勇気のいることだと思います。

もちろん、20代に転職歴があっても全く問題はありません。

しかし、『30代の1回目』の転職は最高のキャリアアップができる大きなチャンスです。

自分の評価が過少評価がどうかすぐわかるのは転職活動

新卒や10代20代から入社して、約10年のキャリアを積んで『ある程度』の結果に応じて評価され道を歩んできたと思います。

簡単に言えば、自分という営業マン・ビジネスマンのキャパシティを測った経験は1社だけなのです。

転職活動は違う会社で自分を評価して測ってもらう最高のタイミング

自分という商品・スキル・テクニックを第三者に見てもらうことによって、今自分は客観的にここが秀でていて、ここが劣っているということが明確にわかります。

そんなチャンスは転職をする時にしか与えてもらえません。

40代での転職と30代での転職の差

40代での転職は、『結果』が9割です。

可能性や伸び代よりも、何を具現化し会社にどれだけ有益な利益を与えるかで合否を判断します。

30代の転職者採用は『可能性』を見る

30代は20代にどんな努力をしてどんな経験をしてきたかを見ています。

逆にいうと結果や実績、プロジェクトへの貢献はリーダーとしてではなく個人という単体として何に参加した経験を持つかが重要視されます。

転職回数は何回でも『一流』は問わない

有名企業ほど転職回数を問います。

『辞める』『退職する』という決断に到るまでのスピードが速すぎる=忍耐力がないと判断されてしまうのが原因です。

しかし、最近の企業は市場参入などスピーディにしたい企業ほど転職歴など気にしせず採用します。

なぜ転職回数が多くても採用されるのか

会社という組織は経験や実績を積んだ人材の集まりです。

加速をさせたい企業ほど他社がどんな制度でどんな仕組みを構築してどんなプロセスを踏んで収益化しているかを知りたいのです。

これは個人でいう知識です。

会社というものは『法人』として目に見えないものです。

人間を含め、動物のように経験値を増やすことはできません。

しかし、個人は志を持って、向上心があるからこそ転職をしてきたベンチャー思考のある人材を求めているのです。

一流は意外にベンチャー企業への転職を即決

ベンチャー企業は何よりスピード感があります。

大手の企業で何枚もの提案書や稟議書を出さなければならないことが、一声だけでトライしようとなる可能性もあります。

もちろん、ベンチャー企業に入社するということには不安を感じることもあると思いますが、ベンチャー企業に入社すれば、フィールドマネージャーのようなスタイルで独立をすることもできます。

(事業に関係するほぼ全ての知識と経験を積むことで外注に頼らず仕事ができるため、独立がしやすいと言い直しておきます。)

そのほかにも、結果を出せば子会社の代表・社長としてビジネスマンとして最高のステージを用意してもらえる可能性があります。

転職で年収300万円上がる可能性もある

驚くことに営業マンとして働いている人材が管理職になると、途端に給料、待遇・年収が上がる場合があります。

そのほかにも販売員から営業マンに変わるだけでも年収が上がることもあります。

もちろん結果を出すというミッションはありますが、年収が自分の想像をはるかに超える受け皿があるならやってみたい、挑戦したいと思うでしょう。

転職は反対されるほど可能性があると思うべき

転職というのは親御さんや家族などが

心配することがあります。

職場の人間に相談しても止められることが多いと思います。

しかし、厳しい言葉選びになりますが、『足を引っ張っている』としか言えません。

家族は、『せっかく安定してきたのに』という部分に心配をしています。

しかし職場に関しては『自分も転職を迷っているけど踏み切れない』という人が止めにきます。

上司に関してはさらに待遇や年収・給料をあげるなど言いますが、実際はそれ以上に伸び代があることを気づいているからだと言えます。

さらには中間管理職になれば。離職率を見られます。

離職率の高い部署は管理職の人事評価が下がります。

そんなことも合わせて、転職を止めようとします。

しかし、

一流になる人材はだれがなんと言っても決めたことをやる。

 

その決断という『パワー』があるかないかで

人生は大きく変わってきます。