一流の販売営業マンに必須!?『リテールマーケティング検定』とは何か

一流の販売営業マンの必須資格『リテールマーケティング検定』

この『リテールマーケティング検定』は百貨店勤務やスーパーのSV(マーチャンダイザー)など小売業や卸売業、製造業で役職やマネジメントを任された人が持った人が、より高度なスキルを獲得するために目指し、学び一流になるための資格です。

もちろん、前述の業種へのコンサルティングを行ったり、広告代理店のよう相手の収益が自社の成績に直結する場合も所得を検討します。

今日はそんな『リテールマーケティング検定』についてお話していきます。



『リテールマーケティング検定』とはどんなことを勉強するのか

・店舗運営

・小売や流通業の成り立ち

・マーケティング

・商品制作 などです。

販売に関するノウハウを習得することのできる一流の販売営業マンに必須の内容です。

『リテールマーケティング検定(販売士検定)』の内容

小売業の類型

マーチャンダイジング

ストアオペレーション

マーケティング

販売と経営管理

試験科目はこの5科目です。

販売に関しての基礎レベルから企画や営業に求められる、あらゆる知識を習得できたかを確認できるように試験は構成されています。



一流の販売しが習得する最高レベル1級の内容

リテールマーケティング検定の最上位レベルである1級の内容は、経営者としての資質の有無を問う構成になっています。

2級・3級と比較すると格段に1級は格段に難しい内容となっています。

中期的な視野と長期的視野に立った経営戦略の立案や具体的なマーケティング分析に基づく販売計画プランニングなど、1級の内容を習得できれば転職しても業種が変わってもマネジメントのプロとして店長や経営者レベルの知識と技量レベルになることができます。

できる営業マンであればリテールマーケティング検定2級は取りたい

リテールマーケティング検定2級は基礎と同時にマネジメントなど管理職に必要な専門的な内容を習得します。

試験内容は

 

・販売・接客に関する応用知識と技術

・商品の仕入れや在庫管理

・人材育成

・現場を統括するマネージメント技術 などです

企業内でのスキルアップや意欲などのアピールにも活躍します。

そして、取得している人材もFPのように多くないので現場を任せられるフィールドマネージャーとして会社が重宝する可能性も高くあります。

転職に関しては特に流通業界への就職や転職が有利だと言えます。



商業高校や学生が習うレベルが『リテールマーケティング検定3級』

リテールマーケティング検定3級の試験内容は、接客や販売に関する基礎的な問題が中心に出題されます。

基礎中の基礎ですので、現役で仕事をしている人にとっては物足りないでしょう。

販売員としての基本的なマナーや知識をこれから学習する人に向いているのが3級です。

『リテールマーケティング検定』の合格率と難易度

販売士検定試験の合格率推移は、

『3級約60%』『2級約45%』『1級約13%』

1級はかなり難易度が高いようです。

しかし2級や3級であれば1日から一週間勉強すれば取得可能です。



企業内でのキャリアアップに優位に働く

百貨店で通常販売員からエリアを任される課長クラスや、部門を任される部長クラス、一流の営業マンになるには必ずこの知識が必要になります。

早くから習得しておくと企業内でのキャリアアップにも優位だと言えます。

またこれから小売業や流通業に就職や転職を希望するなら持っておくことを強くお勧めします。

販売士検定…試験の概要

試験概要

1級 筆記試験200分

2級 筆記試験150分

3級 筆記試験100分

 

合格基準

得点平均70%以上

1科目ごとの得点が50%以上

 

 

*申し込みは受験地域の商工会議所で受付しています。