『できる営業マン』『一流のビジネスマン』と結婚指輪、毎日つける?つけない?

できる営業マンは結婚指輪をしていないの本当か?

「結婚指輪を毎日つけていますか?」

世間では結婚指輪をつけていないという人が約半数いるようです。

結婚していることを隠すことによって都合のいいことももちろん、あると思います。

しかし『できる』の営業マンが仮にも夜の遊びをするとしても、結婚を隠す必要があるのでしょうか?

もちろん、仕事中に飲食関係や医療関係などでつけることができない人もいますが『できる営業マン』に関してはどう結婚指輪と向き合っているのでしょうか



そもそも結婚指輪って買う?身に着ける?

結婚指輪のルーツはローマ教皇が、結婚相手との『約束を守る誓いのしるし』として、鉄の指輪をはめたことから始まります。

心臓につながる血管があるとされていた左手薬指に指輪をはめることによって相手の心をつかみ、命をかけてお互いを支え合うということを表しています。

十字架の前で結婚指輪を互いにはめた後、結婚指輪の上に重ね付けするのが正式な着け方とされています。

これは、結婚指輪の外側から相手の婚約指輪を着けることにより、『永遠の愛の証』として神に封じてもらうためです。

『永遠の愛の証』はキリストの教えなので、仏教徒の多い日本では『気分的な問題』なので何か「こうでなければならない!」というようなこともないといえます。

女性が選ぶ結婚指輪の5ブランド

ハリーウィンストン

ティファニー

カルティエ

ブルガリ

ブリリアンス



男性が結婚指輪を毎日つけている理由

結婚指輪を常時つけている営業マンの理由

 

・結婚していることに誇りに思っているから

・隠す必要がないから

・結婚指輪をしていると、営業で信用されやすいから

・夜の付き合いに誘われないため

・外すと無くしてしまいそう



中には外すと奥さんに浮気を疑われるため仕方なくつけているという意見や、夜のお店に行く際は外すという臨機応変な営業マンもいます。

一流の営業マンが『結婚指輪』をつけない理由

・指輪というものに慣れない

・プライベートと仕事を分けたい

・既婚アピールはしたくない

・女性のお客さんの成約率が下がる

このような考えを持った営業マンが結婚指輪をつけないようです。



一般的にはこのような理由は想像できそうですが、実際は昨今の『晩婚化』を意識してのことです。

一流の営業マンも結婚が早い人と遅い人に大きく分かれ中間地点で『できる営業マン』が結婚することは少ないです。

なぜ一流の営業マンの結婚は『早いか遅いか』なのか

一流の営業マンは早いうちに『授かり婚』など理由があれば背中を押されるものも多く、体力もあるため、ない時間の中で時間を作り結婚をします。

逆に、遅めの結婚となると、年収や社会的地位なども確立され、『自分の人生の生き方』を考えるタイミングで結婚する人が多いといえます。

どちらが正解ともいえませんが、一流の営業マンが中間管理職で結婚するのは、希です。

理由は結婚して、式を挙げたり、新婚旅行に行ったり、新居に引っ越しして出産など考えると、中間管理職という一番ビジネスキャリアがどうなるかという瀬戸際の時に結婚するのは少々難があるといえます。



一流の営業マンの『気遣い』は結婚指輪にも

一流の営業マンは未婚の上司や取引先・顧客のことを考えると結婚指輪をしないという選択肢を選びます。

「結婚しているんですか」と聞かれたら素直に「結婚している」と答えるでしょう。

嘘を吐いても取引等が親密になれば嘘もバレてしまいますので、わざわざ信用が将来なくなるようなことは『一流の営業マン』はしません。



結婚指輪は見世物じゃない、愛する妻への想いは違う形で

一流の営業マンは薬指に宝飾品をつけておくことを避けたいと考えます。

しかし、浮気をしたいわけでもなく、『妻や嫁』という大切なパートナーのことを思いネックレスのチェーンに結婚指輪を通してしている営業マンも多いです。

本来の結婚指輪の意味にもある、心臓に近い場所でパートナーとの繋がりがあるなら意味は果たしているのではないでしょうか。