医療関係者ごめんなさい!【診療科別】医者の性格と年収の差。

最近の一流養成学校は徹底的に『お医者さんがお金持ち』をテーマに細かくリサーチして、この『お医者さんの懐事情』をお伝えしてきました。

過去の記事もご参考ください⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

【医師の懐大公開!】お医者さんがどれだけ『お金持ち』系職業なのか



【お医者さんの高額副業!?】医師の年収に差をつける少し変わった副収入と複業

今回はそんなお医者さんの『性格』と『専門分野』が『年収』とどう関わるのかをリサーチすると面白いことがわかったのでシェアしてみようと思います。

*医療関係者はお昼休みに読むとあるあるネタだとクスっとしてしまうかもしれませんのでご注意ください。

*年収は総合病院や大学病院の場合ほぼ変わりがないので開業医の年収をベースとしています。



内科医の『性格』と『専門分野』とお金事情

内科医の平均年収約2500万円

内科のお医者さんの性格は温厚な人が多く、地元のお年寄り相手の商売相手ととらえているためせっかちな人は少ないようです

緊急や重篤性が高いなどすれば総合病院への紹介状で、パスするため安定的で淡々と日々の診察をこなせるタイプです。

神経内科医の平均年収約2700万円

脳血管疾患が医療技術の発展により患者数は減ったものの、スマホやパソコンによるストレートネックなどが原因で起こる頭痛患者が増えています。

『頭痛外来』や『脳神経外科』などの専門院も増えています。

神経内科の医者は細かい性格で理屈っぽく、専門用語でまとめに入ります。

自律神経の乱れによる疾患や自覚症状を訴える患者が多いため、口癖が「自律神経」となるほど「自律神経」を連呼しているそうです。



循環器内科医の平均年収約2800万円

循環器内科では心疾患など心臓を中心とした全身の血液の循環を専門としています。

循環器内科の医者はお医者さんには珍しく、カテーテル手術など細い血管を扱うため集中力を必要とするため、集中している最中に声をかけられると無愛想と思われる対応をしてしまいがちのようです。

特に急変も多くストレスも重なりますが、循環器内科は循環器専門ということもあり、内科にはできないスキルを持っているという自信過剰で少々オラオラしているのも特徴です。

小児科医の平均年収約3000万円

小児科は赤ちゃんから中学生くらいまでの身体を全て担当しています。

小児科の医者は子供相手なこともあり優しい表情を作ることがうまいと言えます。

ただ親(モンスターペアレント)に対しては厳しい目線で話す医者も多くいます。

幼児虐待や発達障害などの見極めも行う小児科医はどれだけ患者(子供)に寄り添えるかが重要になります。



整形外科の平均年収約2900万円

整形外科では『運動器』の機能的改善を重要視して治療します。

整形外科は『体育会系』出身が多く、スポーツの経験あり合コンや地元の祭りなど人が集まってワイワイ楽しむ好む傾向にあります。

形成外科の平均年収約3000万円

形成外科では身体表面が見目のよくない状態になったのを改善や治療します。

形成外科は体育会系でありながらも術後患者の再建術なども行う仕事柄比較的優しい性格の医者が多くいます。



泌尿器科の平均年収約2000万円

泌尿器科は副腎や腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿の通り道)及び男性生殖器(前立腺、陰茎、睾丸など)を主に扱う外科です。

男性生殖器を診察することが多い泌尿器科の医者は明るい性格で、なんでも笑い飛ばせるメンタルを持つ人が多くいます。

男性生殖器慣れした看護師などとのトークは若干、下ネタが飛び交うことが多いと言われています。

産婦人科の平均年収約3100万円

産婦人科医師の志望者が一番少ないことで有名です。

24時間365日いつ始まるかわからないお産や緊急手術に待機しないといけません。

産婦人科の医者は割とあっさりしている性格の方が多いです。

一見冷たい医者のように思いますが、感情を出されてからの診察も不快に思う患者の意図を組んでのことでしょう。

見た目が派手な産婦人科の医者も多くいますが、根は真面目な優しい医者が多いと言えます。



皮膚科の平均年収約2800万円

『皮膚科=混んでいる』という認識がある方も多いと思います。

皮膚科は患者単価が低いので患者数をある程度確保しないと難しい診療科です。

皮膚科の大きな収入源は自由診療の医療脱毛やレーザー治療です。

粘膜への施術(まつげ植毛や粘膜の脱毛など)は医療行為にあたるのでクリニックからの紹介もあるようです。

皮膚科の医者はスキンケアなど美容意識の高いです。

女性医師が多い割には比較的温厚な性格の医師が多いと言えます。

精神科の平均年収約3000万円

精神科は自閉症や鬱、依存症患者の診断やカウンセリングを行います。

精神科の医者は変わり者が多いと言えます。

精神になんらかの異常がある患者を診るため、自分をしっかり持っていないと流されて医者自身が精神疾患になってしまうことも多々あります。



眼科の平均年収約3300万円

眼科は目の感染症や白内障や緑内障、自由診療のレーシックや眼内コンタクトの手術を行なっています。

一番儲かっている診療科です。

眼科の開業医は勤務医の3倍稼ぐ!平均年収3000万円超え【美容整形・皮膚科と仲良しは本当!?】

眼科の医者は女性医師が多く、仕事上ではサバサバした頼り甲斐のある性格。