お金持ちが本気で移住を考えるならモナコにしかない

一流養成学校は日本で基本的に活動しているライターや時折ニューヨークに行くような滝枝氏が書いているコンテンツサイトです。

日本には多くの億万長者と言われるほどのお金持ちや成功者・キャリアを築き上げた人たちがいます。

実は日本はお金持ちには息苦しい国でもあります。

今回はそんな息苦しさが吹き飛ぶモナコについて少しお話しようと思います。



モナコはお金持ちが求める安全を買える場所

モナコは非常に治安が良く、犯罪率はなんと一桁というよりも0に近い数字です。

海外には多くの素晴らしい景色や環境、ビジネスにおいても優れた環境を整えることができる場所は多くあります。

しかし、治安の良さだけは数ヶ月で良くなることはありません。

その点モナコは治安の良さだけを考えても億万長者のようなお金持ちや成功者は、安全を欲しがるのです。



モナコの治安は圧倒的な警察官の多さと防犯カメラ

モナコは街の至る所に防犯カメラやセキュリティがあり、警察官の数は犯罪が発生した場所に警察官が一人以上居合すほどです。

そのため、二次被害に遭うリスクも回避できるため、安心して生活することができます。

日本の治安でも満足できない富裕層やお金持ち・億万長者はモナコに行く

日本の億万長者と呼ばれる人や資産家・成功者を含むすべてのお金持ちで、日本に住んでいて不便に感じることは、セキュリティ(ボディーガード)などに常に警護されていることです。

これは大げさな話ではなく、お金持ちが自分で運転をしないで運転手をつけるのと同じ思考です。

さりげなく自分ではシンプルだと思っている腕時計が偶然、パテックフィリップでその時計欲しさに、若者が取り囲む可能性が夜の街ではあり得ます。

自分の好きなポルシェやフェラーリなどでドライブしていても煽り運転をされ危険な目に遭うかもしれません。

これが結果として、自分の生活範囲を狭めてしまい、お金持ちはストレスを溜めてしまいます。

「お金さえなければ面倒なことにはならなかった」と言わんばかりのことなのです。

その点モナコは、同じことを考えて渡航している人が多いため、安心して自分のイメージ通りの生活をすることができるのです。



モナコはお金持ちに厳しい日本とは違う『租税回避地』

モナコに居住している人に対して所得税を課さない租税回避地です。

どういう意味かというと簡単に言えば『所得税がない』のです。

「お金持ちや富裕層、億万長者はお金はもう嫌ほどある」と言いますが収入が止まるようなビジネスをしている人は稀です。

簡単なもので言えばFXもそうですし、資産運用で常にプライベートバンカーが運用プランを練っています。

そして、つもりに積もった年間の所得が日本では約半分所得税として納税しなければなりません。

億単位の納税をするならば移住しようと考えるのは当然の一流思考だと言えます。

そして、モナコにはさらにすごい待遇があります。



億万長者も富裕層も頭を悩ませる相続税がない

モナコは租税回避地で所得税も課せられないにも関わらず相続税もありません。

節税をしようと思って行くのではなく、安心安全で自由な場所であるならば消費税が40%でも彼らはいくでしょう。

1日300万円以上使わないと貯金が増えてしまうなどと悩むくらいの富裕層だからです。